洋服の交換はタグなし着用後でもできる?スムーズに交換する方法 - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

洋服の交換はタグなし着用後でもできる?スムーズに交換する方法

暮らしの疑問

購入した洋服を着用後に、破れやほつれなどを見つけた時はショックですよね。

タグはもう切ってしまったし、着用してしまった。

そんな場合でも交換できるのかどうか、またスムーズに交換してもらうためのポイントについてもまとめてみました。

スポンサードリンク

洋服の交換にタグは必要?着用後の不良品でも交換できる?

cf46e4c6626fbe350aeb010c0e60c286_s

洋服の交換にタグは必要か、この疑問に対しては可能性があるというのが答えになります。

実際のところは販売店の裁量に委ねられるので、絶対にタグが必要とは限りません。

仮にタグを切った後だとしても、正当な理由が存在していれば、レシートなどと一緒に持っていくと新品交換してもらえる可能性が大きいです。

また、着用後に不良品に気がついた場合でも多くの販売店において対応してもらえるはずです。

その理由はとても簡単で、着用時に洋服の不良が分かるケースが存在するからです。

洋服の良不良は見ただけでは分かりませんから、着用後でも不良品だと気がつけば、お店側としては対応せざるを得ないといえるでしょう。

結論として、購入時からの不良品ということが分かれば、タグやレシートがなくても交換・返金対応をしてくれる店舗は多いです。

普通はレシートがないと返品・交換はできないものですが、店側でもいつ売れたものかは管理しているはずなので、明らかな商品不良の場合は着用後であってもしっかりと説明をすれば可能性は高いです。

「タグは切っちゃったし、一度着てしまったし・・・」と遠慮して諦めてしまうことはもったいないです。

きちんと店舗側に説明をすると誠意をもって対応してくれるところがほとんどでしょう。

ちなみに、不良品ではなかったのですが、数年前、ユニクロで購入したTシャツを着用した後、サイズが小さすぎて交換してもらったことがあります。

タグを切った後だったので無理だろうと思ったんですが、一応電話で聞いてみたら快く対応、OKして頂いたのですぐに持参して交換してもらいました。

タグ切っても交換してもらえるなんて、当時は知らなくて、ユニクロに感謝感激でした^^

スポンサードリンク

洋服の交換の期限っていつまで?店舗と通販の場合は違う?

洋服の交換の期限もお店の裁量によりますから、確実に何日と断言するのは困難です。

ただ、一般的には余裕を持たせる意味で、1週間ほどの期間を設定しているお店が多いです。

これは店舗で洋服を購入した場合の期限で、ネット通販であれば様々なケースがあると考えられます。

204caee40b07e929ef3b02b3a292f64f_s

それでも、ネット通販は実店舗の慣習を踏襲することによって、同様に1週間以内の返品に応じていたりします。

洋服を専門的に取り扱うお店であれば、独自に10日や2週間の余裕をもたせていることもあります。

中には30日以内の返品を掲げているお店も存在しますが、どちらかといえば少数派で、稀なケースとなっています。

実は実店舗も裁量次第なので、お店によっては1週間より短い日数を設定していてもおかしくはないです。

このあたりはお店ごとに違ってきますので、商品を購入する際は事前に尋ねることをおすすめします。

逆に1ヶ月前後で交換したくなった時は、比較的期限に余裕をもたせているお店でも、対応してもらえるかは微妙です。

交換理由が不用品だと、本当にそうなのか証明するのが難しくなるので、お店の側も対応が難しくなるというわけです。

通販であれば返品条件に日数の記載がありますから、購入時に目を通して確認することができます。

洋服の交換をスムーズにする方法

34bbb0e17d14f1df9d69731f7a650e68_s

不良品の場合に限らず、サイズ違いなどの自己都合で洋服の交換をスムーズにする方法は、購入先にサイズ違いや色の好みなど、理由を正直に伝えることがポイントです。

ただ交換して欲しいとだけ希望を伝えても、お店は期待に応えようがないので困ってしまいます。

しかし明確な理由が存在していれば、お店も対応の裁量によって対応するか否かが決められます。

不良品や間違った購入などについても、できるだけ早く理由を伝えて対応を決めてもらうのが良いでしょう。

サイズ違いなら高確率で交換してもらえますし、写真と実物が異なることが多い通販なら、色に関しても対応を行ってくれるはずです。

実店舗が最寄りにある場合は、電話でサイズ違いや色について伝え、対応してもらえるか尋ねてみるのがおすすめです。

通販で購入したケースは特に、実物を見せてから対応というのが難しいですから、速やかに理由を伝えて判断を仰ぐのがベストです。

洋服についているタグやレシートは取っておき、何時でも購入先に提出できるように保管しておきましょう。

実店舗なら店員さんが顔を覚えているので、タグもレシートもなくても、対応に期待できる可能性はあります。

通販の方も購入記録が残っていますから、どちらか一方か両方が掛けてしまっていても、相談によって対応してもらえる余地が残ります。

たとえ不良品のクレームで交換を希望する場合でもお店側に良いイメージを与えることも必要です。

「ひと目で気に入った商品だったんです」とか「お気に入りのお店なので、いつも利用させてもらっています」というように、お店側を立てるとお互いにいい印象でスムーズに交換に応じてくれるのではないでしょうか。

まとめ

タグなし着用後の洋服の交換は、結局お店側の対応次第というところが多いです。

でも、せっかく気にいって購入した大切なお洋服。
お店側にスムーズで誠意ある対応で交換してもらえるといいですね。

スポンサードリンク

コメント