夫の呼び方のマナーは?こんなシーンではどう呼べばいい? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

夫の呼び方のマナーは?こんなシーンではどう呼べばいい?

暮らしのマナー

妻の配偶者の呼び方は、「主人」「旦那」「亭主」そして「夫」と様々です。

ですが、ビジネスの場で「うちの亭主が~」と言うのは、少し違和感がありますよね?

そこで今回は、夫の呼び方のマナーについて詳しくご紹介していきます。

「こんなシーンでは、どう夫を呼べばいい?」と悩むことが多いという方は、ぜひ記事内容を参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

夫の呼び方のマナーはこう使いわけよう!

23237936_s

それでは早速、夫の呼び方のマナーをシーン別に解説していきます。

「夫」

まず1つ目は、「夫」です。

これはプライベートやビジネスと広く使える呼び方。

フォーマルなシーンなどで配偶者の呼び方のマナーに困ったら、「夫」と呼べば違和感はないでしょう。

「主人」

夫のビジネス関係の人や夫婦にとって目上の人と会う時に「夫」という呼び方をすると、少し生意気な印象に繋がることもあります。

特に夫のビジネス関係で目上の人と会うような場合は、夫を立てる意味でも「主人」と呼ぶのがマナー的にも良いでしょう。

「旦那」

数ある夫の呼び方の中でも、特にカジュアルな言い方。

プライベートで付き合いがある友達同士で話す時によく使われます。

呼び方がカジュアルなので、ビジネスシーンで使うと違和感を与えるので注意しましょう。

「亭主」

「家の主」という意味合いの「亭主」は、ひと昔前は使われることも多かった呼び方ですが、現代ではあまり使わなくなってきています。

使うとするなら、こちらの呼び方もビジネスのようなフォーマルなシーンではなく、プライベートで使うのが良いでしょう。

「相方」「うちの人」など

近年は夫婦対等という意識が根付いていて、対等な関係性を表す「相方」や「うちの人」といった呼び方も一般的に使われ始めています。

「主人」や「旦那」といった呼び方は「家の長」という意味合いも含まれているため、「夫婦関係は対等なのに、何か違和感がある」という方は、このような呼び方を使ってみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

呼び方で夫婦の印象は変わる

22938530_s
ご紹介したように、夫の呼び方は様々ですがルールが明確に決まっているわけではありません。

ですが、夫の仕事関係の人と会う時や、夫の親しい人と接する時に「旦那」、「亭主」という呼び方をするのは、マナー的にも少し違和感があります。

このような時は「夫」や「主人」を使うのが良いでしょう。

一方、対等な夫婦関係を大事にしたいという方は、「相方さん」や「うちの人」、配偶者の名前で呼ぶのがおすすめです。

呼び方ひとつで夫婦の印象がガラっと変わるので、お互いに相談しながらシーン別に適した呼び方を探してみてくださいね。

スポンサードリンク

知り合いの配偶者の呼び方のマナー

24191229_s

友達や仕事の同僚など、付き合いの中で知り合いの配偶者の話題が出ることもあるでしょう。

ここからは、知り合いの配偶者の呼び方のマナーを解説していきます。

目上の女性と接する場合

目上の女性と話す場合、その女性の配偶者の呼び方は「旦那さん」や「旦那様」、「ご主人」などが良いでしょう。

女友達と接する場合

女友達と接する場合、友達の配偶者は「旦那さん」といったカジュアルな呼び方で問題ありません。

女友達とママ友なら、「パパさん」と呼ぶのも違和感はないでしょう。

まとめ

夫の呼び方は様々で、シチュエーションごとにマナーも異なります。

厳密な決まりがあるわけではありませんが、シーンごとに使い分けることで違和感なく会話することができるので、ぜひ参考にしてください。

また、知り合いの配偶者の呼び方もシチュエーションごとに変えるのがベスト。

目上の女性と友達のように対等な女性では、配偶者の言い方を変えた方が自然に会話できるので、ご紹介した内容をぜひ参考にしてくださいね。

コメント