夫婦喧嘩の上手な謝り方は?夫婦関係を円満に保つ方法 - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

夫婦喧嘩の上手な謝り方は?夫婦関係を円満に保つ方法

人間関係

「夫婦喧嘩をしてしまった…。謝りたいけど、どんな風に謝ればいいのか分からない…」

夫婦喧嘩をしてしまった方の中には、このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんな夫婦喧嘩の謝り方についてご紹介しています。

記事内容を円満な夫婦生活に役立ててくださいね。

スポンサードリンク

夫婦喧嘩の上手な謝り方は?

 

ごめんなさい-2

まずは、夫婦喧嘩をした時の謝り方について詳しくご紹介していきます。

 

素直に謝る

謝り方には色々ありますが、最もおすすめなのは素直に謝ること。

夫婦喧嘩は長引けば長引くほど謝るタイミングが掴めなくなります。

できれば、その日のうちに「さっきはごめん」と謝るようにしましょう。

 

ですが、夫婦喧嘩をしたばかりのタイミングは、お互い怒りが収まっていない状態。

怒りの感情は大体2時間は持続するといわれているので、謝るのは夫婦喧嘩をした2時間以上後がおすすめです!

 

小さなプレゼントを一緒に渡す

謝り方のおすすめ2つ目は、「ごめんね」という言葉と一緒にケーキや花などを一緒に渡すという方法。

 

贈り物を渡すことで「気にかけてくれてたんだ」という気持ちが相手に伝わりますし、スムーズに仲直りできますよ。

 

自然に接して仲直りする

23174702_s

 

夫婦喧嘩をした時は、気まずいとは思っていても時にはどんな謝り方をすれば良いのかわからない時もありますよね?

 

このような時は、一緒に茶碗を洗ったり、一緒に料理をしたりしながら相手をフォローして、少しずつ自然に距離を縮めていくのが良いでしょう。

 

「ごめんね」という言葉はなくても、自然に寄り添っていくことで、怒りの感情が徐々に無くなっていくはず。

「どんな言葉で謝れば良いのかわからない」という方は、ぜひこの謝り方を試してみてください。

 

LINEで謝る

面を向かって話をするとまた夫婦喧嘩しそうという場合は、LINEを活用するのもおすすめの謝り方。

その時は、スタンプや絵文字、顔文字を使うのはNG!

相手に対して誠意を伝えるためにも、丁寧に心を込めて文章を打ちましょう。

 

ですが、LINEでの謝り方は受け止める相手次第で既読スルーされる可能性もあります。

このような状況になると、余計仲直りするタイミングを逃してしまうことにもなるので、できるならやはり直接謝るのがおすすめです!

 

スポンサードリンク

夫婦喧嘩のNGな対応とは?

 

夫婦喧嘩での謝り方や対応を間違えると、夫婦仲はどんどん悪化してしまいます。

ここからは夫婦喧嘩のNGな対応についてご紹介していきます。

 

「もういいよ」と話し合いを放棄してしまう

4519529_s

 

夫婦喧嘩をする時は、お互い言い分があります。

 

ですが、夫婦喧嘩をしている最中どちらかが「もういいよ」と話し合うことを放棄してしまうと、理解し合うことはできず溝は深まったまま。

仲直りをするどころか、夫婦関係はどんどん悪化してしまいます。

 

夫婦喧嘩に疲れてしまうこともあるかもしれませんが、今後も夫婦生活を続けていくためには、しっかり話し合うという姿勢が大切です。

 

相手の意見に耳を貸さない

23094416_s (1)

 

夫婦喧嘩で、「自分の気持ちをわかって欲しい」という思いが強すぎると、相手の意見に耳を貸さなくなり、自分の意見を押し通してしまうことも。

 

「相手には負けない」「自分が正しい」「言い負かしてやる」こんな気持ちで夫婦喧嘩をしてしまうと、相手を言い負かしたところで、一時的にスッキリするだけで根本的な解決にはなりません。

 

相手のことをパートナーとして大切に思うなら、自分の意見も言いつつ、相手の意見にもしっかり耳を傾けましょう。

 

まとめ

夫婦喧嘩の謝り方をいくつかご紹介しましたが、一番おすすめなのは素直に謝るというシンプルな方法です。

 

夫婦喧嘩は長引けば長引くほど関係の修復が難しくなります。

後々気まずくならないためにも、その日のうちに謝って関係を修復していきましょう!

 

スポンサードリンク

コメント