母の日のプレゼントにおすすめ!プリザーブドフラワー

1e634ca6d9446372e014ad893e14adf1_s

母の日のプレゼントにお花を贈る方も多いと思います。
定番としてカーネーションや観葉植物などがありますが、最近ではプリザーブドフラワーの人気が高まっています。
プリザーブドフラワーはお手入れも楽で長持ちします。

でも、そもそもプリザーブドフラワーって何?
という方もいらっしゃるかも知れません。
ココではプリザーブドフラワーとは何か、また、プレゼントにおすすめな理由とお手入れ方法などをあげています。

スポンサードリンク

プリザーブドフラワーってどういうもの?

プリザーブドフラワーとは、生花に特殊な溶液を含ませて乾燥させたものです。
特殊な溶液を含ませることによって、瑞々しくいつまでも変わらない生花と同じような外観をいつまでも保つことができます。
手入れが不要のため、枯れないお花とも呼ばれています。

造花ともドライフラワーとも違う、まったく新しい種類の花としてプリザーブドフラワーが注目を集めています。

では、ドライフラワーとの違いは何なのでしょうか?
ドライフラワーとは自然素材の花や葉、果実等をそのまま乾燥させたもの。
プリザーブドフラワーとは、ソフトな質感と瑞々しさを保つよう着色・保存加工されたものです。

ドライフラワーとは異なり、鮮やかな色や柔らかい感触などを長期間保つことができるのがプリザーブドフラワーです。

「プリザーブド」とは保存するという意味で、プリザーブドフラワーを直訳すると「長持ちするよう加工された花」となります。

保存する環境にもよりますが、1~2年ほどは生花の風合いを保ち、鑑賞を楽しむことができるといわれています。

プリザーブドフラワーの良い点は長期保存ができるということだけではありません。
生花の持つ水分を吸い上げる力を利用して色づけしているため、自然界には存在しない色彩を、自然な風合いで楽しむことができます。
また、花だけでなくそれに添えられるグリーン類も、プリザーブド加工された多くの種類のものがあります。

販売されている商品としても様々なものがあり、贈り物やウェディングブーケなどに最適なものとなります。

c1c054b034fa7cc5f35254fa8e57cddb_s

プリザーブドフラワーの花の種類としては、カーネーション、アジサイ、ひまわり、チューリップ、桜など様々なものがあります。
特に種類としては、バラが多く、理由としては、プリザーブドフラワーとして加工がしやすいのと、他の花に比べて生産量が安定している、ほとんどの方が知っているためとなります。

赤やピンク、紫など生花さながらの色から、自然にはない青、水色などカラーバリエーションも豊富なのも特徴です。

プリザーブドフラワーは購入するだけでなく、自分で作ることもできるので、ハンドメイドとして始める方も多く、インターネットで自分のショップを開いて販売しているという方も多いです。

プリザーブドフラワーがおすすめな理由

母の日や誕生日などの贈り物として、観葉植物をプレゼントする方も多いですが、観葉植物よりもプリザーブドフラワーのほうがおすすめな理由はたくさんあります。

贈り物などに最適な理由としては、観葉植物と違い、お水をあげなくても枯れないという点です。

観葉植物の場合は、定期的に水や肥料を与えなければならず、水や肥料をきちんと与えていたとしても、乾燥や湿気で枯れてしまうという場合も多いです。
プリザーブドフラワーは水を与えなくても5年程度は美しさを保ち、長いと7年8年くらいは持つと言われています。
プリザーブドフラワーの種類によっても異なってきますが、湿度の低い地域ですと10年ほどは綺麗な外観を保つようです。
水分吸収を考えなくてもいいので自由なアレンジもできます。

また、さまざまな色づけが可能なので、青いバラなども簡単に造ることができてしまいます。

45e67a0dde5ea8c7261f379c26a9023b_s

価格の相場としては、低価格なものから高額なものまで幅が広いですが、3千円から5千円の価格帯が多いです。
価格を抑えたいという方は、自分で作ることができる手作りキットも販売されているため、キットを購入して楽しみながら費用を浮かせるという方法もあります。

プリザーブドフラワーは特殊加工を施しているため、どうしても生花に比べて値段が高くなってしまいます。
でも、生花よりはるかに長持ちするので、コストパフォーマンスは決して悪くないといえるでしょう。

また、花粉アレルギーの心配がないので、病院での見舞い花としても利用できますね。

プリザーブドフラワーがおすすめな理由
1.長期保存が可能
2.水を与えなくても枯れない
3.色々なアレンジを楽しめる
4.色が豊富にある
5.生花よりも軽い
スポンサードリンク

プリザーブドフラワーのお手入れ方法

お水を与えなくても枯れないお花とされていますが、保存状態に気を付けることによってプリザーブドフラワーの外観を長く保つことができます。
インテリアとして置く方が多いですが、置く際には、湿気と温度に気を付ける必要があります。

湿気が多い場所ですと、プリザーブドフラワーから着色料が染み出てきたり、ヒビが入ってしまうこともあります。
最適な湿度としては、30%から50%となり、風通しの良いところに置いたほうが良いでしょう。
温度としては、直射日光を避けるようにします。
直射日光が当たってしまうと高温になり、美しい外観が保てなくなる原因となってしまいます。

温度としては、18度から22度が良いと言われています。
湿度が保つことが難しいという方は、市販で販売されている乾燥材などを使用することで湿度を低く保つことができます。

ホコリがたまってしまったら、柔らかい素材のもの(チークブラシなど)でホコリを除去するようにします。
生花と同様に傷みやすいものとなるので、清掃する際には取り扱いには十分に注意する必要があります。

プリザーブドフラワーのお手入れで注意する点
1.湿気と温度に気をつける※水やりは不要
2.破損しやすいので清掃に気をつける
3.色移りしやすので衣服などを擦らないよう気をつける

まとめ

プリザーブドフラワーは、生花とほとんど変わらぬ美しさを長期間にわたって保つことができるのが魅力です。
母の日はもちろん、誕生日や結婚記念日などの特別な記念日の贈り物にきっと喜ばれるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。