現金書留は土日も配達される?かかる日数はどれくらい?不在の場合はどうなる? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

現金書留は土日も配達される?かかる日数はどれくらい?不在の場合はどうなる?

暮らしの疑問

遠くに住んでいる知人へのご祝儀など、色々な理由で現金書留を利用する場合もあるのではないでしょうか。

でも、現金書留を送る時、「早く送りたいけど、土日祝も配達できたっけ?」という疑問を持ったことはありませんか?

配達のタイミングは場合によってはとても重要になることもあります。

現金書留は現金の安全な輸送手段として広く利用されており、その取り扱いや配送プロセスには特別な注意が必要な場合もあります。

土日の配達に関する規定や、窓口での取り扱い、速達オプションなど、利用者にとっては重要な情報です。

この記事では現金書留が土日や祝日の配達ができるのか、また、日数はどれくらいかかるのか、などについてまとめています。

現金書留を利用する際に、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

現金書留は土日も配達される?

現金書留は通常の郵便物と同様の手紙やはがきの発送方法となりますが、配達に関しては異なる点があります。

結論から言うと、通常の郵便物とは異なり、現金書留は土日祝にも配達されます。

つまり、土日祝をまたがずに配達されるため、通常の郵便物よりも早く届けることができます。

スポンサードリンク

現金書留の配達日数は?

現金書留の配達日数に関しては、通常の郵便よりも迅速に配達されますがいくつかの要因によって変わってきます。

例えば、午前中に送った場合だと、翌日には到着することが一般的です。

また、午後に送った場合、配達は通常翌々日になります。

ただし、離島や一部の遠隔地では、若干の遅れが生じる場合があります。

 

さらに、配達の日付や時間帯を指定することも可能です。

これにより、受取人の都合に合わせて配達を計画することができます。

スポンサードリンク

現金書留は速達で送れる?

現金書留をより早く届けたい場合、速達オプションサービスを追加することが可能です。

速達オプションサービスを選択する場合は、現金書留の料金に加え、250gまでの重さに対応する260円の追加料金が必要となります。

このサービスを利用すると、午前中に現金書留を出した場合、通常は翌日の午前中には到着します。

午後に出した場合には、配送地域によって、翌日の午前中に到着するかは異なる場合があります。

このサービスは、より早い配達を望む際に役立つオプションとなっています。

 

現金書留の受け取り方法は?

現金書留は大切な現金を配送する方法のため、その性質上、受取人が直接、対面で受け取る必要があります。

受取人が不在の際には不在票が郵便受けに入ります。

この場合、現金書留は一時的に郵便局に戻され、その後、再配達の手続きが行われます。

このプロセスは現金書留の安全性を確保するための重要な手順となっています。

 

現金書留はポスト投函できる?

現金書留の受付は、「郵便局の窓口」でのみ行われます。

このため、一般の郵便ポストに投函することはできず、送り手は現金書留を直接郵便局の窓口に持ち込む必要があります。

このプロセスには、差出時間(午前または午後)が明確になるため、配達日の予測が可能というメリットがあります。

土日や祝日に現金書留を差し出す場合、通常の郵便局窓口ではなく、土日も営業している「ゆうゆう窓口」などの特定の場所でのみ発送が可能です。

これは、現金書留の重要性と安全性を考慮しての措置であり、発送に関してはこれらの限定された窓口を利用することが求められます。

このように、現金書留はその性質上、通常の郵便物よりも特別な取り扱いを必要とするサービスであることが理解されます。

そもそも現金書留ってナニ?

最後に、そもそも現金書留とはどんなものなのか、をまとめてみたいと思います。

現金書留とは、現金を送付する際に使用される郵便サービスで、現金を専用の封筒に入れて発送します。

このサービスは手紙やハガキと同様の郵便分類に属し、そのため配達時間も似ていますが、現金書留の場合は土日祝日にも配達が行われます。

専用の現金書留封筒は、のし袋に入った現金を収めるのに適したサイズで設計されており、信書などの文書と一緒に送ることも可能です。

現金書留の封筒は郵便局の窓口で購入することができます。

また、現金書留には損害賠償の保証がついており、紛失や盗難の際には補償されるため、安心して利用できます。

さらに、配達状況はインターネットや電話を通じて追跡番号で確認することが可能なので、送付された現金の届け先や進行状況をリアルタイムで把握することができます。

このような特徴により、現金書留は現金を安全かつ確実に送るための便利な方法として広く利用されています。

 

関連記事

郵便の簡易書留は土日でも配達している?届け日の変動は?

速達とレターパックの違いは?どっちが早い?到着までの日数や料金を分かりやすく解説!

まとめ

現金書留は土日祝でも配達されるのか、配達にかかる日数は?という点についてまとめてみました。

結論としては土日祝日にも配達されます。

午前中に差し出すと、大抵の場合、日本全国どこでも翌日には届くというのが一般的です。

午後に差し出した場合は、翌々日に配達されます。

普通郵便とは異なる早さで先方に届けてくれます。

また、現金書留に速達サービスオプションを付けた場合はさらに早く配達が可能となります。

大切な現金ですので、現金書留を利用して先方にスピーディに届けられるのはとても安心です。

追跡オプションを利用して配達されたかどうかも確認もできますので、さらに安心ですね。

コメント