「電源が入っていないか電波の届かない」のアナウンスは着信拒否?着信履歴は残る? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

「電源が入っていないか電波の届かない」のアナウンスは着信拒否?着信履歴は残る?

暮らしの疑問
この記事は約4分で読めます。

 

電話をかけた時に「電源が入っていないか、電波の届かない場所にあるため、かかりません」という旨のアナウンスが流れて、戸惑った経験はありませんか?

そんな時、「もしかして相手に着信拒否されてる?」とか「着信履歴は残るのかな?」と心配になってしまった方も多いのではないでしょうか。

今回は、なぜこのようなアナウンスが流れるのか、着信拒否されているのか、着信の履歴は残るのか、などの疑問について分かりやすくまとめてみました。

スポンサードリンク

「電源が入っていないか電波の届かない」のアナウンスは着信拒否?

 

結論から言うと、このメッセージが出るときは、ただ単に相手の携帯が圏外にあるか、または電源がオフになっているだけの話で、相手に着信拒否されているわけではありません。

なので、このアナウンスが流れても「もしかして着信拒否されてる?」と心配しなくても大丈夫です。

 

実は着信拒否されている場合は、後に記しますが、全く別のアナウンスが流れます。

つまり、その特別なメッセージを聞かない限り、相手があなたの電話を拒否してるということはないというわけです。

 

「でも、もしかして拒否されてる?」と不安に思うかもしれませんが、そのメッセージが流れた時点で、それは技術的な理由から通話がつながらないことを意味しているんです。

なので、相手がもう一度圏内に戻ったり、携帯の電源を入れた後に、改めて電話をかけ直してみると確認することができます。

 

そして、もし電話が繋がらなくても心配することはありません。

他にも連絡手段はあるので、メッセージアプリやメールで試してみるのも一つの方法です。

これなら、相手の携帯の状態に関係なく、あなたの気持ちを伝えることができます。

 

要は、電話がすぐに繋がらないからといって、すぐに悪い方向に考えなくても大丈夫。

技術的な問題は誰にでも起こり得ることで、その都度、うまく対処していきましょう。

 

スポンサードリンク

「電源が入っていないか電波の届かない」で着信履歴は残る?

 

もし相手が電波の届かない場所にいるか、電源が切れている状態で電話をかけた場合、多くの人が気になるのが「着信履歴は残るのか?」という点ですよね。

実際には着信履歴自体は残らないのですが、大多数の携帯電話やスマートフォンでは、通話が可能な状態になると、いつ、どの番号から電話がかかってきたのかを教えてくれるショートメッセージが自動で送られてくるように設計されています。

「通話が可能な状態」とは具体的には電源が入っている状態や、電波がしっかりと届く場所に移動した時のことを指します。

そのため、もし電話をかけられる状況ではなかったとしても、後からでも誰からいつ電話があったのかを確認できる便利な機能が備わっているわけです。

 

でも、この便利な通知機能がユーザーの設定によってオフにされている場合もあるんですね。

その場合は通知メッセージは送られず、ユーザーが自分でメッセージアプリを開いて確認しない限り、誰から電話があったのかを知ることはできません。

大半のスマホや携帯電話では、購入時点でこの通知機能がオンに設定されていますが、設定を変更してしまったり、特定の理由でオフになっている場合もあるため、この点を頭に入れておくと、もしもの時に役立つかもしれません。

自分のデバイスがどう設定されているのか、今一度チェックしておくと安心ですね。

 

スポンサードリンク

着信拒否されてる時はどんなアナウンスが流れる?

 

着信拒否されてる時ってどんなアナウンスが流れるんだろ?と気になりますよね。

電話をかけたら、いくつかのサインで相手が着信拒否してるかもってことがわかります。

「ツーツーツー」という通話音がずっと続いたり、「この電話はお繋ぎできません」というアナウンスが聞こえてきた時には相手側で着信拒否の設定がされています。

キャリアによって言葉が違ったり、お客さんが自分でメッセージをカスタマイズできるサービスなどもあるので、一概には言えませんが、およそこういう感じで教えてくれます。

なので、この2つのパターン以外の反応であれば、相手が着信拒否していると心配しなくても大丈夫です。

関連記事
電話をかけてもすぐ留守電になる!コレって着信拒否されてる?

まとめ

この記事では「電波の届かない場所にいるか電源がオフの時は着信拒否とは違う」

「着信拒否された時のアナウンスは特別なメッセージが流れる」

「相手の電源がオフや圏外でも、後でショートメッセージで誰から電話があったか通知される」ということについて解説しました。

もし相手と連絡がつかない時でも、それが直ちに着信拒否だと思い込まなくて大丈夫です。

そして、もし着信拒否されている場合は、「お繋ぎできません」という特別なメッセージが流れるので流れてきたら拒否されているということになります。

また、相手の電源がオフだったり圏外だったりするときには、その時点では着信履歴には残りませんが、後から「こんな番号から電話があったよ」と教えてくれるメッセージが届く設定になってることが多いです。

ただし、この通知機能はオフにしてる人もいるので、確認しておきましょう。

この情報が電話がつながらない時の状況をしっかり理解する手助けになればいいなと思っています。

コメント