雨の日に洗車しても意味がない?メリット・デメリットを考えてみた | わくわく情報.com

雨の日に洗車しても意味がない?メリット・デメリットを考えてみた

洗車-1 雑学

マイカーを洗車する日は、多くの方が晴れた日を選ぶのではないでしょうか。

車も綺麗になり、気分も晴々しますよね。

しかし次の日に雨が降ると、洗車した意味ない!と感じてしまいます。

わざわざ雨の日に洗車する、という人は全体の割合から見ても少ないかもしれません。

しかし雨の日に洗車することが全く意味がないかというと、実はそうでもありません。

スポンサードリンク

雨の日に洗車しても意味がない?

雨の日の洗車は意味がないのでしょうか?

洗車に何を求めるのかによって変わってきますが、結論としては意味がないことはありません。

つまり、意味はあります。

単に汚れを落とすという場合なら、問題はないでしょう。

雨の日は汚れが浮きやすいので、塗装の隙間に入り込んだ汚れも晴れの日の洗車より落ちやすくなってきます。

ただ、意味があるとは言っても、人によってはデメリットに感じる場合もあります。

雨の日に洗車することのメリットとデメリットを挙げてみました。

雨の日に洗車するメリット

洗車-2

雨の日に洗車をすると、すでに雨に濡れているため汚れが落としやすくなるというメリットがあります。

日が当たらない分、車自体の温度が高くなく水垢が残りにくく、洗ったあとの拭き上げも不要です。

晴れている時よりも汚れが落ちやすい状態ではありますが、砂などが付着したままいきなり拭いてしまうと傷になるため、まずは水で洗い流すことを忘れてはいけません。

さらに雨の日には晴れの日と比べて空気中のゴミや砂があまり含まれていないという点も、洗車をする上でメリットになります。

洗車中に砂やゴミが付着しにくい環境ということです。

また洗車後に車体から水分を拭き取る必要がないため、洗車だけで作業が完了できるのもメリットと言えます。

晴れの日に洗車した場合、最後にしっかりと水分を拭き取らないと雨染みと呼ばれるシミができてしまうため注意が必要です。

洗い流す時に水道水を使用するかと思いますが、この水道水を使用することでカルキシミの原因になることもあり、拭き取り忘れのないよう隅々まで拭き取る必要があります。

スポンサードリンク

雨の日に洗車するデメリット

デメリットとしては、ワックスをかけることができない点が挙げられます。

なので、ワックスを塗って仕上げる人には不向きと言えます。

洗車ワックス

洗車そのものは可能ですが、ワックスも掛けたいと思っている場合には雨の日を避ける必要があります。

また雨の中で洗車をするという作業そのものが晴れの日と比べて面倒になる場合もあります。

傘を使っていては片手が埋まったままになり、雨合羽を使ってもどうしても濡れてしまうこともあるでしょう。

ただ、デメリットらしい点はこれくらいです。

雨の中で作業することが苦にならない、またワックスをかける予定ではない場合は、雨の日に洗車すると最後の拭き取りの作業が必要ありません。

ちなみに、ワックス作業は曇りの日がおすすめです。

晴天だと車のボディが熱くなって、ワックスがすぐに乾き、焼き付いてしまうからです。

晴れの日にする場合は、できるだけ日陰を選び、直射日光を避けることが大切です。

まとめ

愛車をピカピカに洗車したい場合には、晴れの日と雨の日で作業内容が変わることを紹介しました。

晴れの日は雨よりも作業しやすく、ワックスをかけることもできます。

ただし最後の拭き取りの作業をしないと雨染みができてしまうため、しっかりと拭き取る必要があります。

対する雨の日には、雨の中の作業はしにくいのですが、最後の拭き取る作業が全く必要なく、最初から汚れが浮いている状態になっているため汚れを落としやすいというメリットがあります。

ワックスをかけたいかどうか、といったポイントごとに判断して洗車する時の天気を選んでみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

コメント