淀川花火大会 2017 開催日はいつ?穴場スポットとチケット予約方法

ba21eaa92c299401fcdf8d72d3582b0f_s

大阪府内で一番の人気を誇る、淀川花火大会。
2017年の開催日が気になります。
ここでは花火大会の日程とおすすめの穴場スポット、チケットの予約方法、デートプランなどをご紹介しています。

 

スポンサードリンク

淀川花火大会2017年の開催日とチケット予約方法

「なにわの夏の風物詩」として恒例の「なにわ淀川花火大会」。
水都大阪を流れる淀川を中心として、毎年開催されている「なにわ淀川花火大会」は、水中花火やキャラクター花火など独特の花火を楽しめるイベントとして地元の人や観光客から人気を集めているイベントです。

そんな「なにわ淀川花火大会」の2017年開催日が8月5日(土)に決定しました。
場所とアクセスなどは以下の通りとなります。

 

なにわ淀川花火大会2017年

〔開催日〕2017年8月5日(土) ※雨天決行 順延はありません
〔場所〕大阪市淀川区新北野 淀川河川敷 新御堂筋淀川鉄橋~国道2号
〔時間〕19:40~20:40頃
〔アクセス〕十三会場側(右岸⇒JR塚本駅・阪急十三駅より徒歩15分
梅田会場側(左岸⇒阪急梅田駅・JR大阪駅・地下鉄梅田駅より徒歩25分

 

➡チケットの販売日と予約方法

ゆっくりと花火を楽しみたいのなら、協賛前売席で見るのがおすすめです。
事前販売されているチケットを購入する事で予約できます。
なにわ淀川花火大会事務所・ローソンチケット・チケットぴあ・イープラス・ウォーカープラス・近畿日本ツーリス・十三信金などで予約販売が開始される予定です。

2017年のチケット販売は6月1日から受付開始予定なので、良い場所を確保したい場合は早めにチケットを購入しましょう。

 

なにわ淀川花火大会公式HP➡http://www.yodohanabi.com/

 

淀川花火大会がタダでよく見える穴場スポット

「なにわ淀川花火大会」は基本的に観客席が有料となっているので早めにチケットを確保する必要があります。
ただし、特にチケットを購入しなくても、タダで花火がよく見える穴場スポットがいくつもあります。

例えば中津の少し先にある本庄公園付近日本ペイントビル前などは花火を見上げる形で眺める事ができる絶好のスポットとして知られており、比較的ゆったり花火を楽しめると言う事で人気を集めています。

 

 

海老江グランド付近も当日は比較的空いている事が多いのでゆっくり鑑賞する事ができます。

 

 

また、日本で三番目に高い展望台として知られている大阪府咲洲庁舎コスモタワーは花火大会当日は屋外展望スペースが開放されているので人数制限はありますが、穴場スポットとして人気です。

 

 

私は比較的近くに住んでいるので、自転車で淀川河川敷まで行き、そこから観ています。
若干遠目ですが、ゆっくり観られて、充分花火を堪能できます。
自転車で行ける距離なら自転車で行くのもオススメです。
自宅マンションの屋上やベランダなどから楽しんでいる方もたくさんいます。

特にお金をかけて席を確保しなくても充分楽しめますよ^^

スポンサードリンク

花火大会が始まるまでのデートプラン

「なにわ淀川花火大会」の打ち上げは20時前からとなっているのでそれまでは花火大会の会場の屋台ブースを楽しむ事ができます。

ただ、基本的に屋台ブースはどこも混雑しているのでデートで利用するのは少し難しいと言う部分があります。
そのため花火大会が始まるまでのデートプランとしておすすめされているのが、無料スポットを活用するというものです。

例えば本庄公園であれば早めにお弁当を持ってゆっくり食べながら花火大会までの時間を過ごすと言う事もできますし、梅田スカイビルの展望台もショッピングデートを楽しんでから最後に花火で占めると言うロマンティックな演出をする事ができます。

 

 

他にも花火大会の会場周辺でのんびり通常のデートを楽しんだ後に、花火がよく見えるホテルでの食事を楽しむと言うデートプランもおすすめです。

こちらは少し費用はかかりますがロマンティックな演出を楽しめますし、環境的にも気温に左右されない上に宿泊もすることができるのでお金に余裕があるという方はぜひ!

まとめ

花火大会はさすがに人が多くて混雑しますが、意外とゆっくり、キレイに見える穴場の場所も数多くあります。
毎年、花火を見終わったあとはなんだかとても幸せな気分になります。
今年も感動をもらいに、ぜひ皆さんで淀川花火大会に参戦しましょう♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。