バレンタイン 会社で義理チョコ あげる?あげない? その理由と本音

aa272909a5279d6eecee70819764fa5e_s

バレンタインの時期が近くなると、会社用として義理チョコを購入する女性の姿が多く見かけられるようになります。
今や珍しいものでもなく当たり前のように贈られたりするものですが、「義理にも関わらずあげる心理」とは一体どのようなものなのか気になるところではないでしょうか。
そして中にはあげないという女性もいますが、あげない場合はどういった理由があるのでしょう。

スポンサードリンク

バレンタイン 会社で義理チョコ あげる?その理由と本音

バレンタインに会社で義理チョコをあげる理由として、「何となく雰囲気があるから」という意見が挙げられます。

バレンタインというと何となく女性が男性に用意するのが当たり前のようになっていますし、こと会社の場合ですと風習のようになっていることもあります。

ですから特に理由もなく、「それが風習だから」という理由で購入されることも多いようです。

しかしながら本音として面倒に感じられていることもあります。
義理チョコとは言え適当な物をあげてしまうといかにも、「とりあえず用意しました」というように感じさせますので一応は気を遣ったり、また役職のある相手ですとチョコのランクを上げたりと女性側もいろいろと熟慮をしていたりします。

会社とは言え何かと気を遣うのは面倒ということを本音として持っている女性もいます。

しかし面倒に感じる女性がいる一方で、ポイント稼ぎとして考えている女性もいるようです。

義理チョコだと分かってはいても、結局、喜ぶ男性もいて、チョコをくれた女性に対して良い印象を持ったりするものです。

そして女性の中には男性からの印象を大切にする人もいますから、むしろ「義理チョコ程度で印象が良くなるのなら」という前向きな意識で贈る人もいます。

スポンサードリンク

バレンタイン 会社で義理チョコ あげない?その理由と本音

では反対にバレンタインに会社で義理チョコをあげない人はどのような理由があるのかと言えば単純に、「面倒だからあげない」という意見が多いです。

会社のバレンタインは義務ではありませんからあげる必要性を感じていないという意見があります。
別に仕事に影響があるわけでもないということもあり、それならばあげないという本音を持っている女性も珍しくありません。
義理とは言え相手に気を遣わせてしまうために敢えてあげないという声もあるようです。

確かに受け取った男性からすればホワイトデーにお返しをしなければいけないと考えてしまうものですし、それが男性の負担になってしまっていることもあります。

そのため男性からするとホワイトデーにお返しをしたくないという本音を持っていることもあり、その気持ちを考えた結果、困らせるくらいなら女性側も贈らない方が良いと考えられていることもあるのです。

バレンタイン 会社で義理チョコ 続行&廃止の方法の提案

それぞれ色んな思いで迎えるバレンタイン。
楽しんで迎える方もいるでしょうが、もし負担になっている方が多いとしたら、会社の義理チョコを負担なく続行する方法と思い切って廃止しちゃおうっていう方法を地味にご紹介します。
これはあくまでも負担になっていると予測した場合ですので、悪しからず・・・

〔続行する場合〕
女子社員が個別に義理チョコを渡すのではなく、職場の休憩所などの共有スペースにまとめて置いて、「どうぞ召し上がって下さい♪」と一言書いておく。

〔廃止する場合は〕
上司が「今後、社内での義理チョコは廃止します!」ときっぱり宣言してしまう。

あげる時も、お返しする時も、社員の負担になるくらいだったら、いっそ廃止宣言をしてしまったほうがいいかも知れませんね。

まとめ

このようにバレンタインの義理チョコを巡る気持ちは様々です。
ただ、肝心の男性側としては意外と貰えたほうが嬉しいという意見もあったりします。
もちろんお返しが面倒という気持ちを持っている人もいますが、でもそういった人でも何気に嬉しいという声もあるのです。
バレンタインの義理チョコ問題は正解を出しづらいものですが、ただ必ずしもあげるのが良いというわけでもないようですから、不要と思ったのなら無理に贈らないのも良いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。