ヤンマーミュージアム長浜 予約なしでも入れる?アクセスや駐車場・バスについて | わくわく情報.com

ヤンマーミュージアム長浜 予約なしでも入れる?アクセスや駐車場・バスについて

freefont_logo_hc-poo5 おでかけ

滋賀県長浜市にあるヤンマーミュージアムが2019年10月5日にリニューアルしました。

子供たちに大人気のヤンマーミュージアム。

ココではリニューアルされたヤンマーミュージアムの見どころや予約、駐車場、シャトルバスなどについてまとめてみました。

スポンサードリンク

ヤンマーミュージアム長浜 リニューアル後の見どころ

農機や建機を手掛ける「ヤンマー」の体験型ミュージアム「ヤンマーミュージアム」

2018年9月1日から約1年間ほどリニューアルのため休館していましたが、2019年10月「やってみよう!わくわく未来チャレンジ」をコンセプトにリニューアルしています。

 

この投稿をInstagramで見る

☆ ヤンマーミュージアムの入口に置かれているのはコンセプトボートX39  全長約12m、重さは7.2トン‼️ 大迫力の大きさでフォトスポットとしても大人気 皆さんもX39と素敵な写真を撮りませんか    【ヤンマーミュージアム リニューアル記念プレゼントキャンペーン】も実施中‼️ 是非アカウントをフォローしてくださいね  #ヤンマーミュージアム#yanmarmuseum#ヤンマー#yanmar#ミュージアム#リニューアルオープン#チャレンジ#チャレンジミュージアム#学び#体験#滋賀#長浜#ヤン坊マー坊#双子

ヤンマーミュージアム(@yanmarmuseum_official)がシェアした投稿 –

 

子供達が見て・触れて・体験しながら学べるというヤンマーミュージアムの体験型コンテンツは以前より3倍も増えました。

大地をテーマにしたLANDエリア、海をテーマにしたSEAエリア、都市をテーマにしたCITYエリア等に各コンテンツが揃い、ファミリー向けにエンタテインメント性を増したものになっています。

大地・海・都市で活躍する製品を体験できますが、体験型コンテンツだけではありません。

ヤンマーの歴史を伝えるコーナーや動植物が観察できるビオトープ、オリジナルグッズが購入できるショップや地元食材を取り入れたカフェレストランも併設されています。

 

■LANDエリア
大地をテーマにしたLANDエリアでは、食料生産を体感する「たがやせ!フィールド」やエンジンの動きとリズムに合わせて、体を使ってエンジンの仕組みを学べる「リズムエンジン」などのコンテンツを体験できます。館内中央にはコンセプトトラクター「YT01」も展示しています。

■CITYエリア
都市をテーマにしたCITYエリアでは、高さ約6mのボルダリングに挑戦して街に光を灯す「サステナブルエナジークライミング」や、小さな子供でも楽しめる「キッズエナジーアスレチック」、本物の建設機械の操作体験ができる「ざくざく!パワーショベルチャレンジ」を体験できます。

■SEAエリア
海をテーマにしたSEAエリアでは、人と自然が共生する漁業をテーマにした「マイフィッシュ マイオーシャン」やオリジナルプレジャーボートを操作体験する「ウェイクサーフィンボートレース」を体験できます。「ウェイクサーフィンボートレース」にはヤン坊マー坊が登場し、ウェイクサーフィンに挑戦します。

~ヤンマーミュージアム公式HPより引用~

 

物づくりの仕組みなどを映像や展示、シミュレーターなどを通して貴重な体験学習ができて、本物のショベルカーの操作体験、エンジンの熱で温めた足湯などに人気があります。

ショベルカーが操縦できる「ざくざく!パワーショベルチャレンジ」は発動機や農機を製造しているヤンマーらしいアトラクションで、パワーショベルの操縦者になりきって街や建物を作る体験が出来ます。

「サステナブルエナジークライミング」も人気です。
ビルのボルダリングに挑戦して、街に光を灯して明るくするアトラクションになっています。

また、迷路のようなキッズエナジーアスレチックもおすすめです。
頭と体を使ってゴールを目指す仕掛けのアスレチックで、小さいお子さんでも十分楽しむことが出来ます。

 

これら人気の「ざくざく!パワーショベルチャレンジ」「サステナブルエナジークライミング」「キッズエナジーアスレチック」は『CITYエリア』で体験できます。

 

ヤンマーミュージアム公式動画はコチラです。

子供たちがとても楽しそうに生き生きとしています。

 

もちろん子供たちだけではなく、大人も楽しめます。

家族連れの場合には、アスレチック・ボルダリング・フットボールチャレンジ・リズムエンジン等でたっぷり遊んだ後に、館内のレストランでゆっくり食事ができます。

「フットボールチャレンジ」では、乾選手からボールをパスしてもらえる気分を味わえたりと、サッカー好きな方に嬉しいアトラクションもあります。

「おにやんまの湯」という足湯もあるので、のんびり楽しむこともできます。

 

ヤンマーミュージアムはチャレンジ体験ミュージアムなので、大人の方も色んなコンテンツにチャレンジされてみてください。

 

住所:滋賀県長浜市三和町6-50
電話:0749-62-8887
公式サイト:ヤンマーミュージアム公式HP

 

ヤンマーミュージアム長浜は予約なしでも入れる?

ヤンマーミュージアム長浜への入館は「事前予約優先制」です。

つまり、予約なしでも行けますが、入館するのに時間がかかったり、混雑状況によれば入館できない場合もあるということなんですね。

行ったはいいけど、予約してなかったから入館するのに何時間も並んだ~ということも。

なので、そんな事を避けるためにも、ぜひ事前に予約をしておきましょう。

 

一般の方は「行く予定の30日前から前日まで」チケット予約サイトで予約できます。

予約に関する詳細はコチラからご確認下さい。

ヤンマーミュージアム公式サイトより

 

なお、「各コンテンツ体験の予約は不要」ですが、混雑時には並ぶ場合もあります。

 

ワークショップや体験型のコンテンツは予約が必要なこともあるので、事前にHPでチェックしてから行くようにしましょう。

 

スポンサードリンク

ヤンマーミュージアム長浜の料金と割引・所要時間について

ヤンマーミュージアム長浜の料金  割引と特典について

ヤンマーミユージアム長浜の料金は以下の通りとなっています。

 

  • 一般/600円
  • 中・小学生/300円
  • 未就学児/無料

 

一般の方としての入館割引はありません。

でも、館内には12コのアトラクションがあり、ゲームをクリアすると成績に応じたポイントが貰えます。

館内に入った時にヤンマーカードというポインカードがもらえるんですが、これでポイントを貯めることができます。

ゲームでゲットしたポイントに応じ、ショップやレストランで「割引」を受けることができるんです。

ちょっとした、嬉しい特典ですね。

ヤンマーミュージアム長浜の所要時間は?

ヤンマーミュージアム長浜をざっと見るだけの所要時間は、約1~2時間ほどです。

もちろん、混雑状況にもよりますし、小さなお子様連れや、また体験コンテンツなどを全てチャレンジすれば半日でも足らないかもしれないですね。

せっかく来たのに体験しないのはもったいないです。

楽しくて、きっと早く帰るのが惜しくなるはずです。

丸一日、たっぷり楽しみましょう。

 

また、体験コンテンツ以外でも、物づくりや料理教室などのワークショップなども開催されているので、それに参加するのであれば時間に余裕を見ておいた方がいいでしょう。

ヤンマーミュージアム長浜でランチする場所とおすすめレストラン

館内の展示室内は飲食禁止ですが、2F屋外テラスはいつでも飲食可能です。

お弁当もここで広げられます。

またイベントなどの使用がない日は2Fチャレンジルームがランチスペースとして開放されます。

レストラン「Premium Marche BIWAKO」のおむすびプレートがオススメ

ヤンマーミュージアム長浜でランチを考えているならば、館内にあるレストラン

「Premium Marche BIWAKO」のおむすびプレートがおすすめです。

ここは滋賀県産の野菜や精米したてのお米が楽しめるカフェレストランです。

滋賀県と言えば近江米。

この近江米を存分に美味しくいただけるメニューがこのレストランにあるおむすびなんです。

「Premium Marche BIWAKO」はお米が主役のレストランで、旬の食材を使った美味しい料理が食べられます。

おむすびに合うお米を選び、毎朝精米されたお米は米本来の美味しさを味わえます。

その中でもおむすびプレートは幅広い世代から人気が高く、おむすびとお惣菜、お味噌汁のセットになっています。

紀州産梅・あさりしぐれ・近江牛しぐれ・焼鮭・辛子明太子クリームチーズ等お米との相性抜群の具材が入ったおむすびは、まさに絶品です。

一番人気でオススメなのは近江牛しぐれのおむすび。

一粒一粒がしつかりしていて甘味があり、おむすびにぴったり合うお米です。

 

その他にもカレーやソフトクリーム、近江牛コロッケ等もあります。

なお、このレストランは無料ゾーンなので、予約も入館料も必要ありません。
入場券がなくても利用できます。

ヤンマーミュージアム長浜のグッズとお土産

併設されているヤンマーミュージアムショップではグッズやお土産を購入することもできます。

カフェでも使用されている自家製調味料などが販売されていたり、ここでしか手に入らないオリジナルグッズが販売されています。

オリジナルキャラクター「ヤン坊マー坊」のグッズや自社製品のミニチュアグッズなど。

本物そっくりのトラクターのミニチュアなどは乗り物が大好きなお子さんには、喜ばれること間違いありません。

こちらのミュージアムショップも無料ゾーンなので、入場券が無くても利用できます。

ヤンマーミュージアム長浜のアクセスと駐車場

 

ヤンマーミュージアム長浜のアクセス

 

■電 車/JR北陸本線長浜駅より徒歩10分
※土日祝日はJR長浜駅(西口)より無料シャトルバス運行

■自動車/北陸自動車道長浜ICより車で10分

 

 

ヤンマーミュージアム長浜の駐車場

館内に乗用車約30台の駐車場があります。

料金は無料です。

数が少ないので満車の場合は近くのパーキングを探すことになります。

最寄り駅から徒歩10分なので、電車で行くのもいいですね。

土日祝日は無料シャトルバスも運行していますので、バスを利用するのもおすすめです。

長浜ヤンマーミュージアムのシャトルバスと乗り場

長浜駅前西口からヤンマーミユージアム間で無料シャトルバスが運行されています。

乗り場は長浜駅改札を出て西口へ向かい、階段を下りたすぐのところに乗り場があります。

28人乗りのピンク色のマイクロバスです。

ただし、土日祝日のみの運行ですのでご注意下さい。

予約は扱ってないので、順番に並んで待ちましょう。

ヤンマーミュージアム長浜の営業時間と休館日

■展示室/10:00~18:00(入館受付は9:45~17:00)

■ショップ・レストラン/10:00~18:00

■休館日/毎週月曜日(祝日や振替休日の場合は翌平日が休館日)と年末年始

まとめ

ヤンマーミュージアムは子供はもちろん、大人も楽しむことができるコンテンツが充実しています。

普段なかなか体験することのないさまざまなコンテンツに挑戦しましょう。

そして美味しいランチもぜひご賞味下さい。

 

スポンサードリンク

コメント