100ml(ミリリットル)ってどれくらいの量?コップやコップ以外のアイテムで測る方法 | わくわく情報.com

100ml(ミリリットル)ってどれくらいの量?コップやコップ以外のアイテムで測る方法

budget-429308_640 暮らしの疑問

料理などを作る時、ネットでレシピを見ると「牛乳100ml」「水100ml」といった表示をよく見かけませんか?

この100mlがどれくらいの量なのか知っておくと、料理の際にもとっても役立ちます。

料理時間の短縮にもなります。

今回は100mlがコップ何杯分なのかや、コップ以外で100mlを測る方法をご紹介していきます。

ぜひ記事を最後まで読んで、毎日の料理に役立ててください。

スポンサードリンク

100mlはコップ何杯分?

100mlは毎日使っているコップでも大体の量を測ることができます。

100mlはコップ1杯分となりますが、縁ギリギリまで水を入れてしまうと100mlを大きくオーバーしてしまうのでご注意を。

100mlはコップ何杯分かというと、大体4分目。

意外と少なめとなっています。

 

200mlの量を測りたい時はコップの8分目を目安にしましょう。

その時々に合わせて使い分けると簡単に測ることができるので、ぜひ活用してみてくださいね。

レシピに出てくる「コップ一杯分」はどのくらいの量?

料理のレシピなどに「水はコップ一杯分」など表記されている時、「そもそも、コップ一杯分ってどれくらいの量?」って気になりますよね?

また、「コーヒーなどのカフェインが含まれる飲み物は、1日コップ4杯程度に留めておきましょう」という表記も良く見かけます。

これも具体的にどれくらいの量か分からずモヤモヤしてしまう方も多いかと思います。

これらの表記で出てくる「コップ一杯分の量」は大体150~180mlくらいの量を指します。

もし雑誌やウェブサイトなどで「コップ一杯分」と表記されていたら、大体150~180mlだと考えましょう。

ちなみにコーヒーカップは通常のコップよりも小ぶりとなっています。

コーヒーカップで100mlを測る場合は、6~7分目を目安に測るのがベスト。

もしコーヒーカップで100mlを測る時は、こちらの量を参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

コップ以外のアイテムで測る!100mlはどれくらい?

ここまで、100mlがコップ何杯分かを詳しくご紹介していきましたが、コップ以外にも100mlを測る方法があります。

ここからは、身近なアイテムを使って100mlを測るには、どれくらいの量を目安にすれば良いのかを解説していきます。

おたま

2137031_s

調理器具で頻繁に使う「おたま」。

こちらは2杯分で約100mlとなります。

お味噌汁やスープを作る時などは、コップではなくておたまで測った方が調理もしやすくなるのでおすすめです。

大さじ

spoon-6038876_640

大さじで100mlがどれくらいかというと、約6.3杯分となります。

こちらも身近な調理器具なので活用しやすいですね。

ちなみに、大さじ1杯は15mlです。

また、小さじで測った場合100mlがどれくらいかというと、約20杯分です。

小さじで測るのはかなり面倒なので、大さじやお玉があるならそちらを利用しましょう。

ペットボトル

water-5501652_640

市販の500mlのペットボトルなら5分の1の量が100mlとなります。

また、お茶のペットボトルの中にはラベルに目盛が付いていることも。

100ml単位で表示されているので、大まかに測ることができますよ♪

飲み干した目盛付きのペットボトルがあれば、活用するのもおすすめです。

計量カップ

3523917_s

家に計量カップがあれば、そちらで測ってみるのも良い方法です。

計量カップはちょうど半分の量で100mlとなります。

ちなみに、お米の量を測るカップは、1カップ180mlと少し多めになります。

測る時は6分目を目安に測ると約100mlとなります。

まとめ

料理があまり得意でない方や、たまにしか料理をしない方などはレシピを見ながら、「100mlってどれくらい?」と考えてしまうことも結構あるのではないでしょうか。

手元にあるもので簡単に100mlがどれくらいの量かがわかりますので、あらかじめ把握しておくと料理時間の短縮にもなりますね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメント