彼女欲しい人へ!おすすめの自分磨き5ステップ - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

彼女欲しい人へ!おすすめの自分磨き5ステップ  

恋愛

彼女欲しいと思う人の中には、自分磨きの努力を重ねようと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし「自分磨き」の定義とは漠然としていて、何をしたら良いか分からない部分もあるでしょう。

当記事では「自分磨き」の定義を「自分自身の変化に繋がる行動」「他人より優れた部分を作るもの」として、自分磨きの方法を解説していきます。

スポンサードリンク

必見!彼女欲しい人におすすめの自分磨き5ステップ

man-893213_640

彼女欲しい人で、自分磨きの方法として「高級な美容室で髪を切る」「高いお金をかけてお洒落な服を着る」といった行動をしている人もいるでしょう。

イメージを変えるといった点で正しい行動と言えますが、人によっては「自分にお金をかけた自分磨きを自信に変換している」という場合もあります。

今回は、異なる面から自分磨きの5ステップを解説していきます。

自分の「外見」「内面」を客観的に見る

彼女欲しい人は、自分の「外見」「内面」を客観的に見ることで自分磨きがしやすくなります。

例えば、仲の良い友達に「現状の自分」の感想を聞いてみると良いかもしれません。

なぜなら、自分が思っている「自分」と他人から見える「自分」は認識が異なることが多いからです。

すると、冷静に「現状」と「未来」の自分を見るためには、客観的に見る必要がありますよね。

もし客観的に自分を見ることができたら、長所や短所などを見極めて、「自分磨き」に重点すべき部分が見えてくるでしょう。

自分の長所を伸ばしていく

man-4308498_640 (1)
次に、客観的に見た自分の長所を伸ばしていくと良いでしょう。

例えば「優しい人」なら優しさを伸ばしていくと、誰にも劣らない良い部分になるかもしれません。

また、自分の長所が「顔」なら、顔を活かすための服装や見た目に変えることで、自分の魅力を引き出すことができます。

もちろん、誰でも長所は外見や中身のどちらかに必ず存在します。

長所を伸ばすことで「誰にも引けを取らないオンリーワンの存在」になれる可能性があるため、ぜひ自分の長所を伸ばしてみてください。

自分の短所は「人並み」「少し劣っている」くらいで妥協する

また、自分磨きの中で「自分の短所は切り捨てる」という方法もあります。

短所は「人並み」「人よりも少し劣っている」くらいで良いでしょう。

なぜなら、短所を長所に変えることはかなり難しいからです。

もしできたとしても、自分の長所を伸ばしたほうが効率的で早く済むのではないでしょうか。

そのため、自分の短所は「人並み」「少し劣っている」くらいで妥協しておきましょう。

完璧を目指そうとすると、目標が多すぎて心が折れてしまうからです。

スポンサードリンク

「外見」はシンプルかつ清潔感のあるものにする

model-2911330_640

彼女欲しい人で自分磨きをしたい人は、外見をシンプルかつ清潔感のあるものに変えていきましょう。

例えば、服装・髪型・爪の短さ・装飾品のシンプルさなどです。

理由は「飾り過ぎる人ほど距離感を置かれる」からです。

極端な例えですが、高級な服を着て、宝石のアクセサリーに包まれている女性は話しかけにくいですよね。

ただ「お金を持っていそう」というメリットを感じて話かける男性もいるかもしれませんが、恐らく「相手そのもの」は好きではないかもしれません。

そのため、外見はシンプルかつ清潔感のあるものに変えておくことで、他人から「話しかけやすい」「関わりやすい」といった印象に変わるのではないでしょうか。

社交の面で自分磨きをしたい男性はぜひ試してみてください。

「内面」は自分に自信を持てるようにする

boy-4393263_640

最後に、彼女欲しい男性は「内面」を自分に自信が持てるようにしましょう。

なぜなら、自分に自信がないと彼女作りの行動が億劫になり、アプローチも及び腰となり、交際後も心が折れやすくなるからです。

例えば「自分に自信がない人ほど環境や他人のせいにする」と言われますよね。

もちろん、実際に環境や他人のせいの場合もあるでしょう。

しかし、大半は「自分に自信が無いから周りのせいにする」といったケースが多いのではないでしょうか。

そのため、自分磨きの内面の分野では「自分に自信を持てる」という点に注力することをお勧めします。

まとめ

彼女欲しい男性が自分磨きをするコツについて解説しました。

たまに見かける「自分磨き」に「見た目を変えるために多くのお金を使う」等の方法もありますが、お金をかけたから自分が磨けるわけではありません。

もちろん、外見的に磨かれる部分もあるかもしれませんが、相対的なコストや効率を考えると他の分野に注力したほうがいいこともあります。

ぜひ当記事を参考に自分磨きに専念してください。

スポンサードリンク

コメント