仕事が「しんどい」「つらい」と思ったらやるべき4つの行動 - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

仕事が「しんどい」「つらい」と思ったらやるべき4つの行動

人間関係
この記事は約4分で読めます。

会社員として働いていると、「今日はしんどいな」と思う瞬間があったり、成果が出なかったり人間関係で悩んで「つらいな」と思ったりするものです。

そういった負の感情に支配されたまま働き続けるのは、精神衛生上良いとは言えないので、何かしらの行動を取らなければなりません。

日本人は特に我慢強い国民性を持っており、「耐える美学」が遺伝子レベルで引き継がれているかのように感じるほどです。

しかし、現代では耐えていてもプラスになるようなことはほぼないと言えるので、あまりおすすめはできません。

この記事では、仕事が「しんどい」「つらい」と思ったらやるべき4つの行動について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

仕事が「しんどい」「つらい」と感じてしまう原因

4348395_s

仕事に対して負の感情が出てきてしまう原因は一つではありません。

例えば、以下のような原因によって、しんどさやつらさを感じてしまうのです。

 

・仕事の責任の重さによるプレッシャー

・仕事量の多さ

・人間関係

・会社自体の社風に合わない

・自分のやりたい業務ができない

 

組織の中に身を置く以上、これらの原因から逃れることは難しく、一度こういった負の感情を抱えてしまうとなかなか改善することができないものです。

スポンサードリンク

「しんどい」「つらい」と思ったらやるべき行動

仕事に対するネガティブな感情が大きくなり始めると、頭痛や胃痛、睡眠障害、イライラ、不安、気分の落ち込みといった様々な症状が出てきてしまいます。

長期間何も行動を起こさずに放置してしまうと、鬱病や躁鬱病といった重度の症状まで発展してしまう可能性があるので、なるべく早く改善するための行動を取るべきです。

信頼できる人物や専門家に相談をする

partnership-2750186_640

ここで言う「信頼できる人」というのは、なんでも話せる友人などではなく、物事を深く理解し最善の改善法をアドバイスしてくれる人のことです。

仲の良い友人だと、どうしても自分の意見に共感してしまうので、客観的に見て最善のアドバイスをするということが難しいからです。

第三者に満天星内容を漏らさずに、客観的かつ的確にアドバイスをしてくれる友人知人に相談をすることで、現状における最良の選択肢が浮かび上がってくるはずです。

また、心理カウンセラーなどの専門家に相談することもおすすめです。

似たような事例を数多く見てきた専門家であれば、精神的な拠り所となるだけでなく、良いアドバイスを貰えるはずです。

有給休暇などを利用して精神的な安定を図る

4006504_s

「しんどい」「つらい」と感じてからある程度の時間が経過していると、自分から行動を起こす気力すら出てこなくなってしまうものです。

例えば、ゴールデンウイークやお盆休み、年末年始など、長期休暇の際に有給休暇を少し足してリフレッシュできる時間を作ってしまうというのもおすすめの選択肢です。

こうすることで、精神的な安定を取り戻し、「よし、現状の環境を改善する行動計画を立ててみよう」と一歩を踏み出すことができるはずです。

瞑想を取り入れる

yoga-2184811_640

近年、ビジネスや体への健康に対する意識が高い人たちの中で必須となっているのが「瞑想」です。

ヨガと合わせて行う人も多かったりします。

マインドフルネスとも呼ばれるこの行動は、心を落ち着かせるだけでなく、過去の失敗や将来に対する不安などにも効果があると考えられています。

また、集中力を上げることも可能なので、仕事で成果を上げたりミスを減らすといったことにも繋げることができるようになります。
 

positive-4907261_640

 

そして、何といっても「ポジティブになれる」というメリットは、仕事で悩んでいる人にとって最高におすすめな理由となります。

ポジティブシンキングができるようになれば、「現状を改善しよう」という活力も湧いてくるはずです。

心理学を利用して心を軽くする

3557527_s

物事の捉え方は、何かのきっかけがなければ変えることが難しいものです。

例えば、心理学の「リフレーミング」を積極的に使ってみれば、今までの悩みや不安がかなり軽減されたりもします。

リフレーミングとは、「物事の枠組みを変えて考える」という心理テクニックです。

わかりやすい例で言うと、仕事終わりに大好きなビールをのんでいるとして、思わず半分くらいまで一気飲みしてしまったとします。

ここで通常ならば、「あと半分しか残っていない」と考えてしまいますが、リフレーミングを使い物事の枠組みを変えれば、「一気にビールを流し込んだのに、まだ半分も残っている」と感じることができるのです。

こういったリフレーミングをビジネスの場や自分の人生を考える際に使うことで、悩みや不安を大きく軽減させることができるのです。

まとめ

今回は、仕事が「しんどい」「つらい」と思ったらやるべき4つの行動について解説してきました。

・信頼できる人物や専門家に相談をする

・有給休暇などを利用して精神的な安定を図る

・瞑想を取り入れる

・心理学を利用して心を軽くする

もしも負の感情がつよくなってしまったら、これらの行動を取って改善することが重要です。

仕事が「しんどい」「つらい」と思ったら、ぜひこれらの方法を試してみましょう。

スポンサードリンク

コメント