一人暮らしの暖房器具はどれがいい?おすすめ7撰と選び方のポイント 

d782eef3711d653f34732586c8f1c7c7_s

一人暮らしをされている方、またこれから予定されている方。
冬に向けて暖房器具は必須です。
でも、どんな暖房器具がいいのか、考えてしまいますね。
ココではできるだけ安く、暖かく過ごせる暖房器具はどんなものが良いのかを考えてみました。

スポンサードリンク

一人暮らしでおすすめな暖房器具の選び方のポイント

d60ab97ec7e306ad30603ef4b8c3a223_s

一人暮らしを始めるにあたり、用意しなければならない物は多くあります。
そのなかでも特に重要なのは暖房器具です。

実家暮らしをしていたときは、暖房器具を当然のように使っていた人も多いでしょう。
しかし一人暮らしの物件は据え付けられていないケースも少なくありません。
そういわれても、どのような暖房器具を購入すると良いのか迷うかもしれません。
やみくもに選んでしまうと、暖まらなかったり電気代が高額になってしまったりする恐れがあります。

一人暮らしは出費が増えやすいので、なるべく節約したいと考えるのではないでしょうか。
そのため暖まりやすさと電気代は暖房器具の選定における大きなポイントといえます。
選び方が難しいと感じるなら、この2点だけでも意識するようにしてください。

それらに大きな影響を与えるのは部屋の広さです。
同じ暖房器具でも部屋の広さによって、その働きには大きな差が生じます。
買いにいくときは、広さを確認しておくことを忘れないようにしましょう。

ポイント➡暖まりやすさと電気代、部屋の広さを意識して選ぶ。

 

一人暮らしにおすすめな暖房器具1~3とその理由

一人暮らしにおすすめな暖房器具は複数あります。

エアコン
そのなかでも一番よく用いられているのはエアコンです。
部屋全体を暖められるので、室内で活動しやすくなることが人気の理由です。
設置しても邪魔にならいことも大きなポイントといえます。
年々進化しており、掃除をしなくて良いタイプなども発売されています。
一人暮らしで家事が疎かになりがちな人は、購入を検討してみると良いでしょう。

ストーブ
ストーブも昔から定番の暖房器具です。
エアコンほど広範囲を暖められませんが、配置した場所の一帯の温度が上がります。
設置にエアコンのような工事が必要でないことも、よく選ばれる大きな理由です。

こたつ
3つ目の暖房器具も、昔からお馴染みのこたつです。エアコンやストーブと違って、空間を暖める効果は得られません。
しかし一人暮らしの場合は、室内で移動することはあまり多くないでしょう。
そのため素早く効率的に暖まるのに向いています。
コストパフォーマンスはとても高いです。


【ふわふわっ 極柔こたつ布団2点セット(掛け・敷き) 80幅テーブル対応】180×180cm しっとりなめらかなフランネル素材 ボリューム中綿サンド 保温こたつ掛け敷き布団 (ブラック色)

スポンサードリンク

一人暮らしにおすすめな暖房器具4~7とその理由

セラミックヒーター
一人暮らしにおすすめする4つ目の暖房器具はセラミックヒーターです。
遠赤外線の作用によって手軽に部屋を暖められます。
何かを燃焼させるわけではないので、換気の必要性が高くないこともメリットといえるでしょう。


山善(YAMAZEN) セラミックヒーター(1200W/600W 2段階切替) ホワイト HF-J122(W)

石油ファンヒーター
5つ目の暖房器具は石油ファンヒーターですが、こちらも部屋を手軽に暖められます。
石油が必要ですが電気代を抑えやすいメリットがあり、暖めるパワーも強いものが多いです。
そのため節約と暖かさを両立させたい人におすすめできます。

電気カーペット
そして6つ目の暖房器具は電気カーペットです。
寒い地域では、これだけで過ごすのは辛いかもしれません。
しかしストーブやヒーターと組み合わせると、足元が冷えにくくなり過ごしやすくなります。

電気毛布
7つ目におすすめするのは、電気によって暖かくなる毛布です。
こちらも単独で使用するには物足りませんが、椅子や床に座っているときなどに使うと心地よいです。
デザイン性が良いものが多いので、部屋のインテリアにこだわる人におすすめです。


コイズミ 電気肩ひざ掛け毛布 150×93cm KDH-5067

まとめ

部屋が暖かいと心の中まであったかくなります。
でも、やはり気になるのは光熱費。
節約を頭に置きながら、一人暮らしに適切な暖房器具を選びましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。