住所の0(ゼロ)は漢字でどう書く?縦書きと横書きの違いは? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

住所の0(ゼロ)は漢字でどう書く?縦書きと横書きの違いは?

雑学

縦書きの祝儀袋や年賀状を書く場合、住所に「ゼロ」が入っていると漢字でどのように書けば良いのか悩んでしまいますよね?

そこで今回は、祝儀袋などの住所に「ゼロ」が入っていた場合の漢字の書き方や、縦書きと横書きの違いについてご紹介していきます。

大事なシーンで役立つ豆知識なので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

横書きで住所を記入する場合、0(ゼロ)はどう書けば良い?

232782_s

一般的な封筒や年賀状などのはがきに記入する郵便番号は、基本的に横書き仕様になっています。

このような仕様のタイプで郵便番号に「ゼロ」が含まれる場合は、算用数字の「0」と記入して問題ありません。

 

算用数字とは、「0、1、2、3、4、5…」で表される数字のこと。

 

封筒の裏面に自分の住所を記入する場合は、自分の住所の郵便番号は算用数字の横書き、それ以外の住所や氏名は縦書きという形でも良いですし、横書きで書けるならそのように書いても問題ありません。

書きやすいスタイルで書いていきましょう。

郵便番号や住所を縦書きにする場合、0(ゼロ)はどう書けば良い?

296382_s

祝儀袋などでは郵便番号やその他の住所を縦書きで書くこともあるでしょう。

このような場合、「ゼロ」を含めた数字は漢数字を使うのが基本です。

 

漢数字とは、「一、二、三、四、五」と漢字で記す数字のこと。

例えば、郵便番号が「320-2345」なら

 

 

となります。

この時の「ゼロ」も他の数字と同様に漢数字となり「〇」もしくは「零」となるので注意。

 

縦長の0と比べると〇はより綺麗なマルという感じです。書き順は上から反時計回りに一周させる書き方でOK!

 

パソコンやスマホで「ゼロ」と打つと漢数字のゼロも確認できるので、気になる方はぜひ確かめてみてください。

 

「ゼロ」は「〇」もしくは「零」のどちらも使えますが、現代では「〇」と書く方が圧倒的に多いので、迷った時は「〇と書く」と覚えておきましょう。

 

ちなみに、祝儀袋で10,000円と縦書きで書く場合、

 

 

となります。

ですが、例で挙げたような10,000円のご祝儀なら、

 

 

もしくは、

 

 

と漢数字より旧字体の漢字を使う方が自然でしょう。

こちらもぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

漢字の書き方には種類がある

縦書きで住所を書く場合、「ゼロ」を含めた数字の書き方には主に2種類あります。

どういったものなのか、詳しく見ていきましょう。

命数法

命数法とは、読み方の通りに漢字に直していくという方法です。

 

例えば、「1130」という数字の場合は「千百三十」となります。

この中にも「0」が含まれていますが、住所の番地などはこのように書くことが多いです。

 

記数法

記数法とは、数字を千の位、百の位から考えるのではなく、そのまま記していくという方法です。

 

例えば、「1130」という数字の場合は「一一三〇」となります。

住所の中の郵便番号や部屋番号はこのように記すことが多いです。

 

命数法は番地を書くのに使われることもありますが、「1028番地34号」など長い番地を書く時に使うと、かえって読みづらくなってしまいます。

 

番地が場合は記数法にした方がよりスッキリ見せるので、住所に合わせて見やすい方を選択してみてください。

まとめ

「縦書きの数字」と聞くと、一や二はイメージができますが、「ゼロ」となると、漢字でどう書けば良いのか、つい悩んでしまいます。

住所を縦書きで記す場合、ゼロは「〇」もしくは「零」と記入するようにしましょう。

また、漢数字の中でも、番地などは命数法、郵便番号や部屋番号は記数法にすることで、より住所を読みやすく記すことができます。

あらたまった贈り物や祝儀袋などで縦書きの住所を書く時は、ぜひ記事でご紹介した内容を参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

コメント