阪急電車の有料座席「PRiVACE」の料金は?購入方法とサービス内容も! - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

阪急電車の有料座席「PRiVACE」の料金は?購入方法とサービス内容も!

おでかけ
この記事は約4分で読めます。

阪急電車の京都線で座席予約サービス「PRiVACE(プライベース)」が始まります。

電車で過ごす時間が快適になる「PRiVACE(プライベース)」

日常の「移動時間」をプライベートな空間で過ごす「自分時間」へをコンセプトとした、阪急電車の新しいサービスです。

この記事では阪急電車の有料座席「PRiVACE」の料金やサービスの内容などについてまとめてみました。

※運行開始時期は2024年7月(予定)です。

スポンサードリンク

阪急の有料座席「PRiVACE」の料金と購入方法

阪急 有料座席 PRiVACEの料金

有料座席「PRiVACE(プライベース)」は2024年7月から、阪急京都線の特急と準特急で使えるようになります。

このサービスを利用するには
乗車区間の運賃+500円(税込み)

の座席指定料金が必要です。

 

例えば大阪梅田から京都河原町までだと、電車代410円+500円で910円。

ちょっと高いかも…と思うのですが、仕事やプライベートで疲れた時には500円プラスしてもゆっくりしたいと思う方には良いかも知れませんね。

 

阪急 有料座席 PRiVACEの購入方法

有料座席のチケットは専用のWEBサイトで電車と座席を選び予約購入することができます。

空席があればその場で乗車も可能とのこと。

添乗する専属のアテンダントから直接購入することもできるようです。

 

Web予約した場合は、PRiVACEをお得に乗車できる、ポイントサービスもあるとのこと。

※詳しいサービス内容は現時点で未発表なので、詳細が分かり次第、コチラでも更新して行きたいと思います。

スポンサードリンク

阪急の有料座席「PRiVACE」はどんなサービス?

阪急電車の有料座席「PRiVACE(プライベース)」は自分だけの特別な時間を楽しむというのがテーマです。

PRiVACEはプレミアムな乗車体験を提供するために特別に設計された車両です。

座席は周りの目を気にせずリラックスできるように、頭の周りを囲んでプライバシーを守れるようなデザインになっています。

また、木目調の仕切りがあって、読書灯やコンセントも完備。

プライバシーも守られ、車内Wi-Fiもバッチリ使えるので、移動中でも快適に過ごせそうですね。

 

以下にPRiVACEの特徴やサービスをまとめてみました。

ゆったり座席

座席幅や足元スペースを広くし、座面が連動するリクライニングシートを採用。長時間の移動も快適に過ごせます。

プライバシー空間

座席間に仕切り板を設置し、コンセントや読書灯も備えています。

プライベートな空間で、読書や仕事に集中したい時にも最適です。

Wi-Fiサービス

車両内で無料のWi-Fiサービスを利用できるため、インターネットを使った仕事や娯楽を楽しむことができます。

充電設備

座席ごとに電源コンセントが設置されているため、スマートフォンやパソコンなどの電子機器を充電しながら使用することができます。

静かな環境

車両自体の防音設計や、静かな車内環境を保つためのルールが設けられているため、読書や仕事、リラックスした時間を過ごすことができます。

また、防犯カメラや空気清浄機も設置されるので、より安心で快適な時間が過ごせそうですね。

 

TVニュースでも取り上げられていました。

実際の座席の詳細がわかり、思わず、「乗ってみたいな~」と思いました。

スポンサードリンク

阪急PRiVACEの座席数は?

阪急の座席指定サービスの車両は特急、準特急電車などの1両を有料座席のための専用車両として組み込まれ、座席数は40席。

終日、1時間に2~3本のペースで運行される予定で、順次、運行本数を増やしていく予定のようです。

※最新の情報やサービス内容については、阪急電鉄の公式サイトで確認して見てくださいね。

阪急電鉄 京都線 座席指定サービス「privace」

 

【まとめ】

阪急電鉄の「PRiVACE」は、電車を利用する人にとって優雅で素敵な時間を過ごせる、とてもハッピーになれるサービスだと思います。

私もぜひ、利用したいと思っているのですが、どれくらいの方が利用されるのか、楽しみです。

このようなサービスがもっと広がって、選べる路線も増えるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました