森七菜さん出演CMプリマヴィスタでエレカシ「悲しみの果て」を歌ってるのは誰? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

森七菜さん出演CMプリマヴィスタでエレカシ「悲しみの果て」を歌ってるのは誰?

音楽
この記事は約4分で読めます。

女優・森七菜さん出演の2022夏新CM、花王プリマヴィスタで流れている「悲しみの果て」

エレファントカシマシの曲、「悲しみの果て」をカバーしてるのは誰?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

森七菜さん出演 花王のCMで「悲しみの果て」を歌ってるのは誰?

 

先日、テレビから流れた花王ソフィーナ プリマヴィスタの新CM、聞き覚えがある曲だなと思ったら、なんとエレファントカシマシの「悲しみの果て」じゃないですか。

 

歌っているのは誰?

 

最初はCM出演の森七菜さん?だと思ったんですが、なんか違う?

 

〈花王公式YouTubeより〉

 

というワケで、調べてみたらありました。

 

「悲しみの果て」を歌っているのは『もっさ』さん

「悲しみの果て」をカバーしているのは『ネクライトーキー』という日本のロックバンドでボーカル&ギターを担当している、『もっさ』さんという方でした。

 

 

もっささんとは兵庫県出身の現在28歳の女性で、作詞作曲、CDジャケットやグッズ等のアートワークを手掛けたり、別名義で活動されてたりと、多才な方なんですね。

 

これが、そのもっささん。

 

もっささんの声って、声優さんみたく、メチャメチャ可愛い。

ポップなメロディは一度聴くとクセになりそう。

 

 

■ネクライトーキーオフィシャルサイト

 

 

そもそも、この「悲しみの果て」のイメージからして花王の新CMに起用されたっていうのがビックリ。

 

力強くて魂を感じるエレカシの曲が女性のハイトーンボイスで歌われるとこんなにも可愛く、ポップになるんですね。

 

「悲しみの果て」は他にもリトグリの manakaさんがカバーしてるのを聴いたことがあります。

男性なら秦基博さんとかですね。

 

manakaさんの場合は、ほぼほぼ原曲を忠実にカバーされてるという印象でした。

女性の声ながら、力強くてカッコ良かったです。

 

なので、このCMを初めて聴いた時はエッ?っとなりました。

原曲のイメージからすれば、賛否両論あるかも知れないですが、でも、イメージが変われど、歌い手が変われど、やはりこの曲には響くものがあります。

 

これはもう、曲の持つ魅力ですよね。

 

このもっささんの「悲しみの果て」ですが、実は2021年に花王ブランドムービーにも使われていたんですね。

 

 

〈花王公式YouTubeより〉

 

スポンサードリンク

エレファントカシマシ「悲しみの果て」は希望の歌だ!

 

「悲しみの果て」はエレファントカシマシの1996年の曲です。

 

反町隆史さんが出演されていた、江崎グリコ「アーモンドチョコレート」のCMにも使われていました。(ちなみに江崎グリコでは「風に吹かれて」も起用してましたよ)

 

これがエレファントカシマシの「悲しみの果て」です。

 

 

いつ、何度聞いてもいい曲です。

聴くほどに、前向きになれる曲。

どこか切なくて、でも力強い。

 

2011年、東日本震災後にFNN歌謡祭の生放送でエレカシの「悲しみの果て」を聴いた時は鳥肌が立ちました。

 

演奏前の宮本さんのひと言

「俺たちの希望の歌です」

 

シンプルな曲の中に、宮本さんの熱い想いとメッセージが響いた「悲しみの果て」

 

エレカシの演奏と宮本さんの歌声に胸打たれたのを覚えています。

スポンサードリンク

まとめ

色んな方がカバーをしている「悲しみの果て」

今回のCMではビックリしましたが、いいものはいい。

女性に希望を与えるCMにエレカシの曲が起用されるのもうなずける気がしました。

そう思いながら今日はエレカシの曲を聴こうかと思いました。

コメント