直前になると行きたくなくなるのはなぜ?原因とおすすめの対処法 - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

直前になると行きたくなくなるのはなぜ?原因とおすすめの対処法

人間関係

 

約束したはいいけれど、実際にその日が近づくと

「やっぱり行きたくないかも…」
「なんか、面倒くさくなってきた…」

…というような気持ちになったことはありませんか?

この感情は、私たちの中で意外と共通しているものです。

でも、なぜ直前になると行きたくなくなるという気持ちが出てくるのでしょうか。

そして、そんな時はどうすれば気持ちを切り替えて、約束を楽しみに変えることができるのでしょうか。

この記事では、直前になって行きたくなくなるのはなぜなのか、原因とそれを乗り越えるための対処法をわかりやすく説明しています。

スポンサードリンク

直前になると行きたくなくなるのはなぜ?

約束の日の直前になると、なんだか行くのが面倒になってくるなぁ…と思ったこと、誰もが経験があるのではないでしょうか。

これは、約束した相手が嫌いだからというわけではなく、親しい友人や大好きな人でもそう感じてしまうことがあるんです。

最初に約束をした時は嬉しくて、その日が来るのが待ち遠しくなったりするものです。

でも、実際にその日が近づくと、準備が面倒に感じ始めたりすることがあります。

たとえば、仕事を早く終わらせないといけなかったりとか、家の用事を片付けてからとか、何を着て行こうか悩んだりとか。

 

約束の前っていろいろと準備することがあったりしますよね。

約束をした時は、「楽しみだな」「早く会いたいな」と思うことばかりです。

でも、本当にその日が来ると、やらなきゃいけないことが増えて、約束がちょっとした負担に感じられたりするようになるんです。

さらに、「約束したからには行かなきゃ」という義務感も重くのしかかります。

 

これが、約束が段々と重荷になってしまう原因の一つ。

 

特に、断りにくい仕事関係の人や久しぶりに会う友人との約束は、真面目な人ほどプレッシャーを感じやすくなるものです。

このように「約束したけど、もう行きたくないな…」と感じるのは、誰にでも起こりうることなんですね。

 

スポンサードリンク

直前になると行きたくなくなる…おすすめの対処法

直前になると行きたくなくなる時には、どんな考え方をすればいいのか、おすすめの対処法をご紹介していきます。

 

行きたくなくなる理由を深く考えない

約束をしたら、それを守りたいと思うのが普通ですよね。

でも、準備を考えたり、会話の内容を考えるとだんだん憂鬱になってしまうこともあります。

そうなった時、まず大事なのは、面倒だと感じる理由を深く掘り下げないことです。

(こんな風に思うのは性格悪いのかも?)など、ネガティブな気持ちになればなるほど、約束をキャンセルしたくなる言い訳を探してしまうものです。

 

普段の自分でいるよう心がける

行きたくなくなるのは、相手との良い関係を保ちたいからかもしれません。

完璧を求めるあまりにプレッシャーを感じてしまうんですね。

なので、普段の自分でいることが一番です。

偶然友達に会った時のようなリラックスした気持ちでいれば、約束に対するプレッシャーも減るはずです。

「約束だから」と自分にプレッシャーをかけすぎると、それが逆に負担になってしまいます。

 

早めにキャンセルを伝える

約束が負担に感じるのは、その「実行」が重荷になるからで、必ずしも相手が原因ではありません。

体調が悪かったり、本当に会いたくないと思う時もあるでしょう。

そういう時は、ドタキャンを避け、早めに約束のキャンセルを伝えることが大切です。

相手をがっかりさせたくない気持ちから、無理してでも会いに行く人もいますが、その場合、態度や表情に苦痛が出てしまう可能性があります。

お互いに気持ちよく会えるように、約束を見直すのもひとつの方法です。

約束は簡単にできますが、実際に守るのは難しいものかも知れません。

相手も同じように感じているかもしれませんね。

だから、できる約束だけをしようと心がけることが大切です。

 

きっと楽しい時間になると言い聞かせる

その場のノリで軽い約束をすることもありますが、実際にその日が近づくと嫌になることがよくあります。

特に、人から誘われるとなかなか断れないタイプの人は、このような状況に陥りやすく、長い間憂鬱な気持ちを抱えがちです。

このように約束を後悔するのは、実は自分の考え方のクセも関係しています。

「また面倒なことになるかも」とネガティブに考えてしまうと、その通りになりがちです。

 

そんな時は気持ちを切り替えて、「きっと楽しい時間が過ごせるはず」「会えるのを楽しみにしている」と自分に言い聞かせてみましょう。

声に出してポジティブな言葉を繰り返すことで、気持ちも前向きに変わるかもしれません。

約束に対する気持ちは自分の心がけ次第で大きく変わることがあります。

 

約束を守ること、時には断る勇気も、自分自身との関わり方を見直す良い機会になるかもしれません。

自分にとって何が最善かを考え、相手に対する配慮を忘れずに行動することが、結局は自分自身にとっても最良の結果をもたらすはずです。

約束に関する悩みを抱えることは誰にでもあるものです。

そんな時は自分の心としっかり向き合い、自分に合った対処法を見つけ出しましょう。

 

スポンサードリンク

約束を重荷に感じてしまうのはどんな人?

約束を重荷に感じてしまうのはどんな人なのでしょうか。

外に出かけるのが好きな人は、そこまで約束を重荷に感じないかもしれません。

でも、一人の時間を大切にする人は、約束をした後すぐに嫌な気持ちになることがあるでしょう。

他人を優先するタイプの人も、行き先や時間を相手に合わせがちですから、自分の気持ちを抑えて会うことが多くなります。

このせいで、約束が近づくと行きたくなくなることも。

 

友達が「来週会おうよ」と提案してくれた時、その場で断るのが悪いと感じることもありますよね。

約束というと、食事や映画に行くなどお金もかかりますから、出費を抑えたい人は、直前になって「やっぱり行きたくない」と思うことが多いのかもしれません。

このように、約束が近づくと行きたくなくなるのには、さまざまな理由があるんです。

でも、これは誰にでもある感情なので、あまり考えすぎないようにしましょう。

 

まとめ

約束の日が近づくにつれて「行きたくない」と感じることは、誰にでも起こり得る自然な反応です。

しかし、この記事を通して見てきたように、その原因を理解し対処法を適用することで、心の重荷を軽くすることができます。

自分自身にプレッシャーをかけすぎず、時には柔軟に対応する勇気を持つことが大切です。

そして最も重要なのは、自分と相手の気持ちを大切にすること。

約束に対するストレスを感じた時は、この記事で紹介した方法を試してみてください。

ポジティブな気持ちで約束の日を迎えることができるのではないでしょうか。

コメント