電話をかけてもすぐ切れる!コレって着信拒否?履歴は残る? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

電話をかけてもすぐ切れる!コレって着信拒否?履歴は残る?

暮らしの疑問

 

「電話をかけたのにすぐ切れちゃった…」という経験をしたことはありませんか?

そんな時、「もしかして相手に着信拒否されてる?」と心配になることもあるでしょう。

でも、それにはいろいろな理由が考えられるんです。

相手が忙しい、通話中、あるいは単純な通信トラブルなど、着信拒否だけが理由ではありません。

この記事では、電話がすぐに切れる原因やそれをどうやって解決すればいいのかについて、わかりやすく解説していきます。

困ったときに試せる対処法も紹介していますので、ぜひ最後まで読んで、不安や疑問を解消してくださいね。

スポンサードリンク

電話をかけてもすぐ切れる理由は?着信拒否されてる?

電話をかけたら、すぐに切れたり、話し中の音しかしなかったり…。これには大きく分けて、相手が実際に通話中だったり、着信拒否の設定がされていたりする可能性があります。

着信拒否の場合、電話をかけてもコール音が一度もならないで切れるか、「この番号はお繋ぎできません」というアナウンスが流れることがあります。

これは、相手が特定の番号だけを拒否しているのか、キャリアのサービスを利用して全ての未登録の番号を拒否しているのかによって違います。

でも、すぐに切れるということは、通話中の状態と似ているので、何が原因かはすぐには分からないんですね。

スポンサードリンク

相手が通話中なのか着信拒否しているのかを調べる方法

相手が通話中なのか、それとも着信拒否しているのかを調べる方法を次に挙げていきます。

時間をおいてかけ直してみる

一度通話が切れてしまったら、すぐにリダイヤルするのではなく、少し時間を空けてからもう一度かけ直してみましょう。

相手がたまたま忙しかったり、通話中だった可能性があります。

時間を置くことで、相手が電話に出られる状況に変わっているかもしれません。

 

別の端末で電話をかけてみる

もし手元に別の電話端末があれば、その端末から電話をかけてみるのも一つの方法です。

これにより、自分の電話番号が着信拒否されているのかどうかを確認することができます。

別の番号からかけたときにすぐに通話が切れなければ、着信拒否の可能性が高いです。

 

相手が通話中なのか分かるサービスを使ってみる

一部の通信会社では、相手が通話中かどうかを調べることができるサービスを提供しています。

このサービスを利用することで、相手が実際に話し中なのか、それとも他の理由があるのかを把握することができるかもしれません。

「114」や「0120-444-113」に電話をして、調べたい番号を入力すれば、通話中かどうか教えてくれます。

NTTの114サービスでは「114」に電話をかけて、電話の指示に従って相手の電話番号を入力します。

その後、相手が話し中であるかどうかの確認ができます。

ただし、調べられる番号は一般のNTT回線かNTTDoCoMoの携帯であれば可能ということであり、NTT以外の回線は利用できないのでご注意下さい。

サービスの詳細については、各通信会社のホームページ等で確認してみて下さい。

 

▲ポイント▼

着信拒否かどうかを確かめるには、別の電話からかけてみたり、その人と連絡が取れる別の手段(メールやメッセージアプリなど)を使って直接尋ねてみるのが確実です。

また、自分の電話の設定や電波状態を確認してみるのもいいでしょう。

それでも解決しない場合は、携帯会社や電話の製造元に問い合わせてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

すぐ切れても履歴に残る?

電話をかけたけれどもすぐに切れた場合、多くの人が気になるのは「履歴に残るのかどうか」という点でしょう。

実は通話が成立しなくても、ほとんどの電話では発信履歴に記録されます。

しかし、相手の端末に履歴が残るかどうかは、着信拒否の設定や使用している端末によって異なります。

一般的には、着信拒否をされている場合でも相手の端末には通知が来ないため、履歴に残らないことが多いです。

ただし、このような通知をオフにする設定もあるので、意図的にそういった設定をしている場合は気付くことができない場合もあります。

 

電話がすぐに切れてしまう原因には様々なものがありますが、焦らずいくつかの方法を試してみることが大切です。

そして、相手の都合も考えながら、適切な方法でコミュニケーションをとるよう心がけましょう。

 

まとめ

電話をかけたけれどすぐに切れてしまうと、色々と心配や不安がわいてきますよね。

「もしかして、着信拒否?」と疑う前に、今回紹介したような確認の方法を試してみてください。

相手が忙しいのか、通話中なのか、それとも単純な通信の問題なのか、ちょっとした工夫で解決の糸口が見えてくるかもしれません。

そして、どうしても心配な場合は、別の方法でコンタクトを取ってみるのも一つの手。

大切なのはすぐに悪い方向に考えすぎず、冷静に状況を見極めること。

電話が切れる小さなトラブルで大切な人との関係にヒビが入らないように、対処のヒントを掴んでおきましょう。

コメント