そうめん一人前の分量とカロリーは?一束じゃ足りない? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

そうめん一人前の分量とカロリーは?一束じゃ足りない?

グルメ
この記事は約6分で読めます。

暑い季節になると食べたくなるのが、冷たいそうめん。

でも、食べる時に「あれ?そうめんって一人前だとどれくらいの量、茹でたらいいんだっけ?」

と思ったことはありませんか?

 

市販のそうめんは、束になっているので「一束=一人前」だと思われがちですが、実はそうではないんですね。

 

今回は、子どもから大人まで大好きなそうめんの分量やカロリー、基本の茹で方などについてをご紹介しています。

スポンサードリンク

そうめん一人前の分量はどれくらい?

1196308_s

 

それでは早速本題から。

そうめん一人前の標準分量は「100g」です。

 

市販のそうめんは一束あたり約50gとなっているので、大体二束が一人前の量ということになりますね。

 

ですが、このそうめんの束の重さは販売メーカーによって異なるため、一概に「二束=一人前」とはいえません。

 

中には一束約80gで販売しているメーカーもあり、二束だと160gと多めになってしまいます。

 

「束をばらしてグラムを量るのが面倒くさい」

「数えやすい一束50gほどのそうめんが欲しい」

 

このように思っている方は、購入前にそうめんのパッケージをチェックするのがおすすめ。

 

「思いがけず多めに茹でてしまった…」なんてことにならないので、気になる方はぜひ確認してみてくださいね。

 

もし、多めに茹でてしまった場合は、そうめんの水気をしっかり切った後、保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

 

保存する前にオリーブオイルやごま油を軽く馴染ませておくと麺が絡まりにくくなりますし、料理のアレンジもしやすくなります。

 

そうめん一人前の分量で足りる?

24469648_s

 

前述のように、そうめん一人前の標準分量は二束の「100g」です。

なので、そうめん一束だけ茹でてみると、やはり少ないかなと感じます。

でも、二束だと多いような気もするし…。

 

もちろん、人によって一束で十分、二束でも足りない、など、色々だと思います。

 

 

ちなみに我が家ではおおよそ、私が一束、小学生の子供も一束で、主人が二束です。

 

今はそれで足りてるようですが、子供が大きくなってくるとやはり一束では足りないかも。

 

つゆに入れて食べるそうめんだけなら一束では足らないとは思うのですが、おかずは必ずプラスするので、今はそれでちょうどくらいかな、という感じです。

 

結論としては、そうめんにプラスする「おかず」で満腹度は異なると思います。

 

ちなみにそうめんだけでおかずなしの食べ方だと大人2人で四束は欲しいかも。

 

という感じで、そうめんの食べ方も色々工夫されてる方も多いので一概には一人前何束、何グラム、とは言えないところもありますよね。

 

麺つゆにつけて食べる定番から、単に主食だけではなく、サラダや煮物にしたり、おつまみにしたりと、そうめんが和・洋・中と様々な形の料理へとアレンジされています。

 

料理によって、自分なりにそうめんの量を調整しながら考えて行くのがいいですね。

 

スポンサードリンク

そうめん一人前のカロリーはどれくらい?

23824079_s

 

暑い夏にさっぱりと食べたくなるそうめんは何となくヘルシーな印象があります。

でも、実はそばやうどんと比べるとカロリーが高い食材でもあります。

 

また、そばやうどんの約3倍糖質を含んでいるので、ダイエット中の方は避けた方が良いかもしれません。

 

具体的なカロリーは一人前100gで「356kcal」

糖質は約70gとなっています。

 

そうめんの原材料は主に小麦粉なので糖質が高いのは仕方がないのかもしれませんね。

 

ちなみに、そばとうどんの一人前当たりのカロリーと糖質は次の通りです。

 

<そば>

  • カロリー…274kcal
  • 糖質…約20g

 

<うどん>

  • カロリー…約220kcal
  • 糖質…約21g

 

 

中でも、そばは食後の血糖値の上昇率を示すGI値が低く、血糖値が上がりにくいため、ダイエットには最適の食材と言われています。

 

ダイエット中の方や血糖値を抑えたい方は、おそばを食べるのがいいかもですね。

 

そうめんを美味しく茹でるためのポイント

4888216_s

 

最後に、そうめんをより美味しく茹でるためのポイントについて解説していきます。

 

一人暮らしをして、初めてそうめんを茹でるという方など、ちょっとした心がけでそうめんがグッとおいしくなるので、ぜひこの機会にマスターしてくださいね。

 

茹でる時は「多めのお湯」で

 

まずは茹でる時。

この時は多めのお湯で茹でることが大切です。

 

具体的には一人前の分量100gに対し、1Lの水を使うのが良いでしょう。

そうめんを入れるのはお湯が沸騰したタイミング。

扇形になるように入れるのがコツです。

 

分量のそうめんを鍋に入れた後は、橋で軽くかき混ぜてほぐしていきましょう。

あとはパッケージに記載されている茹で時間を目安にザルにあげてください。

 

茹でる時間が長すぎると柔らかくなってしまいますし、短いと硬過ぎてしまうので、時間を量りながら茹でるのがおすすめです。

 

ザルにあげたらすぐに冷水につける

1196336_s

 

続いてのポイントは、茹であがりにすぐ冷水につけることです。

 

冷水につけないと熱がそうめんに残ってしまい、余熱でそうめんが柔らかくなってしまうので要注意。

 

軽く揉みながら洗うことで、表面のぬめりが取れて食感が良くなります。

 

また、冷水に長い時間つけておくと、そうめんの旨みが抜けてしまうのでこの点も注意。

 

短い時間でサッと冷やし、氷水に涼しげに浸していただきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

そうめんの分量は「一束=一人前」と思われがちですが、ご紹介した通り、正しい一人前の分量は「100g」。

ただし、一束50gのそうめんもあれば80gほどのそうめんもあるので、購入する際は商品のパッケージをチェックするのがおすすめです。

 

また、そうめんは茹で方と冷やし方のコツを押さえるだけでグッとおいしく食べられます。

ご紹介したポイントを参考にしつつ、おいしくそうめんを食べてみてくださいね。

コメント