指輪をつけられない時にネックレス以外で身につける方法は? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

指輪をつけられない時にネックレス以外で身につける方法は?

雑学

せっかくお気に入りの指輪を購入しても、職場によっては勤務中に指輪をつけられない所もありますよね。

出来れば肌身離さず身につけておきたいと思う人も多いでしょう。

勤務中に指輪をつけられない場合、最初に思いつくのがネックレスにして着用するという方法です。

しかし、アクセサリー自体がNGという職場もあり、そのような時にはネックレス以外の方法を探さなければなりません。

そこで今回は、指輪をつけられない時に、ネックレス以外で身につける方法をご紹介していきましょう。

仕事柄、指輪をつけられない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

指輪をつけられない場合 ネックレス以外で身につける方法

people-g3a25bdb38_640

それでは早速、指輪をつけられない場合のネックレス以外の方法をご紹介していきたいと思います。

財布に入れて持ち歩く

 

まず1つ目は、指輪を財布に入れて持ち歩くという方法です。

 

仕事中でも、ほとんどの人が財布は肌身離さず持ち歩いていますよね。

 

そのため、財布の小銭入れの中などに指輪を入れておけば、指輪がつけられない時でも、いつでも身につけておく事が出来ます。

 

化粧ポーチや小物入れに入れて持ち歩く

 

2つ目は、指輪を化粧ポーチや小物入れに入れて持ち歩く方法です。

 

化粧ポーチや小物入れだったら、職場に持って行っても違和感はありません。

 

通勤かばんなどに入れておけば、近くに置いておく事が出来ます。

 

携帯のストラップにして持ち歩く

 

3つ目は、指輪を携帯のストラップにして持ち歩く方法です。

 

携帯は、仕事中でも使用する事があるので、自然と勤務中でも目に入りますよね。

 

指輪やネックレスにしなくても、指輪の存在を感じる事が出来るのでおすすめです。
 

スポンサードリンク

指輪をネックレス以外で身につける時の注意点

22151809_s

では次に、指輪がつけられない場合、ネックレス以外で身につける時の注意点を解説していきましょう。

財布に入れて持ち歩く場合

 

指輪がつけられない時に、財布に入れて持ち歩く場合、特に小銭入れに入れて置く時は注意が必要です。

 

小銭は、硬い上に小銭同士が財布の中で動くので、知らないうちに指輪に傷がついてしまう可能性があるのです。

 

また、仕事中にとっさに小銭を出そうとして、指輪を落としてしまうケースもあるようです。

 

そのため、小銭入れに指輪を入れておく際は、ティッシュなどで包むなど少し工夫すると良いでしょう。

携帯のストラップとして持ち歩く場合

 

そして、指輪を携帯のストラップとして持ち歩く場合も、少し注意が必要です。

 

携帯は、バッグやポケットに入れて持ち歩いている人が多いと思います。

 

バッグに入れて持ち歩く場合、携帯と指輪がぶつかる頻度が高くなります。

 

そのため、指輪だけでなく携帯にも傷がつく可能性があるので、揺れない状態にしておくなど工夫すると良いでしょう。

 

また、ポケットに入れて持ち歩く際も、画面側に指輪が来ないようにするなど工夫すると良いでしょう。

まとめ

さて今回は、指輪がつけられない時に、ネックレス以外で身につける方法をご紹介してみました。

仕事の関係で、指輪をつけられない人は多いと思いますが、今回ご紹介した方法なら指輪を身につけておく事が出来ますね。

しかし、持ち歩く時には、それぞれ注意点があり、それを意識しないままだと大切な指輪に傷がついてしまう可能性が高くなってしまいます。

方法別に、注意点もご紹介してみましたので、仕事で指輪がつけられなくて、ネックレス以外で身につける方法を探している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント