飛行機で機内モードにしないとどうなる?タイミングやWi-Fiを使う際の注意 - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

飛行機で機内モードにしないとどうなる?タイミングやWi-Fiを使う際の注意

旅行

飛行機に乗る際、必ずスマートフォンなどを機内モードにするか電源を切るようにアナウンスされますよね。

 

当たり前のように、機内モードにしている人が多いと思いますが、もし機内モードにしなかった場合どうなるのか知っている人は少ないでしょう。

 

そこで今回は、飛行機で機内モードにしないとどうなる?というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。

 

飛行機に乗る機会が多くて、機内モードの必要性がいまいち分からないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

飛行機で機内モードにしないとどうなる?

23240198
それでは早速、飛行機で機内モードにしないとどうなるのかを解説していきましょう。

 

実は、飛行機で機内モードにしないという事だけで、即座にどうにかなるという事はありません。

 

そのため、万が一機内モードにし忘れていたとしても、罰せられるという事はありませんが、機内モードにしない状態での電子機器の使用に関しては規則が設けられているので覚えておく必要があります。

 

・航空機の運航の安全に支障を及ぼす恐れがある携帯電話その他の電子機器を、正当な理由なく作動させる行為は禁止されています。

(航空法第73条、航空法施行規則第164条の15)

 

・航空機内の安全阻害行為等は航空法により禁止

・悪質な場合は、機長による「禁止命令」を即交付

・「禁止命令」を無視して安全阻害行為を継続すると、50万円以下の罰金

 

このような規則が設けられており、機内モードにしないからとすぐに罰金などにはなりませんが、アナウンスが流れたら速やかに機内モードにするのが良いでしょう。

 

スポンサードリンク

飛行機で機内モードにするタイミング

 

では次に、飛行機で機内モードにするタイミングを解説します。

 

機内モードにするのは、飛行機のドアが閉まった時から、着陸後の滑走が終了するまでとされています。

 

まだ、飛行機に搭乗者が乗り込んでいる段階で、座席に座った状態の段階では機内モードにする必要はありません。

 

また、着陸してすぐはまだ飛行機が走行している状態ですので、完全に機体が止まって乗客が降り始めるタイミングまで機内モードの解除は待つようにしましょう。

 

飛行機でWi-Fiが使えるケースがある

1396961
では次に、機内モードでも飛行機でWi-Fiが使えるケースがあるという部分について解説していきましょう。

 

みなさんご存知の通り、機内モードにしてしまうと外部からの通信を遮断してしまうのでインターネットが使えません。

 

しかし、最近では飛行機でWi-Fiが使えるケースが増えているのです。

 

以前までは、飛行機に乗って機内モードにしてしまったら、旅行先へ着陸するまではインターネットなど外部との通信を一定時間遮断されてしまって不便を感じる機会が多かったので、機内でWi-Fiが使えるのは非常にありがたい事ですよね。

 

国内大手の航空会社であるJALでは、無料のWi-Fiで下記のような事が出来ます。

 

・メールやインターネットでの検索

・SNS投稿

・機内販売オンラインストアからの購入

・現在地をフライトマップで確認

 

無量のWi-Fiが使えれば、インターネットを使う事が出来るので、さらに空の旅が快適になりますよね。

 

スポンサードリンク

飛行機でWi-Fiを使う際の注意点

 

では最後に、飛行機でWi-Fiを使う際の注意点を解説していきましょう。

 

無量のWi-Fiが使えると言っても、やはり機内なので地上での使用条件とはやや異なる部分があります。

 

使用する際の注意点をしっかり守って、快適に過ごしたいですね。

 

通信速度が遅い

 

まず1つ目は、通信速度が遅いという事です。

 

飛行機で使用されるWi-Fiは、1つのものを多くの人が共有して使用するので、どうしても通信速度は遅くなります。

 

そのため、暇つぶしに利用したい場合は問題ありませんが、急ぎの用事で使いたい人にはあまりおすすめ出来ません。

 

通話は出来ない

22500432

 

2つ目は、通話は出来ないという事です。

 

飛行機で使用されるWi-Fiでは、LINEやスカイプなどのメッセージは問題なく送れますが、通話をする事は出来ません。

 

通話には、多くの電話を必要とするので、飛行機内では使用できないようになっています。

 

多くの電波を必要とする動画は視聴できない

 

そして3つ目は、多くの電波を必要とする動画は視聴できないという事です。

 

動画は、YouTubeをはじめとする動画配信サービス全般を指します。

 

こちらも通話と同様、必要とする電波の量が膨大なので飛行機でのWi-Fiでは使用する事が出来ないのです。

 

関連記事

飛行機の手荷物検査でトレーに出すものってナニ?

飛行機に乗る時パソコンはどうする?預ける?持ち込む?

まとめ

 

さて今回は、飛行機で機内モードにしないとどうなる?というテーマで、詳しく解説してみました。

 

ビジネスで飛行機を利用する人にとって、飛行機に乗っている間の機内モードは、煩わしいと感じる要素かもしれません。

 

しかし、安全に飛行機を運行するためには、必要な事だという事が分かりましたね。

 

最近では、飛行機内でWi-Fiが使える航空会社も増えているので、どうしてもインターネットを使用したいという人は、機内で使えるWi-Fiを利用してみても良いでしょう。

コメント