「今日何してた?」と聞く彼女彼氏の心理は?どう答えると安心してくれる? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

「今日何してた?」と聞く彼女彼氏の心理は?どう答えると安心してくれる?

恋愛

「今日何してた?」と聞かれて、「え?もしかして何か疑ってる?」と感じたことはありませんか。

これは恋人からの質問だったり、最近仲良くなり始めたばかりの異性からのものだったりする場合も。

そんな「今日何してたの?」という言葉の裏にはどんな感情が隠されているのでしょうか?

この記事では、そんなシンプルな質問がどんな心理から来るものなのかを掘り下げてみました。

なんでこんなことを聞くのかな?と興味を持ってみると、その人との距離感が見えてくるかもしれません。

スポンサードリンク

「今日何してた?」と聞く彼女彼氏の心理は?

では、今日何してた?と聞く時の心理を見ていきましょう。

 

会えなくて寂しいから

会えない日は相手がどこで何をしているのか、気になったりすることもありますよね。

本当は二人で楽しい時間を過ごす予定だったものが、何かしらの理由でダメになることもあります。

そういう時、本当は「今日、会えなくて寂しい」と心から伝えたくなるもの。

だけど、会えなかったのが自分の都合だった場合、その思いを相手に伝えるのはなかなか勇気のいることかもしれません。

たとえ相手の都合で会えなかったとしても、相手を気分を害させずに「寂しかったよ」と伝えたいんです。

でも、その言葉が相手にとって重荷にならないか考えてしまって、なかなか口に出せないかも。

 

相手から「今日は寂しかった?」って聞かれた時、ちょっと自分が弱いみたいで悔しい気もするけど、本当は相手から「寂しかったね」と言われたいと思ったりします。

 

相手がどんな日を過ごしたか知りたいのは、本当にその人のことを大切に思ってるから。

特に一緒に過ごすはずだった日なら、もっとその人のことを理解したくなるものですよね。

相手が自分とは別の時間をどう過ごしたかを聞くことで、距離があっても二人の心がしっかり繋がっていると感じることができます。

それが、離れていてもお互いをもっと近くに感じさせてくれるんですね。

 

二人の関係を再確認したいから

 

彼氏や彼女と過ごせない日があると、その日に相手が何をして過ごしたのか知りたくなるものです。

これはただの好奇心じゃなくて、二人の間にある深い絆や親密さを再確認したいから。

特に「今日は何をしてたの?」と尋ねた時、相手がその質問を避けたり、明確な答えを避けると、どうしても二人の間に距離を感じてしまいますよね。

反対に、相手が「今日はちょっと買い物に行ってきたよ」「ジムで汗を流してきたんだ」といったように、自分の一日の出来事をオープンに話してくれる時、それはとても心強く感じます。

そんな時、二人の関係はしっかりしているんだと実感するんです。

 

親しい関係だと、相手からの質問に対して何も隠すことなく答えてくれることを期待しますよね。

それが「別に」「なんで教えなきゃいけないの?」というような反応をされると、心がすごく痛む。

それで、「何か隠してるの?」と疑問に思ってしまい、不安や寂しさが募ってしまうんです。

 

会えない日があっても、相手と心が繋がっていることを感じたいんです。

それができるかどうかは、相手がどんな些細なことでも共有してくれるかにかかっています。

そういう共有があると、離れていても二人の心が一緒にいるような安心感が得られるんですね。

 

会話のきっかけが欲しいから

連絡を取りたいけど、話題が見つからないと「今日何していたの?」と聞くことってありますよね。

この質問は、相手の返答をきっかけにして、会話を広げることができるかもしれません。

話題がパッと浮かばない時に、ひとまずこの質問を投げかける人もいるんです。

それを聞かれた人は、心配してもらっているとか、気にかけてもらっていると感じて嬉しいと思うこともあるでしょう。

でも、相手は単に話題を探しているだけかもしれません。

だから、どんな返信が返ってくるかを見て、相手がどんな態度を取るのかを判断する必要があります。

もし返事があまり乗り気じゃなさそうなら、相手はただ話のきっかけが欲しかっただけかもしれません。

 

わざといたずらな質問をしてみたいから

「今日は何をしていたの?」って聞かれると、何も悪いことをしていなくても、なんだか戸惑って即答できない人、結構いますよね。

そんな反応を期待して、わざとこの質問をする人もいるんです。

恋愛慣れしてる人は、この一言で相手がどんな風に反応するか、だいたい予測がついているものです。

ドキドキさせるのが上手な人は、この質問で相手がちょっと動揺するのを見越して使うんですね。

たとえばただの友達と遊んでただけでも、「もしかして異性と…?」って勘ぐられたりして、不安になることもあるかもしれません。

そんな不安をあおった後で、「君のこと信じてるから」とフォローを入れると、相手は安心するわけです。

こんなふうに上手にフォローできる人は、基本的にモテる場合が多いです。

 

もし誘っていたら会えてたかもと考えるから

「今日は何をしてたの?」と聞くのは、もしかしたら誘ったら会えたかもしれないと気になっているということもありますね。

相手が「特に何もしていなかった」と答えたら、「じゃあ、誘えばよかったかな」と思うことができます。

まだ付き合い始めで、誘いたいけれど断られるのが不安な時、いつ誘うのがベストかわからない時も多いですよね。

けれども、こんな風にあとから聞いてみれば、次はもっと積極的に誘ってみようかなという勇気が湧いてきます。

だから、この質問をしてみるのは、今後のためにも誘う勇気を持つための一歩となるかもしれないんです。

スポンサードリンク

今日何してた?と聞かれて安心させる答え方は?

恋人に「今日何してた?」と聞かれた時は、具体的で正直な答えをすることで安心させることができます。

たとえばこんな風に答えてみてはどうでしょうか。

 

相手を気遣う言葉を加える

「どうだった?君の一日は楽しかった?」と聞き返してみましょう。

これは会話を二人の間で平等にし、相手も自分のことを話したいと感じさせる良い方法です。

 

次に会えることを前向きに話題にする

「今度の週末は一緒に過ごせるのを楽しみにしてるよ。何か特別なことしたい?」と話してみましょう。

今後のデートプランについて話すことで、相手を安心させ、二人の関係に対する期待感を高めます。

 

日常を細かく話す

例えば…

「今日は会社でいつも通り忙しかったよ。仕事が一段落したら、お昼休みはお気に入りのカフェでランチして、夕方にはちょっと疲れを感じたから公園を散歩してリフレッシュしたよ。あとは家に帰ってから君にメールするのを楽しみにしてたんだ。どんな一日を過ごしたか君に話すのが待ち遠しかったよ。」

このように、日常の出来事を細かく話すことで、あなたの一日がどうだったのかを透明にし、恋人の不安を和らげることができます。

スポンサードリンク

まとめ

「今日は何してた?」って聞かれたら、相手がどんな答えを期待しているのか、ちょっと考えちゃいますよね。

でも、答えに戸惑っていたら、何か隠してると思われるかもしれないので、さらっと正直に答えるのがいいですね。

もし異性と一緒にいた場合は「ただの友達だよ」とはっきりさせておくことが大事。

結局のところ、この質問には色んな意味があるかも知れないので答えに困ることもありますが、相手はあまり深く考えずに質問していることも多いんです。

毎回同じように聞いてくる人もいるし、そんな時は落ち着いて答えればOK。

こんな風に上手く答えられるようになれば、二人の信頼もグッと深まるはずです。

コメント