すかしてるってどんな意味?スカしてる人にはどんな特徴がある? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

すかしてるってどんな意味?スカしてる人にはどんな特徴がある?

人間関係
この記事は約4分で読めます。

 

「すかしてる」という言葉を耳にしたことはありませんか?

この「すかしてる」とは具体的にどういう意味なのでしょう。

そして、どんな特徴がある人のことを「スカしてる人」というのでしょうか。

この記事では、そんな「すかしてる」の意味や特徴について、掘り下げたいと思います。

スポンサードリンク

すかしてるってどういう意味?

一般的に「すかしてる」という言葉は、他人との関係を避けることや冷たい態度をとることで、自分の気持ちや意図を隠そうとする行動を指します。

つまり、他人との距離をおいたり、感情を隠したりすることですね。

例えば、自分よりも上に見えるように振る舞ったり、自分を良く見せるために無理をしてしまうことがあります。

そういう態度を取る人を「スカしてる人」と表現します。

「何カッコつけてんの?」と同じような意味合いですね。

スポンサードリンク

スカしてる人の特徴とは?

次にスカしてる人の特徴を挙げていきましょう。

気取った態度をとる

スカしてる人はよく自分をクールだと思っていたり、他人よりも上だと感じたいために、わざと気取った態度をとります。

自分が特別だとアピールするために、少し大げさな言動をすることも。

 

感情を出さない

感情をあまり表に出さない、無表情、というのもスカしてる人の特徴です。

無表情は感情をコントロールしている証拠であり、他人に自分の真の感情を読まれたくないという願望から来ています。

 

相手の目をみない

目は心の窓とも言いますが、スカしてる人はあえて相手の目を見ないようにします。

これは相手に自分の内面を見せたくない、弱さを隠したいという心理が働いているからです。

 

動じないふりをする

表面的にはどんな状況でも動じないように見えますが、これはただのポーズの場合も。

実は内心では不安を感じていることも多いのですが、それを見せないよう努力しています。

 

挨拶をしない

挨拶をしないという、社交的なジェスチャーを避けることで、自分を守ろうとする傾向があります。

これにより「近寄りがたい」印象を与えがちですが、それも一種の自己保護です。

 

自分を特別だと思っている

自分を特別だと感じたがる傾向があります。

他人と一線を画すことで特別であると感じたいという気持ちが働いているのでしょう。

 

ムード作りが苦手

周囲とのコミュニケーションが苦手で、自分の感情や考えをうまく表現できないことが多いです。

だから、ムードを作るのも苦手でなんですね。

 

 

これらの特徴はスカしてる人がどういう心理状態にあるのかも示しています。

しばしば不安や自己防衛のためにこれらの行動をとっているわけですね。

次にこのタイプの人に会ったときは、ちょっとその背景に思いを馳せてみると良いかもしれません。

スポンサードリンク

「すかしてる」男女の違いについて

「すかしてる」の行動には男女でちょっとした違いもあります。

男性の場合、自分を大きく見せたいがために、強気な態度をすることが多いです。

一方、女性の場合は、無視したり冷たい態度をとったりして、自分を守るために距離をとることが多いです。

男女ともに、自分を良く見せようとするために無理をしてしまうことがあるようですね。

スカしてる人は孤立することが多い?

スカしてる人は孤立することが多いと言われる理由はいくつか考えられます。

まず、スカしてる人は他人と一線を画すことが多いため、自分を特別なものと考えています。

この態度は周囲からの注目を集める一方で、他人との距離を置くことにつながります。

また、スカしてる人は自分の内面を守ろうとする傾向があって、他人との関わりを避けることが多いので、自然と孤立してしまうんですね。

さらに、スカしてる人が気取った態度を取ることで、他人とのコミュニケーションがうまくいかなくなり、結果的に孤独を感じることが多いようです。

 

まとめ

「すかしてる」という言葉には、自分を大きく見せようとして無理をしてしまう人の姿が込められています。

でもそのような行動や態度をとることは、長い目で見ると周囲への信頼を失うことに繋がりかねません。

もし周りに「スカしてる人」がいたら、その人がなぜそうしているのかを考えて、適切なコミュニケーションをとることを考えるといいかも知れません。

常に自分らしさを大切にし、自然体でいることが大切ですね。

コメント