恋人にマフラーをプレゼントしても嬉しくない?相手の心理や対処法は? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

恋人にマフラーをプレゼントしても嬉しくない?相手の心理や対処法は?

恋愛

 

「恋人との記念日やクリスマス、誕生日にマフラーをプレゼントしたい」

このように思っている人も多いのではないでしょうか?

ですが、安易にマフラーをプレゼントで贈るのは要注意!

なぜなら、中にはマフラーのプレゼントを「嬉しくない」と思う人もいるからです。

 

そこで今回は、マフラーのプレゼントが嬉しくない人の心理や対処法を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

マフラーのプレゼントが嬉しくない人の心理とは?

それでは早速、マフラーのプレゼントが嬉しくない人の心理からみていきましょう。

 

お気に入りのマフラーがすでにある

恋人がすでにお気に入りのマフラーを持っている場合、プレゼントとして改めて贈っても「嬉しくない」と思われる可能性があります。

 

また、お気に入りのマフラーをすでに持っている場合、「貰ったからには身につけなきゃ」と義務感に駆られてしまい、「嬉しくない」と思われてしまうかもしれません。

 

素材が合わない

マフラーは防寒アイテムとして活用できる一方で、中には「素材が肌に触れるとチクチクして嫌だ」と思う人もいます。

 

特にウール製のマフラーは暖かいですが、肌への刺激があるタイプもあるので、選ぶ際には注意が必要です。

 

あまりマフラーに関心がない

恋人が元々マフラーを身につけないタイプの場合、プレゼントしても「嬉しくない」と思われる恐れがあります。

 

中には「マフラーよりネックレスやピアスの方が良かった…」と思われることも十分考えられます。

なので、身につけられるアイテムをプレゼントしたい場合は、そもそもどういったアイテムが好きなのかを事前に確認しておくと安心です。

 

スポンサードリンク

マフラーのプレゼントが嬉しくない人への対処法

では、マフラーのプレゼントが嬉しくない人へは、どのような対処法が効果的なのでしょうか?詳しくみていきましょう。

 

一緒に買いに行く

まずおすすめなのは、プレゼントを贈る時、一緒に買いに行くことです。

「○○が好きなマフラーを贈りたいから、選んで」というような形で、相手に選んでもらいましょう。

 

そうすれば、「好みじゃない」「好きな色じゃない」といったミスマッチを防ぐことができますし、相手もあなたからそのように言ってもらえて嬉しく感じるでしょう。

 

事前にリサーチする

とはいえ、中にはサプライズでプレゼントを贈りたい人も多いはず。

そのような場合は、事前にしっかりリサーチをしましょう。

 

  • 好きな色
  • 好きな柄
  • 好きなブランド
  • すでに持っているマフラー

 

これらをチェックすることで、相手好みのマフラーを選びやすくなりますし、すでに持っているマフラーをリサーチすることで、被る恐れもなくなります。

 

ラッピングやメッセージカードを添える

マフラーを贈る時は、「贈り方」にこだわるだけで相手の喜び度合いがアップします。

 

例えばラッピング。

マフラーをそのまま手渡すより、綺麗にラッピングされていた方が特別感は増しますし、相手も確実に喜んでくれます。

 

また、メッセージカードで日頃の感謝の思いや愛情を伝えれば、感動はひとしおです。

恋人にマフラーを贈りたい人は、ぜひこの方法も試してみてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

恋人ができるとマフラーをプレゼントしたくなりますが、お気に入りのマフラーをすでに持っていたり、そもそもマフラー事態にあまり関心がないといった場合はプレゼントしても「嬉しくない」と思われる可能性があります。

 

マフラーをプレゼントしたい時は、一緒に買いに行ったり、事前に好みをリサーチしたり、ラッピング等にこだわることで相手を喜ばせることができるのではないでしょうか。

 

今まさにマフラーを贈ろうか迷っている人は、ぜひ記事内容を参考にしてみてくださいね。

コメント