夜行バスで腰やお尻が痛くならない方法は? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

夜行バスで腰やお尻が痛くならない方法は?

旅行

長距離を、安い料金で移動する事が出来る夜行バス。

 

10代~30代の人にとっては、非常に重宝する移動手段だと思いますが、長時間夜行バスに乗っていて腰やお尻が痛いと思った経験はありませんか?

 

中には、腰やお尻が痛いのが嫌で、夜行バスでの移動を躊躇してしまう人もいるかもしれませんね。

 

そこで今回は、夜行バスで腰やお尻が痛い人に向けて痛くならない方法というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

夜行バスで腰やお尻が痛くなる理由

879963
それでは早速、夜行バスで腰やお尻が痛くなる理由から解説していきましょう。

 

長時間同じ姿勢による血行不良

 

まず1つ目の理由は、長時間同じ姿勢による血行不良です。

 

夜行バスのように、長時間同じ姿勢でいると私たちの血流は少しずつ滞ってしまうのです。

 

そうすると、本来血流がスムーズに届いていれば痛くならない腰やお尻の辺りに、痛みを感じる人もいます。

 

特に、血流が滞ると下半身に痛みは集中してしまう傾向があるため、夜行バスに長時間乗っていると腰やお尻が痛くなってしまうのです。

 

同じ部分の筋肉に負担がかかる

876866

2つ目の理由は、同じ部分の筋肉に負担がかかるという事です。

 

こちらも、血行不良に通じるものがありますが、長時間同じ姿勢で座っているので、同じ部分の筋肉に負担が集中してしまいます。

 

そうなると、負担がかかっている筋肉が休むことが出来なくて、結果的に痛みとして表面に現われてくるという仕組みです。

 

夜行バスでの移動中の姿勢は、特に腰やお尻の筋肉に負担のかかる姿勢でいる事が長いので、痛みを感じる人が多いのでしょう。

 

慣れない環境でのストレス

 

そして3つ目の理由は、慣れない環境でのストレスです。

 

夜行バスでの移動は、そう何度も日常的にある事ではありませんよね。

 

そのため、普段はベッドなどで横になって寝ているのに、椅子に座った状態で夜の間過ごすという環境自体が体にとってはストレスに感じて、腰やお尻が痛いという状態になる事があるのです。

スポンサードリンク

夜行バスで腰やお尻が痛くならない方法はある?

1540244

では次に、腰やお尻が痛くならない方法はあるのか?という事について解説していきましょう。

 

夜行バスでは、腰やお尻が痛くなる事が多いと思いますが、痛くならない方法さえ分かっていれば腰やお尻が痛くなることなく快適に目的地まで移動する事も可能です。

 

ここでは、夜行バスの車内でも気軽に簡単に出来る、腰やお尻が痛くならない方法をご紹介していきます。

定期的に姿勢を変える

2153121

夜行バスで、腰やお尻が痛くなる原因は、長時間同じ姿勢でいる事による血行不良が大きいので、定期的に姿勢を変えて血行を正常に保つことが大切です。

 

先ほども、痛く理由として解説いた通り、同じ姿勢は特定の筋肉にもとても負担がかかります。

 

そのため、座っている時に足を組むクセがある場合や、片方の身体に重心が偏るクセがある場合は、定期的に力のかかる部分を分散させるような姿勢を心がけるようにすると良いでしょう。

 

体を伸ばしたりストレッチをする

629923

腰の痛みに加え、お尻の痛みの大きな原因は大殿筋というおしりの筋肉の痛みと言われています。

 

そのため、痛みの根本となっている大殿筋をストレッチで伸ばしてあげる事で、痛みを和らげることが出来るのです。

 

大殿筋を効率よく伸ばす方法は、下記の通りです。

 

  1. リクライニングを少し倒し体を伸ばします。
  2. 両足を胸の前で抱え、膝を胸につくまで寄せます。
  3. その状態を10秒ほどキープしましょう。
  4. その後、元の姿勢にゆっくり戻します。

 

以上の動きを何度か繰り返すと、大殿筋を伸ばすことが出来ます。

スポンサードリンク

腰やお尻が痛い人におすすめの夜行バスの特徴

 

それでは最後に、腰やお尻が痛い人におすすめの夜行バスの特徴をご紹介していきたいと思います。

 

座席が広い夜行バス

 

1つ目は、座席が広い夜行バスです。

 

夜行バスでは、自分の座席に座った状態で長時間過ごすので、座席が広いと適度に体勢を変える事ができ腰やお尻が痛くなるのを防ぐ事が出来ます。

 

座面にクッション性がある

 

2つ目は、座面にクッション性がある夜行バスです。

 

座面が硬いと、大殿筋への負担が大きくなり痛みを感じやすいと言われています。

 

そのため、血流が悪くなるのを防いだり、筋肉への負担を最小限に減らすためには、座面にクッション性がある夜行バスを選ぶと良いでしょう。

 

リクライニング範囲が広い

 

そして3つ目は、リクライニングの範囲が広い夜行バスです。

 

リクライニングの範囲が広いと、適度に体を伸ばすことが出来るので、腰やお尻の痛み対策に繋がります。

 

まとめ

 

さて今回は、夜行バスで腰やお尻が痛い人に向けて、痛くならない方法というテーマで、詳しく解説してみました。

 

夜行バスは、安い料金で長距離を移動する事が出来るので、特に10代~30代の人に人気のある移動手段です。

 

しかし、長時間の移動で、腰やお尻が痛くなってしまって困っている人も多いでしょう。

 

そのような時は、今回ご紹介した方法をぜひ活用してみてくださいね。

コメント