古いおみくじは捨ててもいい?捨てるタイミングと方法は? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

古いおみくじは捨ててもいい?捨てるタイミングと方法は?

雑学

神社に行くと、流れでおみくじを引くという人は多いと思います。

多くの人は、神社におみくじを結んで帰りますが、中には家に持ち帰る人もいますよね。

そのような時に、おみくじの捨て方に迷ったり、捨てるタイミングが分からないと思う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、古いおみくじの捨て方や捨てるタイミングなどを、詳しく解説していきたいと思います。

家で処分してもいいのか、神社でお願い出来るのかで迷っている人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おみくじを捨てるタイミングとは?

113519_s

それでは早速、おみくじを捨てるタイミングについてから、解説していきたいと思います。

実は、おみくじには明確な使用期限というものは存在していません。

しかし、色々諸説がある中で、約1年くらいを目安におみくじを捨てるのが一般的と言われています。

 

また、おみくじを引く時というのは、多くの場合は受験や就職、結婚など叶えたい願望がある時が多いですよね。

そのような時に引いたおみくじは、その願望が成就したタイミングで捨てるというのもアリです。

 

おみくじというのは、1度引いたら半永久的にその内容が効力を発揮するというものではありません。

そのため、引いたおみくじの内容がどうであれ、どこかのタイミングで捨てる事が大切です。

 

さらに、もし特に願望がなくても、日頃のアドレスやメッセージとしておみくじを引いている人の場合は、新しいおみくじを引く時に、古いおみくじを捨てるというタイミングでも良いでしょう。

 

スポンサードリンク

おみくじの捨て方は?家?神社?

では次に、おみくじの捨て方について解説していきましょう。

おみくじをいざ捨てるとなった時に、家で処分して良いのか、神社に持って行った方が良いのか迷いますよね。

おみくじは、紙で作られているので、分別としては「燃えるゴミ」という扱いになるのは想像できます。

 

しかし、いくら紙とは言え、神社から頂いたアドバイスやメッセージだという事を考えると、ゴミとして処分するのは気が引けます。

 

調べてみると、神社で引いたおみくじを処分する時には、失礼のない捨て方があるという事が分かりました。

おみくじを家で捨てる時の捨て方

まず、おみくじを家で捨てる時の捨て方です。

 

【用意する物】

・おみくじ

・粗塩

・半紙などの白い紙

・封筒

・ビニール袋

 

【捨て方】

  • 捨てるおみくじを、半紙に包みます。
  • そして、半紙に包んだおみくじを封筒に入れます。
  • さらに、封筒に入れたおみくじを、ビニール袋に入れて、粗塩を一緒に入れて清めます。
  • その後、お炊き上げが出来る場合は、燃えないバケツの中などでお炊き上げをします。
  • お炊き上げが出来ない場合は、燃えるゴミの日に一緒に捨てましょう。

 

おみくじを神社で捨てる捨て方

 

次は、神社でおみくじを捨てる時の捨て方です。

 

おみくじを引いた神社に出向いて返納する

22373228_s

 

まず1つ目は、おみくじを引いた神社に出向いて返納するという捨て方です。

 

その際は、おみくじ掛けがあるので、そこに結んで返納しましょう。

 

神社の中にある樹木などに結んでいる光景を見る事がありますが、枝が折れてしまったり、樹木を傷めてしまう事があるので、おみくじ掛けに結ぶようにしましょう。

 

郵送で神社に返納

 

2つ目は、郵送で神社に返納する捨て方です。

 

思い入れのある神社に返納したくても、なかなか出向けない場合もありますよね。

 

そのような時は、郵送で返納する事も可能です。

 

その場合は、必ず返納する神社に事前に連絡をして、郵送での返納が可能か確認しましょう。

 

神社でのお炊き上げは、無料のところもあれば、有料のところもあります。

 

有料の場合は、おみくじに「初穂料」として同封するか、指定の振込先に振り込むかも確認しましょう。

まとめ

さて今回は、おみくじを家や神社で捨てる時の捨て方や、おみくじを捨てるタイミングについて、詳しく解説してみました。

おみくじは、思い入れがあるという人が多いと思うので、普通にゴミとして捨てるとなると迷ってしまう人も多いですよね。

おみくじを捨てるタイミングは厳密に決まっているわけではなく、だいたい1年前後という目安はあるものの、おみくじを引いた人のタイミングで大丈夫です。

捨て方も、家で捨てる方法と神社に返納する方法がありますが、しっかりお炊き上げが出来るならどちらの捨て方でも問題ありません。

おみくじの捨て方に迷っている人は、ぜひ今回ご紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント