寝る前のゆで卵は太る?太らない?美味しいゆで卵の作り方と保存方法 - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

寝る前のゆで卵は太る?太らない?美味しいゆで卵の作り方と保存方法

美容と健康

体に良いと言われているゆで卵。

栄養価も高い万能食材ですが、寝る前に食べると太ってしまうのでしょうか?

実はゆで卵はダイエットに最適な食材ともいわれているのです。

今回は、寝る前に食べるゆで卵の嬉しいメリットやダイエット効果、美味しいゆで卵の作り方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

寝る前のゆで卵は太る?太らない?

4747444_s

まずは気になる結論からお伝えします。

ダイエット中などは特に、夜寝る前に何かを食べると太ってしまうような印象がありますよね?

ですが、ゆで卵は糖質が低いので、夜寝る前に食べても太るということはありません。

 

もちろん、必要以上に食べ過ぎたり、マヨネーズなどをたくさんつけて食べると太ってしまうこともあります。

でも、ゆで卵Ⅰ個のカロリーは80キロカロリーほどで消化されやすいので、寝る前に食べてもダイエットにはあまり支障はないのです。

 

また、ゆで卵は1個当たり約7.5gタンパク質が含まれています。

タンパク質は体の基礎代謝をサポートしてくれる重要な栄養素!しっかり摂ることで逆にダイエット効果を得ることもできるのです。

 

卵は様々なレシピはしやすい食材。

オムレツやスクランブルエッグなどレシピはたくさんありますが、ゆで卵はその中でも腹持ちが良く、1個食べただけでも満腹感が得られます。

卵ならそれほど価格も高くないですし、栄養面でもメリットが多いので、家にストックしておくと、夜寝る前に空腹時にもパッと食べられますよ♪

 

また、ダイエット中の方は、筋トレの後にゆで卵を食べるのもおすすめ!

ゆで卵はタンパク質が豊富なので、筋肉をつくり、痩せやすく太りにくい体へと近づけます。

美味しいゆで卵の作り方

ここからは、美味しいゆで卵の作り方についてご紹介していきます。

夜寝る前、空腹になることが多いという方は、ぜひこちらの作り方を参考にしながらゆで卵を作ってみてくださいね。

 

~ゆで卵の作り方~

①卵が被るくらいの量の水を鍋に入れる

②そっと卵を鍋に入れる

③中火で12分卵をゆでる

※時々、卵をかき回すようにすると黄身が綺麗に真ん中になります。

④12分経ったら冷水につける

⑤卵が冷えたら、殻を剥いて完成

 

12分ほどでしっかりめのゆで卵ができます。

半熟が好きな方はゆで時間を10分前後にするのがおすすめです。

スポンサードリンク

ゆで卵の保存期間はどれくらい?

22069679_s

ゆで卵を夜寝る前に食べたい!と思っても、正直毎回ゆでるのってちょっと面倒ですよね?

そんな方はあらかじめ多めにゆで卵を作って、保存するのがおすすめ♪

 

ゆで卵を保存する場合は、殻を剥かずに殻付きの状態で冷蔵庫保存しましょう。

保存期間は3~4日が目安。

また、数日間冷蔵保存する場合は、半熟ではなくしっかりめのゆで卵を作るのがおすすめです。

 

「毎回同じ味わいのゆで卵は、ちょっと飽きちゃうな」

このような方は、味付けをして保存してみてください。

 

醤油、酒、砂糖を2:1:1の割合で混ぜ、一度火にかけます。

沸騰させてアルコールを飛ばしたらつけ汁の完成です。

ジップロックなどの袋に殻を剥いたゆで卵と一緒に入れて、漬け込み「煮卵風」にしましょう。

 

この状態のゆで卵は4日間ほど冷蔵保存できますし、味も染み込んでとっても美味しいです!

夜寝る前に食べるのも良いですし、毎食のひと品にしたりお弁当に入れるのもおすすめです。

ぜひ、色々試してみてくださいね。

まとめ

寝る前に何か食べると「太る」と思われがちですが、ゆで卵は低カロリーで糖質も少ないのでダイエット中の方には特におすすめの食材!

お腹が空いた時は夜食や寝る前に食べるのも良いですが、食べ過ぎやマヨネーズなどの調味料のつけ過ぎに注意してくださいね。

ゆで卵をその都度ゆでるのが面倒という方は、作り置きして食べるのがベスト!

ご紹介した内容を参考に、美味しいゆで卵を作ってみてください。

スポンサードリンク

コメント