知らない番号からの電話を折り返してしまった…後でトラブルになる?どう対処する? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

知らない番号からの電話を折り返してしまった…後でトラブルになる?どう対処する?

暮らしの疑問

 

携帯に、知らない番号から電話がかかってきた経験は1度はあるかと思いますが、着歴が残っていてもそのまま放置するケースが多いでしょう。

 

しかし、知らない番号から電話がかかってくる可能性があるという場合、折り返してしまう事もありますよね。

 

そのような時に、後で面倒な事にならないか心配になってしまう人もいると思います。

 

そこで今回は、知らない番号から電話がかかってきた時に折り返してしまった場合について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

知らない番号から電話がかかってくるケースとは?

ではまず、そもそも知らない番号から電話がかかってくるケースとはどのような時なのか?という点について見ていきましょう。

 

間違い電話

 

まず1つ目は、間違い電話です。

 

多くの場合は、家族や友人など親しい人の番号は携帯の電話帳に登録している事が多いですが、仕事などで初めて電話をかける相手という場合、お互いに電話帳には登録していないケースもあります。

 

このような場合に、手打ちで番号を打って電話をかける際に、押し間違いなどで違う番号の人に電話をかけてしまうケースもあるのです。

 

このようなケースでは、悪質な目的ではなく単なる間違い電話なので特に問題はないでしょう。

 

詐欺や勧誘

 

2つ目は、詐欺や勧誘です。

 

知らない番号から電話をかける目的で一番多いのが、詐欺や勧誘と言えます。

 

「オレオレ詐欺」や相手の個人情報を聞きだすために公共機関を名乗って電話をかけてくる事もあります。

 

特に、「クレジットカードなどが不正利用された」などの緊急性の高い内容を伝え、相手を急がせて個人情報を聞きだす手口は多いようです。

 

また、宗教などの勧誘にも知らない番号から電話は利用されるケースが多く、1度曖昧な受け答えをしてしまうとさらに勧誘の電話が多くなる危険性があるので注意が必要です。

 

情報収集

 

そして3つ目は、情報収集です。

 

これも、詐欺や勧誘が繋がっているケースが多いですが、詐欺グループなどが入手した電話番号名簿にある番号が、実際に使われているかを確認する時にランダムに知らない番号から電話をかけてくる事が多いのです。

 

また、在宅している時間帯や家族構成など、詐欺や勧誘を実際に行う時に有利な時間帯などを集めている可能性が高いです。

スポンサードリンク

知らない番号からの電話に折り返してしまったらどうなる?

 

では次に、知らない番号からの電話に折り返してしまったらどうなるのか?という点について解説していきましょう。

 

結論から言うと、電話をかけてきた相手が間違い電話である以外は、折り返してしまうと電話番号を悪用されたり犯罪に巻き込まれてしまう危険性があると言えます。

 

特に危ないと言われているのが、国際電話です。

 

「+675」から始まる電話番号は、国際電話を使った詐欺の可能性が非常に高いもので注意が必要です。

 

見慣れない番号なので、電話がかかってきた時に出る人は少ないかもしれませんが、後々気になって折り返してしまうケースが意外と多いと言われています。

 

その結果、高額な通話料金を請求されたり、詐欺に巻き込まれてしまうという事があるので折り返すのはやめましょう。

 

知らない番号からの電話に折り返してしまった時の対処法

 

では次に、知らない番号から電話がかかってきた場合に、つい折り返してしまったという時の対処法について解説していきたいと思います。

 

知らない番号からの電話には、いつもは出なかったり折り返さない人でも、状況によって折り返してしまう事もありますよね。

 

そのような時の対処法について、ここでは解説していきます。

 

すぐに電話を切る

 

まず1つ目は、すぐに電話を切るという事です。

 

もしも、知らない番号からの電話に折り返してしまった場合、気づいた時点ですぐに電話を切る事をおすすめします。

 

特に、折り返したにも関わらず相手が無言の場合、通話料金を故意に引き上げようとしている可能性が高いので、おかしいと思った時点で電話をすぐに切るようにしましょう。

 

個人情報は教えない

 

2つ目は、個人情報を教えないという事です。

 

「もしかしたら知り合いかも?」と思い、折り返した際に名前を相手に伝えてしまうケースがあるのですが、これでは犯人側の思うつぼになってしまうので、相手を確認したい場合は自分の個人情報は伝えず、相手の出方を見る事に徹しましょう。

 

ただし、先ほども解説しましたが、通話時間が長くなればなるほど高額請求や詐欺に巻き込まれる危険性が高くなるので、出来るだけすぐに電話を切るようにしましょう。

 

すぐに番号を調べる

 

そして3つ目は、すぐに番号を調べるという事です。

 

折り返してみたけれど、なんだかよくわからなかったという時には、ネットで電話番号を検索してみましょう。

 

最近では、迷惑電話の番号や危険性の高い電話番号は、ネットで検索をすると注意を促すように一覧で表示されるようになっているので、悪質な業者に繋がっているような場合は、すぐに分かります。

 

そのため、知らない番号からの電話に折り返してしまった場合は、念のためネットで電話番号を調べると安心です。

知らない番号からの電話は折り返さないのが鉄則

 

さてここまでで、知らない番号から電話がかかってきて折り返してしまった時の危険性や対処法などについて解説してきましたが、基本的には知らない番号からの電話には折り返さないのが鉄則です。

 

今の時代、顔見知りや今後も関係性を繋いでおきたい相手の場合、電話番号を交換し登録しておく人が多いですよね。

 

そのため、かかってきた電話番号を知らない時点で、あまり接点がない関係性とも言えます。

 

知らない番号から電話がかかってくると、気になる事が多いと思いますが、本当に用事のある人だったら何度かまた電話をかけてくるので様子を見る事をおすすめします。

 
関連記事

電話をかけてもすぐ留守電になる!コレって着信拒否されてる?

知らない番号で090から始まる電話が何回もかかってくる!無視し続けても大丈夫?

携帯番号 090と080の違いってナニ?分かりやすく教えて!

まとめ

 

今回は、知らない番号からの電話を折り返してしまったら?というテーマで、詳しく解説してみました。

 

現在の日本では、ほとんどの人がスマホや携帯を持っているという事もあり、仕事のやり取りにも利用しているため知らない番号からの電話でも折り返してしまうケースが多くなっています。

 

しかし、軽い気持ちで折り返した結果、詐欺や犯罪に巻き込まれてしまったというケースもある事から、不用意に折り返すのは控えたいところです。

 

今回は、万が一折り返してしまった際の対処法をご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント