かぼちゃの種にカビ!食べても大丈夫?カビを予防する方法は? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

かぼちゃの種にカビ!食べても大丈夫?カビを予防する方法は?

グルメ

スーパーで安くなってるかぼちゃを見つけて、全部すぐに使い切れないのに、丸ごと買ってそのまましばらく放置。

気付くとかぼちゃの種にカビが生えてた・・・と、こんな経験されたことはないでしょうか。

カビが生えてしまうと、食べても大丈夫なのか心配になりますよね。

そこで今回は、かぼちゃの種にカビが生えた場合、食べても大丈夫なのかについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

かぼちゃの種にカビが生えた場合、食べても大丈夫?

4043889_s

結論から言うと、かぼちゃの種に生えたカビを食べてしまっても、「少量」であれば細菌による食中毒の心配はないでしょう。

 

私たちの胃には、強酸性の胃酸があるので、少量のカビなら体内に入ってきても殺菌できるので、それほど影響はないです。

 

しかし、抵抗力の弱っている時や、小さなお子様の場合は、体調を崩してしまう可能性があります。

 

また体調不良で、嘔吐や腹痛の症状が出ている時に、かぼちゃの種に生えたカビを食べてしまうと、アレルギー反応を起こす事があるので注意が必要です。

 

では、カビが生えてしまった部分だけを削り取って食べるのは、どうなのでしょうか。

こちらも、結論から言うと、体にはほとんど影響ないと言えるでしょう。

 

しかし、表面上は削り取っているとは言え、カビ菌はかぼちゃの内部にも多少は食い込んでいる可能性があり、体に害はないものの風味が落ちる事は防げません。

 

そのため、もし食べてしまっても、すぐに体調に異変を感じるほどの事はありませんが、カビを発見した時は出来れば食べない方が良いでしょう。

 

もし、どうしても捨ててしまうのがもったいないという場合は、加熱調理で殺菌する方法があります。

クロカビの場合は、加熱調理する事で、カビの毒性を殺菌する事が出来るのです。

 

しかし、シロカビやアオカビは、毒性が強く加熱調理しても完全に殺菌する事は出来ないので、注意しましょう。

スポンサードリンク

かぼちゃの種に生えるカビの種類とは?

次に、かぼちゃの種に生えるカビの種類をもう少し詳しくご紹介します。

かぼちゃの種に生えるカビの種類としては、食品分析開発センターによると、「アオカビ」「コウジカビ」「クロカビ」が最も多いと言われています。

 

カビは、かぼちゃを保存している場所の温度や湿度などによっても異なりますが、かぼちゃ自体に含まれている、水分の量や糖分によっても変わってきます。

 

また、カビは水分を多く含む食品ほど発生しやすいと言われており、その中でも水分と共に糖分を豊富に含んでいるかぼちゃの種は、特にカビが発生しやすい環境なのです。

かぼちゃの種にカビが生えないようにする予防方法

それでは最後に、かぼちゃの種にカビが生えないようにする予防方法をご紹介していきたいと思います。

かぼちゃ丸々1個の場合

3025273_s

まずは、かぼちゃ丸々1個の場合の予防方法です。

かぼちゃを丸々1個購入した時は、新聞紙でかぼちゃを全体的に包み、その状態で冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。

また、風通しの良い冷暗所でも、かぼちゃの種にカビが生えるのを防ぐ事が出来ます。

 

かぼちゃを保存する際は、水分が付いているとカビの発生原因となってしまいますので、かぼちゃは洗わずに土や汚れは軽く払い落とす程度にします。

もしも、かぼちゃの表面に水分が付いている場合は、軽く拭きとってから新聞紙に包むようにしましょう。

カットしてあるかぼちゃの場合

4938414_s

次は、カットしてあるかぼちゃの予防方法です。

カットしたかぼちゃの場合は、種やワタの部分から傷み始めるので、必ず取り除いてから保存します。

種やワタを取り除いたら、かぼちゃ全体をラップやジップロックなどで包み、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

保存期間は4日~5程度で、その間はカビを防ぐ事が出来ます。

まとめ

さて今回は、かぼちゃの種にカビが生えた場合、食べても大丈夫なのかについて解説してきました。

かぼちゃは、野菜の中でも水分と糖分が豊富な種類なので、カビが発生しやすいという特徴があります。

そのため、購入してきてそのまま放置していると、どうしてもカビが生えてしまうのです。

万が一食べてしまっても、すぐに体調を崩すという事はありませんが、カビ菌が体に入ってしまいますし、風味も損ないますので、出来るだけ早めに食べるか、今回ご紹介した保存方法でカビの発生を予防してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント