AIによって仕事がなくなる将来がくるかも?どんな職種がAIに奪われる? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

AIによって仕事がなくなる将来がくるかも?どんな職種がAIに奪われる?

ライフスタイル

自分の仕事がAIに奪われる?将来を見据えて転職すべきかを決めよう!

世界中でAI化が急速に進んでおり、今後はあらゆるジャンルに活用されていくでしょう。

でも、「AIとは何ですか?」という問いに正確に答えられない人は結構多いのではないでしょうか?

何となく便利になりそうだけど、イマイチよく理解していない人たちもいることでしょう。

AIは「Artificial inteligence」の略で、日本では「人工知能」という言葉で使われていますが、もしかしたらそんなAIが多くの人の仕事を奪ってしまう可能性があるのです。

この記事では、そんな「AIに仕事を奪われる職種」について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

すでにAIに仕事を奪われ始めている職種もあり

AI-2

AI(人工知能)は「学習や推論、判断といった本来人間にしかできなかった部分をコンピューターが行う」ということです。

このAI化により「人間を雇わなくてもAI化されたコンピューターを導入することで工場や店舗といった運営ができる」ようになっていくのです。

2030年以降、日本の労働者が約900万人不足するというデータがあり、この問題を解決するために急速にAI化が進んでいくはずです。

実際、すでにいくつかのコーヒースタンドやコンビニでは「完全無人化」で営業している所もあり、5年後、10年後は日本全国のコンビニなどの店舗で無人店舗が当たり前になっていることでしょう。

スポンサードリンク

AIによって将来仕事がなくなる可能性がある職種

AI-4

例としてコーヒースタンドやコンビニを挙げましたが、AIが進出してくる職業はそれだけではありません。

・一般的な事務員

・銀行員

・警備員

・タクシーやバス、電車の運転手

・工場勤務者

・ホテルのフロントスタッフ

・清掃員

・介護職

・スーパーなどの販売員

・マンション管理人

・秘書

・税務職員

・税理士、行政書士

・テレフォンアポインター

このように、実に様々な職種でAIが導入され、実際に人の力がいらなくなっていくのです。

ここで挙げた職種はあくまでもほんの一例なので、多くの職種でAI化が進み、「人→AI」に変わっていくことが予想されています。

ただし、ある日突然その職種で働くすべての人が職を失うといった可能性は低く、一つ一つの作業に少しずつAIシステムが導入されていくようなイメージをした方が良いでしょう。

また、実際の作業員や販売員などがAIシステムに入れ替わったとしても、それも管理する管理職は存在し続ける可能性も高いと言えます。

気づいたらできる仕事がないという可能性もある?

AI-3

ここまでの解説で「もしかして自分の仕事も将来危ないかも」と思った人もいることでしょう。

まさにその通りで、「気が付いたら自分の仕事がAIに奪われ、他にできる仕事もなくなっている」という状態になる可能性もあるのです。

しかもこれらの話は20年後や30年後といった話ではなく、5年後や10年後という「近未来」に起こり得ることなのです。

重要なのは、なるべく早く自分が行っている職種にAIが導入されていくのかを判断し、仕事が奪われる可能性があるのであれば、「転職も視野に入れておく」ことです。

AIが奪ってしまう仕事があるのは事実ですが、「AR」や「VR」などのように「新たに生まれる職種」も数多く出てくるはずです。

しっかりとアンテナを立て情報収集して、そういった仕事に転職する選択肢も用意しておきましょう。

まとめ

今回は、AIに仕事を奪われる職種について解説してきました。

時代は確実に進化していき、AIが多くの仕事を奪うことも間違いありません。

何となく毎日暮らしているだけでは、10年後以降の生活を守れなくなってしまう危険性もあるのです。

ぜひAI化といった時代の流れをしっかりと把握して、安心して暮らしていけるような選択肢を用意しておきましょう。

スポンサードリンク

コメント