ピン札はどこで交換できる?自宅で簡単にピン札にする方法とは? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

ピン札はどこで交換できる?自宅で簡単にピン札にする方法とは?

暮らしの疑問

急にピン札が必要になったという経験はありませんか?

例えば、友人の結婚式に参加することになり、ご祝儀を用意する際など、思いがけず必要になることもありますよね。

でも、いざピン札を用意しようと思った時に、どのようにして入手すればいいのか戸惑うことも少なくありません。

そこで今回は、ピン札を手に入れるさまざまな方法を詳細に解説していきます。

いくつかの方法がありますので、その時の状況に合わせて活用してみてくださいね。

スポンサードリンク

ピン札を交換してもらう方法

 

銀行や郵便局で交換してもらう

シワのない新札を用意するのは、お祝い事のマナーとして重要です。

最も一般的な入手方法は、銀行や郵便局で新札に交換してもらうことです。

 

銀行の場合

一番ポピュラーな方法は銀行を利用することです。

銀行の窓口に行けば新札を入手できますが、多くの銀行は平日の午後3時までしかやっていないので、その時間内に行けるという場合に限ります。

その銀行に自分の口座があるかどうか、また交換するお札の枚数によっては手数料が必要な場合もあります。

また、キャッシュカードか両替専用のカードを持っている場合は銀行内に設置されている両替機を利用するのも便利です。

ただし、銀行によってはお札の種類によって新札交換が可能なものが限られている場合もあるので確認するようにしましょう。

 

郵便局の場合

郵便局は両替は業務としては取り扱っていません。

なので、基本的に新札への両替は行っていませんが、郵便局によっては、サービスとして応じてくれるところもあります。

ただし、新札の在庫の有無、混雑具合によっては対応してもらえない場合もありますので、確認が必要です。

業務外の対応ということを意識して聞いてみるのがいいですね。

 

家族や知人に交換してもらう

意外と便利なのが、家族や知人から新札を交換してもらう方法。

時々、ATMから引き出した際に新札が出てくることがありますので、周りに尋ねてみるのも一つの手です。

事前に周りの人たちに声をかけてみると、思いがけず新札を用意できることがあります。

 

意外な交換先も!?

ピン札を銀行や郵便局「以外」で交換してもらう場所には、意外と多くの選択肢があります。

たとえば、結婚式場のホテルや大きなイベント会場では、ゲストの要望に応じてピン札を提供することがあります。

また、職場の経理部門では、公式な取引やお祝い事に向けて新札を準備していることがあり、そこで交換してもらえる場合も。

さらには、特定のお店や企業でも、顧客サービスの一環として新札の交換を行っているところもあります。

これらの場所では、事前に問い合わせをすることで、新札への交換が可能かどうかを確認できます。

ピン札が必要な時には、思わぬところに便利な選択肢が隠れているかもしれませんね。

スポンサードリンク

手持ちのお札をピン札にする方法

特別なお祝いの際には、新札を用意するのが一般的ですが、新札を入手できない場合でも、自分が持っているお札をピン札のように綺麗にする方法があります。

自宅にあるアイロンやヘアアイロンを使って、シワなどがある紙幣を綺麗にしましょう。

 

アイロンをかける

アイロンを使う場合は、まず紙幣を少し湿らせるために大根おろしのしぼり汁を使います。

紙幣にこのしぼり汁を軽く塗り、その上に布を置いてからアイロンをかけます。

アイロンは低温設定で使用し、紙幣が焦げないように慎重に乾かしていきます。

大根おろしのしぼり汁に含まれるアミラーゼという成分が、紙幣の表面のでんぷんを分解し、熱を通しやすくする効果があります。

しぼり汁が乾燥すると、でんぷんが固まり、紙幣がパリッとしてピン札のような状態になります。

 

ヘアアイロンを使う

もう一つの方法として、「ヘアアイロン」を使う方法もあります。

ヘアアロンを使う場合は、霧吹きで紙幣を軽く湿らせた後、布をかぶせてヘアアイロンを使って乾かします。

この際も紙幣がしっとりと湿る程度に水分を加え、ヘアアイロンで慎重に乾燥させることがポイントです。

 

これらの方法を使えば、もし手元に新札がなくても、自分でお札を綺麗にしてお祝い事にふさわしいピン札を用意することができます。

そもそも新札とピン札の違いって?

新札とピン札の違いは何なのでしょうか。

新札とピン札は、共に綺麗な状態のお札を指しますが、その特徴には微妙な違いがあります。

新札は文字通り、銀行や金融機関から新しく発行されたばかりのお札で、一度も使用されていないものを指します。

これに対してピン札は、新札である必要はなく、使用されたことがあっても、シワや汚れがなく、新札のように見える綺麗な状態のお札を意味します。

お祝いごとには新札を使うのが普通ですが、なかなか新札が手に入らない時は、綺麗なピン札を準備しても大丈夫。

要は、お札が綺麗で気持ちよく使えるかどうかが大事なんです。

新札もピン札も、どちらも「綺麗で良いお札」という共通点があるんですが、出どころがちょっと違うんですね。

 

ピン札がNGの時もある?

ピン札が正しいマナーとされる場面が多いですが、全てのケースで正しいとは限りません。

ピン札を渡すのがNGな場合は、主に悲しい時やお悔やみの場面です。

 

例えば、お葬式の時には、ピカピカの新札やピン札を使うのは避けた方がいいと言われています。

なぜなら、新しいお札はお祝いごとや良いことを祝う時に使うもので、悲しい時にはそぐわないと考えられているからなんですね。

 

お葬式の時にはわざとお札を少し折ったりして、ピン札ではない状態で用意するのが一般的です。

これは「急いで用意したから新しいお札しかなかった」という配慮や、その場の雰囲気に合わせた気遣いから来ています。

つまり、ピン札を渡すのは、その場の空気や意味合いを大切にする文化があるからなんですね。

 

受け取る側が不快に感じないよう、状況に応じた対応をすることが大切です。

 

まとめ

ここまで、ピン札を入手するための様々な方法をご紹介してきました。

銀行や郵便局での交換から、自分でピン札にする方法、意外な対応先を利用する方法まで、状況に応じて選べるようにしておくといいですね。

また、新札が必要な場面とそうでない場面を見極めることも大切です。

お祝いの心を形にするためにも、いざという時のために、いくつかの方法を知っておくと安心ですね。

お祝い事はもちろん、急な出費が必要になった時にも役立つ知識として、頭の中に入れておきましょう。

コメント