ビックリマークを多く使う人の心理とは?小さな記号にもたらす奥深いもの - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

ビックリマークを多く使う人の心理とは?小さな記号にもたらす奥深いもの

心理

 

みんながよく使う「!」は、メッセージを送る時のスパイスみたいなもの。

これ一つで、普通の話がもっと楽しく、感情豊かに変わったりします。

でも、なんでこんなに「!」が多く使われるのでしょうか?

実は、「!」をよく使うのは、いろんな気持ちや願いがあるんですね。

目立ちたい気持ちから、ハッピーな感情を共有したい願い、自分の意見をバシッと言いたい気持ちまで。

この小さな記号がどうやって私たちの話し方や繋がり方をカラフルにしてくれているのか、見ていきましょう。

スポンサードリンク

自分の話に注目してほしい

みんなが使うLINEでビックリマークを多く使う人って、何よりも自分の話に注目して欲しいんですよね。

文字だけじゃどれだけアツい気持ちで話してるか、楽しいか、ビックリしてるか、伝わりづらいもの。

だから、「!」「!!」って打つことで、「こっち見て!」「めっちゃ大事!」ってアピールしてるわけです。

特にネット上だと、自分の声を大にして「聞いてよ〜」ってしたくなるものですよね。

 

ビックリマークは、「注目して!」の合図で、自分の言葉を目立たせようとする、まるで秘密のコードみたいなもの。

特にインスタやTwitterみたいな、みんながいっぱい情報を出してるところでは、自分の声を大きくして「こっちも見て!」ってやりたくなりますよね。

みんなが注目してくれると嬉しいし、それがビックリマークをバンバン使うワケです。

要するに、「見て!」「大事なこと言ってるから!」って言いたい時に、ビックリマークは超便利なんです。

この小さな記号が、自分のメッセージをパッと目立たせる魔法の杖みたいなものなんですね。

 

自分の感情をガッツリ表現したい

 

ビックリマークを使うのは、文字だけでは伝わらない感情をガッツリ出したい時の裏ワザなんです。

例えば「楽しかった!」や「ありがとう!」みたいに、喜びや感謝をパワーアップさせたい時、ビックリマークは役立ちます。

この「!」を打つことで、ただ「楽しかった」と言うより、「めっちゃ楽しかったんだぞ!」って気持ちが伝わる。

感情を文字で表すのって難しいけど、ビックリマークはその一助になってくれるんですよね。

 

感情が豊かな人ほど、このマークを使って、喜怒哀楽をアピールすることが多いんです。

たとえば、友だちがいいニュースをシェアした時、「いいね!」って返事をするのと、「いいね!!」ってするのとでは、受け取る方の感じる熱量が全然違う。

この小さな記号があるだけで、自分の気持ちをもっとリアルに、もっとデカく伝えられるんです。

 

若い人たちの間では、絵文字やスタンプも感情を表すのに使われるけど、ビックリマークはもっと直接的で、シンプルながらも強い感情を伝える手段としてバッチリ機能しています。

だから、テキストで話してる時、自分の感情をギュッと詰め込んで伝えたいなら「!」はマストですね。

スポンサードリンク

相手と気持ちを共有したい

ビックリマークを使う時って、自分だけじゃなくて、相手と一緒に何かを感じたい、その気持ちを共有したいって思ってる時もあります。

たとえば、「今日のライブ、最高だったね!」とか言って、友達との間でわくわくした気持ちを分かち合いたい時にピッタリ。

この「!」っていうのは、ただ自分の気持ちを強く表現するだけじゃなくて、「お前もそう思うよな?」って相手に確認を促すサインでもあるんですよね。

だから、一緒にいい時間を過ごした後とか、同じ興奮を共有してる時に、「これ最高だよな!」って送ると、相手も「マジで!」って気持ちで応えやすくなる。

この使い方は、友情を深めたり、仲間意識を高めたりするのにもめっちゃ効果的。

みんなで同じことを楽しんだり、同じ感動を共有したりする時、「!」を使うことでその絆をもっと強く感じられます。

 

若い世代だと、共感や共有する文化がすごく大事だから、「!」はその気持ちを簡単に、でも強く伝えられる便利ツールなんです。

みんなで笑ったり、驚いたりする瞬間をもっと特別なものに変えたいなら、ビックリマークを上手に使ってみんなの気持ちを一つにするんですね。

自分のペースでコミュニケーションを取りたい

ビックリマークは、実は「自分のペースでコミュニケーションを取りたい」っていうサインでもあります。

たとえば「ごめん、今忙しいから後で連絡するね!」ってメッセージにビックリマークを使うと、「今はちょっと対応できないけど、放っておかないよ」っていう気持ちを丁寧に伝えられるわけです。

この使い方は、自分が忙しいときや、その場で即答できないときに、相手に急かされずにすむようにするための工夫なんです。

ビックリマークがあると、何かしらの行動を促しているように見えるから、自分がコントロールしてる感じを保ちやすくなるんですよね。

また、自分から何かを提案する時に「今度の週末、遊びに行こうよ!」と言うと、その提案に対する自分のテンションや楽しみを示しつつ、相手にもその流れに乗ってもらいやすくします。

これは、自分のペースを維持しながらも、相手を自分の世界に引き込みたいときに超便利な手段。

 

ビックリマークを使うことで、「自分はこんな感じで進めたいんだ」という意向を、もっとスムーズに伝えることができます。

特に、自分の時間を大切にしたい、でも友達との関係も大切にしたいっていう時、この一つの記号が、めちゃくちゃ役立つコミュニケーションツールになります。

若い人たちの間では、自分の時間も大事にしつつ、友達とのやりとりも楽しみたいっていうバランスが大事。

ビックリマークを上手く使って、その「自分のペースでコミュニケーションを取りたい」という気持ちを上手く伝えられるんですね。

スポンサードリンク

自分を優位に立たせたい

ビックリマークを使うというのは、実はちょっとした心理戦の一部で、自分を優位に立たせたいっていう気持ちが隠れていることもあるんです。

「絶対にこれやった方がいいよ!」みたいに言う時、自分の意見にもっと力を持たせたいんですね。

この「!」の力は、ただのアドバイスを、もっと説得力のある、ほぼ命令みたいな感じに変えちゃう。

自分が正しい、自分に従った方がいいっていうメッセージを、もっとダイレクトに伝えられるわけです。

 

こういう使い方をすると、自分の提案や意見を相手に強く印象づけることができて、結果的に話の主導権を握りやすくなるます。

 

たとえば、「そこに行くなら、タクシーの方がいいよ!」っていうメッセージは、「マジでタクシーの方が楽だから、俺の言う通りにしとけ」っていう強い意志が感じられますよね。

この一つのビックリマークが、話してる中での自分の立場を、ちょっとだけ上に持っていくことができます。

若い人たちの間では、特に自分の意見をしっかり持ち、それを周りに認めてもらいたいっていう気持ちが強いから、ビックリマークは自信を示すための武器にもなるんですね。

自分の考えに自信がある時、それを強調して「俺の言う通りがベストだから!」って状況を作り出すのに、ビックリマークはとても役立ちます。

まとめ

「!」を多く使う人の心理は奥が深いものなんですね。

この記号はただの飾りではなく、私たちの話に元気や強さをくれる特別なもの。

自分をアピールしたいときも、うれしい気持ちを爆発させたいときも、「!」があると、その想いがグッと伝わります。

そして、相手との大切な繋がりを強くしたり、自分のペースでうまくやりとりしたりする時にも、この一文字が大活躍してくれるんです。

この小さいけどパワフルな「!」から、人がどんな風に感じて、何を伝えたいのか、ちょっとしたヒントをもらえます。

でも、いつも当然のようにビックリマークばかり使われると、これに対して読む側が飽きてしまうこともあるので注意しましょう。

これからも、どう「!」を使うかに注目してみると、メッセージのやり取りがもっと楽しく、色鮮やかになるかもしれませんね。

コメント