「笑」と「w」の違いは?それぞれの印象や特徴まとめ - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

「笑」と「w」の違いは?それぞれの印象や特徴まとめ

雑学

LINEやSNSなど、ネットでのやり取りが以前よりも盛んに行われるようになった昨今。

文章の中や最後に「笑」や「w」をつける方も多いのではないでしょうか?

ですが、この2つ、似ているようで受け取る印象が違うともいわれています。

今回は、「笑」と「w」の特徴やそれぞれの印象の違いをご紹介していきます。

スポンサードリンク

「笑」と「w」を使うシーン

2191322

「笑」と「w」は、それぞれ文中での「笑い」を伝えたくて入れることが多いです。

本人がクスっと思える時や相手にちょっと笑って欲しい時、冗談を言い合っている時などに使われます。

「笑」と「w」の読み方は両方とも「わら」で、両方使うというよりもどちらかひとつの表現を使う方が多いです。

「笑」と「w」の印象は?

同じ「笑い」という意味ですが、実際に使われた方の印象はそれぞれ違います。

どのような印象なのか、早速見ていきましょう。

「笑」の印象

笑い

「w」とは違い、品のある印象。

優しく、微笑みかけている。

同世代の人同士にはもちろん、目上の人や初対面の人に対して使っても違和感がない。

 

「w」の印象

749579

「笑」とは違い、よりふざけている印象。

人によっては馬鹿にされているように感じることも。

目上の人よりも仲の良い友人同士で使われることが多い。

 

同じ「笑い」を意味する表現でも、それぞれの印象はこのような違いがあるようです。

基本的には「笑」は同世代の友人同士や目上の人に使われてもあまり違和感がありません。

 

お店などを経営されている方は、自分の店舗のSNSページでちょっと使うことも。

このように「笑」は、オフィシャルな宣伝などでも使われることが多いことから、使い勝手が良く柔らかい印象を与えていることが分かります。

 

一方、「w」は「笑」とは違ってよりふざけている、子どもっぽいというイメージが強いようです。

目上の人に対して使う「w」はふざけている印象が強く、人によっては失礼に感じることもあります。

もし、こちらの表現を使うことが多いなら「笑」にした方が、文章全体が柔らかくなるかもしれません。

スポンサードリンク

好印象を与えるのは「笑」

男女ともに、「笑」と「w」では「笑」の方が良い印象を与えるようです。

「w」はふざけすぎている印象だけではなく、「オタクっぽさ」を感じる人も。

2ちゃんねるなどでよく多用されているので、よりこのような印象になるのかもしれませんね。

 

好意を持っている異性やお世話になっている人とのメールやLINEのやり取りは、やはり「笑」を使った方が温かく受け取られる可能性が高いでしょう。

ネットゲームなどをする方は「w」の方が良いことも

5072464_s

「笑」とは違い、ふざけた印象になりやすい「w」ですが、オンラインのパソコンゲームなどでコメントをしながらゲームを楽しむような場合は、使用することで逆に場が盛り上がったり、楽しくコミュニケーションを取れることもあります。

日頃からネット上のやり取りが多くて、周りも「w」を多用しているなら、自分も合わせて使うことでより盛り上がることもあるので、臨機応変に活用していきましょう。

まとめ

「笑」と「w」は同じ「笑う」という意味合いの表現ですが、それぞれ受け取る側の印象に違いがあります。

仲が良い友達同士なら「w」を使っても楽しくコミュニケーションが取れると思いますが、目上の人とのやり取りで使うと失礼に感じる人もいるので注意しましょう。

どのような世代や関係でも、良い印象を与えられるのは「笑」の方なので、「文章のやり取りを少し和やかにしたい」という時にぜひ使ってみてください。

どちらも使い方次第で相手に好印象を与えられる表現なので、それぞれの特徴を掴んで活用していきましょう!

スポンサードリンク

コメント