箕面公園 紅葉2022の見頃やライトアップはいつ?見どころ・アクセス・駐車場情報など - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

箕面公園 紅葉2022の見頃やライトアップはいつ?見どころ・アクセス・駐車場情報など

おでかけ

滝と紅葉の名所として知られる箕面公園は、明治の森箕面国定公園の一角に位置しています。

紅葉だけでなく、春の新緑、夏の納涼、ライトアップなど、四季を通しての楽しみ方があり、一年を通して多くの人々が訪れます。

大阪の中心からほど近い場所にあるにも関わらず、とても自然豊かで癒される場所です。

 

ココでは箕面公園の紅葉の見頃、ライトアップや見どころ、アクセス、駐車場情報などをまとめています。

スポンサードリンク

箕面公園 紅葉 2022の見頃はいつ?

22412723_s

 

【箕面公園・例年の見頃】
・11月中旬〜12月上旬

 

箕面公園の紅葉は例年、11月中旬から12月上旬にかけて見頃を迎えます。

縦に長い渓谷の公園のため、シーズン初期、中頃、終盤と、それぞれ見頃のポイントが変わっていきます。

また、滝の周辺は例年、11月下旬から12月初旬にかけて見頃となります。

 

『お天気ナビゲーター』公式HPによると、2022年の見頃予想期間は11/21~12/3。紅葉のピーク予想日は11/26となっています。※2022/10/3現在

 

お天気ナビゲーター・紅葉状況

 

箕面公園の紅葉状況は?

 

 

上記のそれぞれの公式アカウントでシーズン中、箕面公園の紅葉状況が配信されています。

 

 

スポンサードリンク

箕面公園ってどんなところ?見どころは?

 

箕面公園は関西を代表する紅葉の名所で、大阪の梅田から阪急電車で30分ほどで行けるアクセスの良いところに位置しています。

秋には箕面駅の公園入り口から大滝までの渓流沿いの道はハイキングコースとして家族連れなどで1年中賑わいをみせています。

有名スポットでもあるダイナミックな「箕面大滝」には多くの人が集まり、人気の撮影スポットになっています。

 

阪急箕面駅から箕面大滝までの滝道にある勝尾寺や西江寺の紅葉も必見。

駅から土産店の間を歩いて行くと、箕面の滝へ向かう道へ着きます。

滝道沿いには箕面公園の名物「もみじの天ぷら」の売店などで寄り道しつつ、のんびりと散策が楽しめます。

 

滝までの道はきれいに舗装されて歩きやすく、軽めのスニーカーでも大丈夫。 

途中にはベンチや休憩所があるので、疲れたらひと息つきましょう。

所々休憩しながらでも、片道1時間かからないくらいではないでしょうか。

トイレは道中に数ヵ所ありますし、道案内の看板も出ているので安心です。

 

撮影スポットもたくさんある箕面公園、春は新緑、秋は紅葉と四季折々の雰囲気を感じる事ができるステキなところです。

 

箕面大滝について

1895380_s

 

箕面公園は紅葉の名所としても有名ですが、中でも箕面大滝が有名スポットです。

落差33mで『日本の滝百選』にも選ばれています。

一気に滝が流れ落ちる様子はダイナミックで圧巻。

箕面大滝の周辺では秋になると、真紅に燃える紅葉と壮厳な滝との組み合わせは絶景です。

紅葉越しに広がるこの絶景を見るなら、紅葉が色付くシーズン中盤以降がおすすめ。

 

スポンサードリンク

箕面公園 紅葉 2022のライトアップの時期はいつ?

 

箕面公園紅葉のライトアップは開催予定ですが、詳細は未発表です。

詳細が分かり次第、更新していきます。

 

⏩ ちなみに2021年は10月16日(土)~12月5日(日)、箕面大滝は11月14日(日)まででした。

 

 

箕面公園紅葉のライトアップの期間と時間は下記のとおりとなります。

箕尾公園 紅葉2022のライトアップ開催期間と時間

 

★箕面公園ライトアップ

日時11月12日(土)~12月4日(日)/ 日没~21:30
場所千本園路、大門橋付近、瀧安寺(観音堂、鳳凰閣、瑞雲橋)、梅屋敷、西江寺など

 

★箕面大滝ライトアップ

日時11月12日(土)~12月4日(日)/ 日没~21:30
場所箕面大滝
主催箕面公園管理事務所

 

過去の紅葉&ライトアップの様子

 

 

 

 

 

箕面公園のアクセス

 

紅葉の名所箕面公園の中心となるスポットが『箕面大滝』です。

阪急「箕面駅」から徒歩5分に公園入口があり、箕面大滝までは滝道を歩いて徒歩約40~50分です。

 

駅からの滝道は、舗装されていて段差もないので歩きやすいと思いますが、途中一ヶ所急坂がありますので注意して下さい。

また、滝上の府道からの道(千本園路)は急な坂になっているので、車椅子は危険です。

 

電車のアクセス

 

  • 阪急電鉄「箕面駅」下車、箕面公園入口まで徒歩5分

 

阪急梅田駅からだと、宝塚線で石橋駅まで行き、石橋駅から箕面線に乗り換えて、終着の箕面駅で降ります。※乗車時間は約22分

 

車のアクセス

 

  • 中国道・名神高速吹田ICより約30分
  • 新名神高速道路・箕面とどろみICから約20分

※例年、シーズン中は交通規制があるのでご注意下さい。

 

市立箕面駅前駐車場または周辺駐車場に駐車し、箕面駅前から続く滝道を歩いて行きます。

 

箕面公園内に駐車場はある?

 

箕面公園に専用駐車場はありません。

また、公園内の滝道は許可車両以外の一般車両(バイク・自転車含む)の乗り入れはできません。

阪急箕面駅周辺にある市営駐車場やコインパーキング等を利用し、駐車場から現地まで徒歩で行きましょう。(約40分)

 

「箕面駅前第1駐車場」に285台、「第2駐車場」に281台の駐車スペースがありますが、紅葉シーズンは早い時間帯から満車となりますので、できるだけ電車やバスなどの公共交通機関を利用することをおすすめします。

 

市営駐車場の料金と収容台数

 

市営各駐車場の料金などは下記となります。
市営なので料金もリーズナブルです。

 

市立箕面駅前第1駐車場

住所:大阪府箕面市箕面6-4-10

営業日毎日
営業時間年中無休24時間
収容台数285台

 

第1駐車場
種類利用料金
普通車
8時00分~20時00分30分100円
20時00分~8時00分60分100円
時間内最大料金(8時00分~20時00分)1,200円
夜間最大料金(20時00分~8時00分)400円
自動二輪車0時00分~24時00分1日300円

 

【箕面駅前第1駐車場】

 

市立箕面駅前第2駐車場

住所: 大阪府箕面市箕面5-12-67
営業日毎日
営業時間年中無休24時間
収容台数281台

 

第2駐車場
種類利用料金
普通車
8時00分~20時00分30分100円
20時00分~8時00分60分100円
時間内最大料金(8時00分~20時00分)1,000円
夜間最大料金(20時00分~8時00分)300円

 

【箕面駅前第2駐車場】

箕面大滝大日駐車場

 

府道43号線沿いにある駐車場です。

収納台数も少なく、通年、平日はほぼ満車状態で、土日は駐車場の入場待ちで大渋滞します。

料金もやや高く、滝まで30分以上かかるので結構疲れるかも知れません。

 

できるだけ公共交通機関を利用して滝道を歩いて現地まで行かれるのがおすすめです。

 

尚、大日駐車場の料金などの詳細についてはコチラをご確認下さい。

箕面大滝大日駐車場

 

 

住所:〒562-0001 大阪府箕面市箕面 1656

営業日毎日
営業時間年中無休24時間
収容台数79台

 

【大日駐車場】

 

箕面公園周辺の他の有料駐車場情報

 

箕面公園まで車で行かれる場合は、駅周辺の有料駐車場(箕面駅前第1・第2駐車場)を利用するのが便利ですが、シーズン中の休日などはどこも満車になる可能性が高いです。

特に週末は大変混みますのでご注意ください。

 

『MapFan』で箕面駅周辺の有料駐車場が検索できます。

阪急箕面駅周辺駐車場~MapFan

 

 箕面公園の基本情報

住所 大阪府箕面市箕面1-18
時間
電話番号 072-721-3014
ライトアップ 未発表
定休日 なし
入園料 なし
アクセス電車/阪急電鉄「箕面駅」下車、箕面公園入口まで徒歩5分

車/中国道・名神高速吹田ICより20分

駐車場 園内はなし。
公式HP箕面公園公式HP

関連記事

ほしだ園地 星のブランコ 紅葉 2022の見ごろは?アクセスや駐車場、口コミなども!

大阪城公園 紅葉 2022の見頃とライトアップは?おすすめルートや絶景ポイント・駐車場情報など

まとめ

四季折々の雰囲気をまったり味わえる、箕面公園。

公園までの道中、スポットはもちろんですが、箕面駅前にもお洒落なカフェなどのお店がたくさんあるので、帰りは駅前散策もいいですね。

阪急箕面駅から川沿いの道を歩くのはとても気持ちが良いです。

やはりシーズン中は周辺道路や駐車場も大変混雑するので、電車で出かけるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました