メガネの曇り止め 代用品!自宅にあるもので簡単なのはコレ! - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

メガネの曇り止め 代用品!自宅にあるもので簡単なのはコレ!

雑学

メガネをしている時に暖かい場所に行ったり、ラーメンなどの温かいものを食べると気温と水蒸気の温度差でメガネが曇ってしまうのはよくあること。

 

ですが、どんな時もメガネの曇り止めを持っている…とは限りませんよね?

中には「自宅にある身近なもので代用したい!」と思っている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は自宅にあるもので、メガネの曇り止めに代用できるものをご紹介していきます

代用品を探している方必見です!

スポンサードリンク

メガネの曇り止めに代用できるもの3選

では早速、自宅にあるメガネの曇り止め代用品をご紹介していきましょう。

中性洗剤

056817

中性洗剤には「界面活性剤」が含まれていて、これがメガネの曇り止めに繋がります。

中性洗剤は自宅にある方も多いので、最もポピュラーな代用品だといえるでしょう。

 

[方法]

1.水でレンズを軽く洗い、埃を落とす

2.水を入れた容器(ボウルなど)に中性洗剤を2~3滴入れる

※熱いお湯を使うと、レンズやフレームに負担がかかるので、冷水でおこなうようにしてください。

3.メガネを容器の中に入れた後、メガネ拭きや柔らかいティッシュで優しく水を拭き取る

 

中性ハンドソープ

1456948

中性のハンドソープにも界面活性剤が含まれているので、メガネの曇り止め効果が期待できます。

もし自宅にあればぜひ曇り止めに代用してみましょう。

 

ハンドソープでよく見かける弱酸性タイプは、メガネコーティングが剥がれる恐れがあるので、ハンドソープで代用する場合は必ず中性かチェックするようにしてくださいね。

 

[方法]

1.ハンドソープを指に出し、そのままメガネのレンズを洗う

2.メガネ拭きで、レンズについたハンドソープを拭き取る

 

シャンプーやリンス

127055

毎日使うシャンプーやリンスも、皮脂汚れやスタイリング剤を落とすために界面活性剤が含まれているものが多く、メガネの曇り止めの代用品に適しています。

 

ですが、こちらもハンドソープと同様、弱酸性のタイプはメガネのコーディングを剥がしてしまう恐れがあるので、弱酸性ではないのを確認して使うようにしてくださいね。

 

[方法]

1.容器(ボウルなど)に水を溜めて、シャンプーとリンスを適量入れる

2.メガネを容器の中に入れ、その後はメガネ拭きで優しく水を拭き取る

スポンサードリンク

メガネの曇り止め効果はどのくらい続く?

22698107

 

メガネの曇り止め効果は、環境などによっても異なりますが、約1日持続するといわれています。

 

代用品を使用した場合も、持続時間は大体1日ほどとなるので、メガネの曇り止めをしたい方は1日ごとにおこなうのがおすすめです。

 

また、メガネはホコリや皮脂、汗、メイクなどで汚れやすいアイテム。

装着した後は専用のクリーナーで洗ったり、クリーナーがない方は10秒ほど水洗いをしてレンズを綺麗に保つようにしてくださいね。

 

代用品の使い過ぎには注意!

 

中性洗剤や中性ハンドソープ、シャンプー、リンスなどはメガネの曇り止めの代用品として活用できます。

ただ、使い過ぎるとレンズのコーティングが剥がれてしまったり、レンズやフレームそのものに傷がついてしまうこともありますので注意が必要です。

 

あくまで代用なので、市販の曇り止めを使ってレンズのお手入れをする事をオススメします。

 

たまに代用するのなら問題はないかと思いますが、習慣的にメガネの曇り止めをしたい方は、メガネ専門店で販売している曇り止めスプレーを使うようにしましょう。

 

[関連記事]

メガネの曇り止めはどこに売ってる?すぐ購入できる場所はココ!

 

まとめ

メガネの曇り止めには、中性洗剤や中性ハンドソープ、シャンプー、リンスで代用できます。

ですが、これらはあくまでも「代用品」

 

使用する頻度が多いと、メガネのレンズのフレームやコーティングが剥がれてしまう可能性があるので注意してくださいね。

 

頻繁に曇り止めをするという方は、メガネ専門店で販売している曇り止め用のスプレーを使用したり、元々曇り止め加工されているレンズを選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク

コメント