カプセルホテルは上段と下段どっちがいい?メリット・デメリットまとめ - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

カプセルホテルは上段と下段どっちがいい?メリット・デメリットまとめ

旅行

一般的なビジネスホテル以上にリーズナブルな価格で泊まれる「カプセルホテル」

最小限の設備やWi-Fi環境なども整っていて、旅行やビジネスの出張時に利用する方が多いです。

カプセルホテルには、カプセルが上段と下段ありますが、どっちの方が良いのでしょうか?

今回は、初めてカプセルホテルに泊まることになった方に向けて、それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきます。

スポンサードリンク

カプセルホテルは手軽に利用できるスグレモノ

1208500_s

 

カプセルホテルは駅から近い場所にあるため、旅行や出張の際はもちろん、「うっかり終電を逃した」なんて時にも気軽に利用できます。

利用料金は1泊約2,000円~4,000円となっていて、高級なカプセルホテルでも6,000円ほど。

リーズナブルな価格で、食事や入浴、マッサージなどあらゆるサービスが利用できます。

寝るカプセル内は大人1人が入れるくらいのスペースしかありませんが、寝具はすべてそろっていて、照明器具やコンセントもあり、シンプルながら設備は充実しています。

 

カプセルホテルの「上段」のメリット・デメリット

897748

そんなカプセルホテルですが、寝床は「上段」と「下段」があり、それぞれ特徴やメリット、デメリットがあります。

では、まずは「上段」から、詳しくみていきましょう。

上段のメリット

 

  • 下段よりも防犯できる
  • 間違えて入ってくる人は極力いない
  • 音が気にならない

 

上段を選ぶメリットは、まず防犯できるという点です。

カプセルホテルでは、貴重品をカプセル内に持ち込むことも多いため、気になるのがセキュリティ面。

下段は入りやすいですが、上段はハシゴを登らなくてはならないので、防犯面ではメリットが大きいです。

 

また、ハシゴを使うため、酔っぱらった人が間違えて入ってくる、なんてことも少ないです。

上段は下段以上に静かに過ごせるので、少し音がすると起きてしまう…。という方におすすめです。

 

上段のデメリット

 

  • ハシゴを使うのが面倒
  • 下段に人がいると気になる

 

上段のデメリットは、昇り降りにいちいちハシゴを使わなければならないこと。

 

多くのカプセルホテルのハシゴは垂直で登りにくいため、疲れている時や酔っぱらっている時は苦に感じるかもしれません。

また、ある程度力を入れないと登れないため、高齢の方は転倒などにも注意が必要です。

 

昇り降りする際は音がするので、下段に人がいると気を遣ってしまいなかなか降りられません。

寝ている最中にトイレに起きることが多い方は、下段の方が落ち着いて過ごせるでしょう。

 

スポンサードリンク

カプセルホテルの「下段」のメリット・デメリット

 

続いて、「下段」のメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

下段のメリット

 

  • 出入りが楽
  • 上段以上に気を遣わない

 

下段は出入りが楽なので、トイレやお風呂などにも気軽に行けます。

ハシゴも登らなくていいので、疲れている時、酔っぱらっている時でも安心です。

また、寝ている最中ベッドから音がしても、上段以上に気を遣わないため、気楽に過ごせます。

~下段のデメリット~

 

  • 安全面に心配がある
  • ごくたまに、間違えて入ってくる人がいる
  • 上段に人がいると、音が気になることも

 

下段は上段以上に入りやすいため、安全面には少し不安があります。

また、スリッパを置いていても寝ぼけた人、酔っぱらった人が入ってくることも。

滅多にないことですが、不安な方は上段の方が安心して過ごせるでしょう。

 

さらに、上段に人がいると、寝返りや上り下りの音などが気になることもあります。

心配な方は耳栓などを持参するのがおすすめです。

まとめ

気軽に利用できるカプセルホテル。

上段と下段は、それぞれメリットとデメリットがあります。

これからカプセルホテルを利用するという方は、ご紹介した内容を踏まえて、自分に合った方を選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント