潮干狩りで採れる貝には食べられない貝がある?見分け方は? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

潮干狩りで採れる貝には食べられない貝がある?見分け方は?

おでかけ

 

潮干狩りに行こうと思った時、食べられる貝と食べられない貝の特徴や見分け方が気になりますよね?

 

日本で潮干狩りができる場所はきちんと管理されているため、基本的にどの貝も食べることができますが、万が一違う貝が採れてしまう可能性もあるため注意が必要です。

 

そこで今回は潮干狩りで食べられない貝についてご紹介していきたいと思います。

また、貝の種類だけではなく「状態」によっては食べられないこともあるので、その点も詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

潮干狩りで食べられない貝は?

3354126_s

 

それでは早速、潮干狩りで食べられない貝をご紹介していきます。

 

イモガイ

イモガイは暖かい海に生息する貝。

銛に神経毒があるため注意が必要です。

 

細長い円錐型で、「葉巻貝」「タバコガイ」とも呼ばれています。

沖縄で食べられることが多いマガキガイと似ていますが、殻の端が水平になっている場合はイモガイとなります。

 

ほととぎす貝

あらゆる貝の中でかなり小さいのが特徴。

 

貝殻の模様がほととぎすの胸の模様に似ているので、模様を見れば食べられない貝かどうか判別しやすいです。

 

アンボイナガイ

伊豆半島や紀伊半島から南に生息しているイモガイの仲間の貝。

 

 

13㎝ほど大きいのが特徴で、口の中に猛毒を持つ毒針を隠しています。

毒性が強く、刺されて重傷、死傷した人が少なからずいます。

潮干狩り中に刺された例もあるので注意しましょう。

 

ご注意!こんな貝も「食べられない貝」

 

潮干狩りで食べられる貝は基本的にすべて食べられるので特に心配はいりません。

ただ、中には死んでいる貝が採れることもあるので、この点は注意。

採った時は生きていたとしても、持ち帰った時に死んでしまうこともあります。

 

死んだ貝は、しばらくすると腐敗臭がしてくることも。

砂抜き中に口を開けて管を出すこともなく、加熱した後も口が開きません。

 

まとめると、

 

  • 腐敗臭がする
  • 砂抜き中に管を出さない
  • 加熱しても口が開かない

 

この3点のどれかに当てはまる場合は腐っている可能性が高いです。

この場合、決して食べずにすぐに破棄しましょう。

 

腐った貝を食べると、腹痛や下痢、吐き気、嘔吐、食中毒などが起こる恐れがあるので注意してくださいね。

 
また、貝で特に気をつけたいのが「貝毒」です。

知らずに食べて食中毒になってしまうと、時には命に関わる恐れもあります。

 

潮干狩りに行く際には自治体や漁協などに確認しておくと安全で安心です。

海域の有毒微細藻類や貝毒の発生状況は「各都道府県のHP」で確認することができます。

 

潮干狩りを楽しんだ後は、採った貝を美味しく食べたいですよね。

そのためには貝の安全性にも気を配りましょう。

 

スポンサードリンク

潮干狩りで食べられる貝は?

3783914_s

 

ここまで潮干狩りで食べられない貝を紹介してきましたが、一体どのような貝なら食べられるのでしょうか?

 

潮干狩りで採れる貝は基本的に食べられますが、ここでも改めてご紹介していきます。

 

  • アサリ
  • ハマグリ
  • しじみ
  • カガミガイ
  • マテガイ
  • ツメタガイ
  • ホンビノスガイ
  • シオフキ
  • バカガイ
  • イボニシ

 

潮干狩りで食べられる貝といえば、アサリやハマグリなどが有名ですが、実はこれほど多くの貝を食べることができます。

 

大人気のアサリは、波打ち際に多く生息しています。

もし潮干狩りにいくなら、ぜひ波打ち際を中心に掘ってみてくださいね。

 

潮干狩りに行く際は、新鮮な貝類を保管できるクーラーボックスの持参も忘れずに。

2~3時間ほど砂出しをすると、おいしく調理できますよ。

 

貝類はバター焼きやお吸い物、煮付け、佃煮、シチュー、カレー、パスタの具材など、あらゆる料理に使うことができます。

 

3~6月は潮干狩りにピッタリな季節なので、興味がある方はぜひこの機会に潮干狩りに繰り出してみてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事
潮干狩り 2023 関西で無料の穴場スポットおすすめ8撰~場所や時期・アクセスなど
子供連れで行く潮干狩り 必要な道具と服装 あれば便利なもの

まとめ

子どもから大人まで楽しめる潮干狩りでは、基本的にすべての貝を食べることができます。

ですが、稀に食べられない貝が含まれていることも。

 

また、腐った貝を食べると腹痛や吐き気を起こすことがあるので注意が必要です。

 

これから潮干狩りに行く方は、ご紹介した食べられない貝の種類と見分け方を参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント