感染予防にはやっぱり手洗いが最強!?正しい手洗いの方法とは!? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

感染予防にはやっぱり手洗いが最強!?正しい手洗いの方法とは!?

暮らしの疑問
この記事は約5分で読めます。

コロナ禍が長く続いて、マスク・消毒が当たり前の世の中になってしまいましたね。

ここで見落としがちなのが手洗い!

基本的すぎてスルーしてしまうかもしれませんが、手洗いは、コロナに限らず、感染予防には必須です。

一番有効で、且つ簡単にできる手洗いはよく考えたら最善の策かもしれません。

でも、結構手洗いを適当にしたり、そもそも行わなかったりする人も多いんです。

そこで今回は、手洗いがなぜ大切なのかを徹底解説します。

また、正しい手洗いもご紹介するので実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

手洗いは最強の感染予防対策!?

4216811_s

そもそも、ウイルスはどのようにして伝染るのでしょうか。

感染には、飛沫感染と接触感染の2種類があります。

飛沫感染は、クシャミや咳によって放たれたウイルスを吸い込んでしまうことによる感染。

接触感染は、誰かがウイルスの付着した手で触った所を触ってしまい、その手で目鼻口に触れることによる感染です。

飛沫感染を防ぐには、マスクやフェイスシールドが有効です。

ウイルスを放つ側とうつされる側の両者ともが、マスクを付けていればほぼ完璧に飛沫感染を防ぐことができます。

そして、接触感染の防止に有効なのが今回の主役である手洗いなんです!

ウイルスは見えないので、どこで触ってしまっているかはどうしても分かりません。

それならば、目鼻口に触れてしまう前に洗い流してしまえば良いという簡単な理論です。

実際、水で簡単に洗い流すだけでも手のひらのウイルスは元の1パーセントに減らすことができます。

さらに、正しい方法で丁寧に洗えば、ウイルスの数はほぼゼロにすることができるんです。

そこに消毒でもすればもう完璧ですね!

感染予防のための正しい手洗いの方法

では、どのように洗えば手に付着したウイルスをほぼゼロにすることが出来るのでしょうか?

正しい手洗いの方法を説明していきたいと思います。

※手洗いの前には爪を短く切り、指輪や時計は外すようにしましょう。

手のひらを洗う

まずは手を水で濡らしてから、両手のひらを擦り合わせて石鹸を泡立てます。
4384543_s

手のひら全体を洗えたら、今度は片方の指先をもう片方の手のひらに擦り付けて爪の間に石鹸を入り込ませるようにします。

両手とも同じことをしましょう。

手の甲を洗う

手の甲を伸ばすように洗います。

4384545_s

 

指の先&爪の間を洗う

次に、両手の指を絡めて指の間も擦ります。

その後、指1本1本を掴んで擦るとより確実です。
4384546_s

 

指の間を洗う

丁寧に指の間を洗っていきます。

4384547_s

親指の付け根を洗う

親指の付け根も洗います。
 
4384548_s

 

手首を洗う

最後に手首を掴んで擦り洗いをするのも忘れないようにしましょう。

ウイルスは、手首まで付着しますからね。

4384549_s

 

最後に水でしっかり洗い流して、清潔なタオルで拭けば、バッチリ正しい手洗い完了です!

この一連の流れをやると30秒以上かかるのが普通です。

もし、30秒もかからないようでしたら、ちゃんと洗えていない可能性があるので、時間も気にしてみてくださいね。

指先や爪の間、親指の周り、指の間、手首、手のしわなどは特に汚れが残りやすいところなので注意して手洗いしましょう。

スポンサードリンク

そこに落とし穴が!?手洗い時の注意点

hands-dry-4941760_640
正しい手洗いをしていても、手洗い直後にウイルスが付いてしまったら意味が無いですよね·····。

「そんなことあるの?」と思う人も多いかもしれませんが、結構落とし穴は潜んでいるんです。

1つ目の落とし穴は、蛇口。

自動で流れるタイプの水道なら良いのですが、そうじゃないパターンも多いですよね。

ウイルスが付着した手で蛇口を触って水を出す。

そして、正しい手洗いを行った後また蛇口を触って水をとめる。

ウイルスを流したのに最後にまたウイルスを触ってしまっていますね。惜しいです·····。

これを防ぐには大きく2つの方法があります。

1つは、最後に水をとめる時は、手を拭き終えたタオル越しに蛇口を触るという方法。

もう1つは、石鹸で手を洗っている時に蛇口も、石鹸と水で洗い流してしまう方法です。

ちなみに私は2つ目の方法を使い続けてもう癖になっています。

1つ目の方法だと、意識していないと普通に触ってしまう可能性もありますね。

抜けている感じの人には2つ目の方法がオススメです。笑

落とし穴2つ目、家族共用のタオル。

もし、家族が感染者だった場合、タオルに大量のウイルスを付着させてしまいます。

一度タオルを使うと、タオルは湿った状態になりますよね?

そうするとウイルスは、さらに爆発的に増殖していきます。

特にコロナなんかは無症状も多いので、家族が感染者かどうかはわからない場合もあります。

家族であっても、タオルは共用しない!

使ったタオルはいつも洗って綺麗な状態にしておきましょう。

まとめ

1.正しい手洗いをすれば、手のひらのウイルスはほぼゼロになる。
2.全部の手順を怠らないで、30秒以上手洗いをすればバッチリ!
3.手洗い後、蛇口とタオルには気をつける。

ウイルスって目に見えないから怖いですよね。

でも、正しい手洗いを実践して、バッチリ対策していれば、きっと大丈夫です。

最初こそは、長い手洗いは面倒くさいと感じたり、手洗い後にまたウイルスが付着することなんて気にせずスルーしてしまうかも知れません。

·····ですが、心がけるようにすると何だかんだ習慣になっちゃうんですよね。癖になりますよ。

皆さんも、参考にして癖になるように頑張ってみてください。

皆で頑張って乗り切りましょう!

スポンサードリンク

コメント