赤ちゃんの紫外線対策に日焼け止めクリームは必要?

fa8e8274157a91d6c863ae4af8c828d8_s

紫外線が気になる季節がやってきます。
ママにとって、赤ちゃんと一緒の外出は特に気を遣われることでしょう。
大人だけではなく赤ちゃんにとっても紫外線は大敵です。
紫外線対策で定番なのは日焼け止めクリームを塗ることですが、大人だけでなく赤ちゃんにも必要なのでしょうか?
また、赤ちゃんにつけても良いものなのでしょうか?

スポンサードリンク

赤ちゃんに日焼け止めクリームは必要?

赤ちゃんの肌はスベスベというイメージがあるかもしれませんが、実は乾燥しているという特徴があります。
そのため、紫外線をブロックしてくれる成分も少なく、大人なら問題のない刺激でもダメージを負ってしまうというケースもあります。
後々のシミやそばかすに繋がりうることなので、しっかりとケアしてあげることが肝心です。

赤ちゃんや子供の頃に浴びた紫外線は、大人になって浴びる紫外線よりも皮膚がんやシミ、シワの原因になると言われています。
そのため、赤ちゃんのうちから紫外線対策を行うことが重要となります。

そこでおすすめなのがノンケミカルの日焼け止めクリーム』です。
ノンケミカルとは文字通り化学物質を使用していないということです。
赤ちゃんの肌は化学物質に刺激されると思いもよらない反応を示すことがあります。そこでノンケミカルの日焼け止めクリームを塗ってあげることが大切となってきます。

ノンケミカルの日焼け止めクリームは、無香料や無着色のものは特に肌への負担が少ないのが特徴です。

海やプールへ行く際には特に日焼け止めクリームを塗る必要性が高いです。
SPFが高いものは紫外線が体に与える影響を抑える性質が優れているので、日焼け止めクリームを選ぶ際には要チェックです。

赤ちゃんに日焼け止めクリームを塗る時の注意点

赤ちゃんに日焼け止めクリームを塗る際の注意点として、ムラにならないようにすることが挙げられます。
ムラになってしまうと日焼け止めクリームの濃い部分に肌への大きな影響が生まれます。
それは逆効果にもなり得るので薄く広く塗ることが大切です。

外出中、赤ちゃんは汗をかきやすいので、2、3時間おきに日焼け止めを塗り直すのも忘れないようにしましょう。
そして、肌荒れを防ぐためにも、帰宅したらすに日焼け止めを洗い流す必要があります。
しっかりと泡だてた石鹸を使用すれば、肌を強くこすることなく日焼け止めクリームを落とすことが出来ます。
長時間に渡ってクリームが肌に残らないようにしましょう。

赤ちゃんは指をしゃぶる癖があるので、指には口に入れても大丈夫な成分を使用する必要があります。
オーガニック原料の日焼け止めクリームは肌が弱い赤ちゃんにはピッタリ。
具体的にはシアバターやハーブが配合されているものはおすすめです。

肌にやさしい日焼け止めクリームはたくさんあります。
中でもおすすめなのは「アロベビー UVクリーム」
新生児から使える天然無添加の日焼け止めクリームです。

100%天然由来成分で作られているので肌に優しく新生児から使えます。
すっと肌に馴染むオーガニック日焼け止めなので、外出時にも手軽に使え、いつでも簡単に塗りなおせます。
お湯だけですっと洗い流せて、サラッとして、べたつきません。
また、ラベンダーとローズの香りがほのかに薫ります。

敏感な赤ちゃん肌でも安心して使えます。

赤ちゃんはちょっとした匂いにも不快感を示してしまうことがあるので、できるだけ匂いの少ない日焼け止めクリームを選ぶことが大切です。

紫外線=UVの防御率を表示するSPFという数字が日焼け止めには表示されていますが、日常生活で使うなら、SPF15~30で十分です。

数値の高さより、均一にムラなく塗る、小まめに塗り直すなど、正しい使用方法を心がけることが大切です。

 

スポンサードリンク

その他のおすすめ赤ちゃん紫外線対策グッズ

赤ちゃんの紫外線対策グッズの定番といえば帽子が挙げられます。
帽子は顔などの紫外線対策に加えて、眩しさを軽減することが出来ます。

また、頭を冷やさないようにする点でも非常に優秀といえます。
ベビーカーに日よけをつけるとさらに効果的です。

海外ではベビーサングラスを装着することで目への紫外線対策万全を期すことも多く、徐々に日本でも広まっています。
目は紫外線に弱い部分なのでしっかりと守ってあげることが大切です。

日傘もオーソドックスですが、紫外線対策としては一定の効果があります。
日傘の場合は赤ちゃんとお母さんの両方に対する日差しをブロック出来るメリットがあります。

日焼けを防ぐにはメラニン色素の生成を防ぐ食材を食べることも有効です。
具体的にはトマトやブロッコリー、青魚などには紫外線の影響を抑える成分が含まれています。

これらの食材は赤ちゃんが直接食べることは難しいので、お母さんが摂取し授乳を通じて赤ちゃんに与えることが大切です。

まとめ

赤ちゃんのうちから紫外線対策を行うことはとても重要となってきます。
赤ちゃんの肌に使える、やさしい成分の日焼け止めクリームが増えているのでぜひ活用してください。
帽子などと併用し紫外線から赤ちゃんを守りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。