復縁したい時にやってはいけない5つの行動!一周回って逆効果になる!? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

復縁したい時にやってはいけない5つの行動!一周回って逆効果になる!?

恋愛

失恋した後に「復縁をしたい」と思ったこと、ありませんか?

未練を感じない恋愛は少なく、どのような人でも多少の後悔と「やり直したい」と考えることがあるでしょう。

しかし、復縁するための行動を起こす時にNGな行為があります。

今回は復縁したい時にやってはいけないことを解説していきます。

スポンサードリンク

一周回って逆効果!?復縁したい時にやってはいけない5つの行動

love-1281655_640

復縁を望む時に、一周回って逆効果になる「やってはいけないこと」があります。

そのうちの1つとして「友達を利用して強制的に復縁させる」といった行為も該当するでしょう。

それでは、復縁を望む時にやってはいけないことを5つ紹介していきます。

別れた後の冷却期間を作らないのはNG

復縁でやってはいけない行動として、別れた後の冷却期間を作らないことが挙げられるでしょう。

すなわち、冷却期間を作ることが必要ということです。

なぜなら、復縁とは一種の相手との交渉であり、何らかの縺れがあって別れた以上、お互いが冷静になるためのクールダウン期間を設けなければならないからです。

例えば、仕事で誰かと「交渉」をする際にお互いの関係が悪い状態では、いくら好条件を持って行ったとしても突っぱねられてしまいますよね。

復縁も同じように「双方が持つ嫌な感情」を冷ます期間が必要です。

復縁したい場合は別れた後の冷却期間を必ず作るようにしましょう。

自分の気持ちを安易に伝えてしまう

復縁でやってはいけない行為の1つとして、自分の気持ちを安易に伝えてしまうことも避けたほうが良いでしょう。

理由は、冷却期間を置いた後だとしても安易に「好き」と伝えてしまうと、距離を置かれる可能性があるからです。

もし自分が振った側で相手にあまり関心がなかったら「避けておこう」と思いますよね。

よって、復縁を望むなら自分の気持ちを安易に伝える行為は避けることをお勧めします。

相手に余裕な態度を見せて「追うより追われる側」になってこそ、復縁は成功しやすくなるでしょう。

相手にしつこく連絡する

hands-1822956_640

復縁でやってはいけないこととして、相手にしつこく連絡する行為が該当します。

例えば、LINEやメール等の些細な会話でも長文の文章を打ち、何度も送ってしまう行動は避けたほうが良いかもしれません。

なぜなら、もし自分が相手の立場になった時「しつこいかも」と思うはずだからです。

1日に数回以上の連絡や、毎日連絡が来ることが嫌な人もいることでしょう。

相手の性格にもよりますが、復縁を望むなら「親友」ではなく「少し距離のある友達」として連絡のペースを考慮してみると良いかもしれません。

スポンサードリンク

相手の気持ちを無視した行動を取る

相手の気持ちを無視した行動を取ることは、復縁を望む上で最もやってはいけないことでしょう。

なぜなら「自分のことしか考えていない」という本音が相手に伝わってしまうからです。

当然、自分のことだけを考えている人物のことを良く思う人はいませんよね。

よほど優しい相手なら少々自分に合わせてくれるかもしれませんが、大抵の場合は嫌悪の感情に変わっていきます。

復縁したい時は相手の気持ちを考えた上で行動していくようにしましょう。

上から目線の言動をする

復縁でやってはいけないことで「上から目線の言動をすること」が含まれます。

例えば「俺がいないとあなたはダメになるから」「あなたは寂しそうだし、仕方ないから付き合ってあげる」等の発言は、かなり好意的な印象を持つ人物でない限り受け入れがたいですよね。

また、もしも自分が上記の発言を「現在気になっていない元恋人」「少しの間距離を置きたい人物」に言われたらうんざりすることでしょう。

復縁を望むなら上から目線の言動は控えることをお勧めします。

まとめ

復縁でやってはいけないことに関して解説しました。

失恋後に未練を感じて復縁を望むこともあるでしょう。

しかし、選択肢は「復縁」だけに限りません。

復縁の可能性が高いと思える場合は全力を尽くし、難しい場合は手を引いてみることも方法の1つでしょう。

いずれにしろ、自分が後悔しない道を選ぶようにしてみてください。

スポンサードリンク

コメント