クリスマスプレゼントはいつ渡す?子供の枕元に置く時のおすすめ演出! - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

クリスマスプレゼントはいつ渡す?子供の枕元に置く時のおすすめ演出!

クリスマス

小さなお子様がいるご家庭にとって、クリスマスは大事な一大イベント。

子供に買ったプレゼントをいつ渡すか、置く場所は枕元で良いのかなど色々考えてしまいますよね?

そこで今回は、クリスマスプレゼントをいつ贈るのが良いかや、おすすめの置き場所について詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

クリスマスプレゼントはいつ渡すのがベスト?

santa-claus-gebb85a31c_640

まずは、クリスマスプレゼントをいつ渡せば良いのか?という点について解説していきます。

結論からいうと、一般的なクリスマスプレゼントは、「24日の夜」に贈ることが多いです。

実は正式なクリスマスは「24日の日没から25日の日没までの間」となっていて、25日になってから贈るとタイミング的に少し遅くなってしまうのです。

逆に24日の朝だと少し早過ぎてしまうため、最も適切なタイミングは「24日の夜」となります。

 

また、世の中の子供たちは「サンタクロース=イヴの真夜中に煙突から家に入ってきて、プレゼントを枕元に置いてくれる」と思っています。

25日に渡すと「24日の夜に来てくれなかったんだ…」と子供をガッカリさせてしまうことになるます。

なので、特別な理由がない限り、なるべく24日の夜に贈るようにしてくださいね♪

子供のクリスマスプレゼントはいつ枕元に置く?

4246397_s
次にクリスマスプレゼントを置く場所についてご紹介していきます。

クリスマスプレゼントを置く時は、枕元が良いのか、クリスマスツリーがある居間が良いのかなど悩みますよね?

多くの人が実際にやっている方法は「子供が寝ている枕元に置く」というものです。

 

子供が寝静まったタイミングを見計らって、そっと子供の枕元にクリスマスプレゼントを置きましょう♪

間違えても、子供が起きている時に枕元に置かないように要注意!

スポンサードリンク

サンタクロースの正体が両親だとバレると、子供の夢を壊しかねないので、十分気をつけてくださいね。

 

また、枕元は朝起きてすぐクリスマスプレゼントが置いてあることが分かる場所。

クリスマスプレゼントが来ていることを子供はすぐに気付いてくれるので、とても喜んでくれるでしょう。

 

まとめると、「クリスマスプレゼントは24日の夜、枕元に置くのがベスト」です!

いつ、どうやって子供にクリスマスプレゼントを贈るか迷っている方は、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

プレゼントの他に「手紙」「謎解き演出」もおすすめ

4246548_s

「クリスマスをもっと特別なイベントにしたい!」と思っている夫婦は、クリスマスプレゼントに手紙を添えるのもおすすめ。

 

「1年間がんばったね」や「おもちゃ大切に使ってね」「パパとママと楽しく過ごしてね」などひと言添えることで、子供のクリスマスはより特別な思い出になるでしょう。

 

また、ちょっと凝ったクリスマスを演出したいなら、枕元に手紙を置き、クリスマスプレゼントが置いてある場所のヒントを書いておくのもおすすめ。

 

「プレゼントはリビングに隠されている」「箱の色は黄色」など子供が分かりそうなヒントを書いておきましょう。

謎解きをするシチュエーションを演出することで、より子供もワクワクしてくれますよ!

 

謎解きなどが好きな子供なら、この方法を取り入れてクリスマスプレゼントを渡すのもおすすめなので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

小さいお子様がいる方は、クリスマスプレゼントをいつ贈れば良いか迷うかもしれませんが、おすすめは24日の夜に枕元に置いて、子供が25日の朝に気付くというパターン。

よりクリスマスを特別なものにしたい方は、手紙を添えたり、なぞなぞ風にしたりするのも良いですね♪

年に1度のイベント、ぜひお子様に喜んでもらう工夫をしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント