失恋の虚無感を解消する方法とは?心を軽くさせる5つの方法 - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

失恋の虚無感を解消する方法とは?心を軽くさせる5つの方法

恋愛

失恋によって虚無感を感じるようになり、全てが空しく思えたり、何事にも意味や価値を見出せない時期ってありませんか?

今回は、失恋の虚無感を減らす方法をご紹介します。

スポンサードリンク

失恋の虚無感を減らすための5つの方法

無気力

失恋の虚無感を減らすためには、少しだけ行動や考え方を変える必要があります。

もし同じ状況や同じ思考が続いていると、何も変えられない可能性がありますよね。

今回は失恋の虚無感を減らすコツについて解説したいと思います。

虚無感が消えるまでSNSを見ない

まず、虚無感が消えるまでSNSを出来る限り見ないようにしましょう。

理由は、SNSを見ると元恋人の情報が目に付くことや、楽しそうな人達と自分を比較する機会が増えてしまうからです。

また、自分の心に寄り添ってくれるツイートを探してしまい、何時間も「赤の他人の言葉」に振り回されてしまう可能性があります。

失恋によって自分の意思や信念が揺らいでいる虚無感の状態だと、SNSの情報1つで悪い方向に感情が動いてしまうこともあるため、少しの間SNSとは距離を置くと良いかもしれません。

友人に元恋人の情報を聞かないようにする

3781980_s
失恋で虚無感を抱いている時は、友人に元恋人の情報を聞かないようにしたほうが良いでしょう。

実際、失恋後に元恋人の情報を探りたい気持ちは分かりますが「探る」という目的の「依存」ではないでしょうか。

また、本人としては「ちょっと興味があるだけ」で元恋人のことを知りたいのかもしれませんが、第三者から見ると「まだ未練があるの?」「依存しているの?」と思われることがあります。

そのため、友人が元恋人の情報を口に出す場面があっても、自分から率先して聞かないようにしましょう。

段々と元恋人への関心が薄れることで、虚無感が減るはずです。

スポンサードリンク

元恋人に「憎しみ」ではなく「感謝」の気持ちを持つ

失恋の虚無感は、元恋人に憎しみではなく感謝の気持ちを持つことで減らせるはずです。

なぜなら「憎しみ」と「感謝」の感情のうち、憎しみのほうが圧倒的に心から消しにくく、強く悪い感情ほど自分が長く捕らわれる場合があるからです。

例えば「変わった人生経験を与えてくれてありがとう」や「交際中は優しくしてくれてありがとう」等の感情の変化でも良いでしょう。

感謝の気持ちを持つことで、後々になって振り返った時に輝かしい思い出と思えるかもしれません。

また、さほど大事な人でない場合は、何年か先で人生を振り返った時に忘れている存在となるでしょう。

よって、失恋の虚無感を減らすためには些細なことでも良いから元恋人に感謝の気持ちを持つ姿勢が必要です。

「元恋人とやり直す」という気持ちを捨てる

4176404_s

失恋の虚無感を拭おうとして「元恋人とやり直す」という気持ちを持たないようにしましょう。

なぜなら「相手とやり直したい」といった感情は無限ループになるからです。

自分の願いが叶わない限り、常に相手を追いかけ続ける虚無感に囚われていきますよね。

また、もし相手にとって自分が本当に大切な人なら、関係性が変わっても自分の傍で気持ちに寄り添ってくれるはずです。

ではなぜ、現在の自分は虚無感を感じているのかと考えると「相手が自分に寄り添ってくれているのに気づいていない」「相手は他の人を選んだ」といった可能性があります。

上記の場合は「やり直す」という考え方が難しいのではないでしょうか。

理由は、人とはすぐに変われるものではなく、長い時間をかけて徐々に変わっていくものだからです。

そのため、現在の虚無感を減らすために一度「相手とやり直すという考え方」を捨ててみたほうが良いかもしれません。

元恋人の「代用品」を探す行為をやめる

失恋の虚無感を軽減するためには、元恋人の「代用品」を探す行為をやめてみましょう。

例えば、自分の虚無感を埋めるために好きでもない人と交際することや、目に付いた適当な異性に甘えてみる行為は避けたほうが良いかもしれません。

理由は、もし「代用品」である好きでもない人と性行為をしたところで、お互いの心が傷つくからです。

自ら心の傷を深める行動をして、さらに虚しさを増幅させても良いことはありません。

そのため、虚無感を減らしたくても代用品を探す行為は避けることをお勧めします。

まとめ

失恋の虚無感を解消するコツについてご紹介しました。

失恋の虚無感は一瞬で消えるわけではなく、しばらく残ることもあるでしょう。

しかし、虚無感を乗り越えることで新しい光が見つけられるはずです。

俯き続けるよりも、前を向いてみましょう。

スポンサードリンク

コメント