あなたは人付き合いが上手い人?下手な人?その特徴と違いとは? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

あなたは人付き合いが上手い人?下手な人?その特徴と違いとは?

ライフスタイル

人付き合いで悩んだりしてませんか?

中には苦手な人とも上手く付き合える人もいます。

コミュニケーションを取ること自体は嫌いではないけれど、なぜかいい関係を築けないという悩みを抱えている人もいるのではないかと思います。

人付き合いが上手い人と下手な人の違いは一体なんなのでしょうか?

その違いは意外なことが関係しています。

また少しだけあることを気を付けるだけで改善されます。

人付き合いが上手くなるのは案外難しくないのです。

人付き合いが上手い人と、下手な人の特徴を比較し、それを踏まえてどうしたら人付き合いが上手くなるのかを紹介します。

スポンサードリンク

人付き合いが上手い人・下手な人の特徴は?

人つきあい-4

人付き合いが上手い人は八方美人ではない

意外に思うかもしれませんが、人付き合いが上手い人は誰にでもいい顔をしているのではなく、自分の苦手の人と距離を置くようにしています。

ここでポイントなのは距離を置くということです。

「あなたの事が嫌いです!」オーラーを出したり、反発するような言葉を言ったりせず、適当に受け流し、極力避けるようにしているのです。

逆に、自分の好きな人はとても大切にするので八方美人でなくとも周りの人からいい印象を持たれます。

人付き合いが下手な人は感情的になりがち

5159342_s
人付き合いが下手な人の特徴として、「怒り」「悲しみ」の感情が現れがちです。

表面的に怒ったり、悲しんだりすることはもちろんですが、表に出さなくても「怒り」「悲しみ」が出てしまったらダメなのです。

人付き合いが上手い人はそもそも人間関係において怒ったり、悲しんだりすることがほとんどありません。

「性格なんだからどうしようもないじゃん!」と思うかもしれませんが、「怒り」「悲しみ」の感情を抑えるコツがあり、それはこの後で紹介します。

人付き合いが上手い人は挨拶ができる

人付き合いが上手い人は挨拶ができます。

特に感謝の気持ちはしっかりと伝えることで、相手が気持ちよくなり、いい印象を持たれます。

前記で「人付き合いが上手い人は八方美人ではない」と記載しましたが、最低限の挨拶やコミュニケーションは取るようにしましょう。

どうして人付き合いが上手くいかないのか?

人づきあい-2

人付き合いが上手くないのは、案外自分の考え方に問題がある場合が多いです。

「自分は人付き合いが下手」と自覚しているだけで、他人から見たらそんなことないと思われている場合もあります。

そのような考え方は逆に自分を苦しめてしまうだけです。

人付き合いが上手くいっていないと感じても、あまり気にしないようにしましょう。

その方がずっと心が軽くなります。

また、人付き合いができない人は挨拶をおろそかにしがちです。

最低限のマナーとして口で挨拶はしていても気持ちがこもっておらず、いい印象を持たれにくいです。

また、コミュニケーションも少し意識を変えるだけで簡単に相手からいい印象を持ってもらうことができます。

その方法は、この後紹介します。

スポンサードリンク

人付き合いが上手くなるための3つのコツ

人付き合い-3

怒る、悲しむなど、反応しない

草薙龍瞬さんの『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』という本によると、「すべての悩みは反応から来る」と記されています。

人付き合いにおいて、自分の不の感情が「自分は人付き合いが上手くできない」と思わせているのです。

「あの人は間違っている」とか「悪い人だ」と主観的に判断するのではなく、客観的に判断することが大事です。

もし、周りの人に対してイライラしてしまったら「私はあの人に対してイライラ」しているという状況を客観的に見つめなおしましょう。

挨拶をきちんとする

当たり前のことではありますが、最低限の挨拶はしましょう。

少なくとも挨拶をする時だけは愛想よくしておけば、悪い印象を持たれにくいです。

また、特に感謝の気持ちを伝える「ありがとう」は言われると気持ちがよくなり、印象UPにつながります。

ちょっとしたことに対しても感謝の気持ちを伝えましょう。

クッション言葉を使う

クッション言葉とは、お願いをする前に「今、お時間よろしいでしょうか?」などと一言添える言葉のことです。

クッション言葉を使うことで、柔らかい印象を与え、素直に応じてもらいやすいです。

特に迷惑をかけてしまう要件を伝える時はクッション言葉を使うと良いです。

これはレアケースではありますが、中には回りくどいからクッション言葉を使ってほしくないと思っている人もいるそうです。

ストレートに「回りくどい」と言ってくれればいいのですが、言ってこない場合が多いです。

判断するポイントがかなり難しいですが、例えば第三者から「〇〇さんがあなたのことを回りくどいと言っていた」などと噂でも何でも耳にしたのであれば、クッション言葉を使わなくてもいいかもしれません。

まとめ

人付き合いが上手い人と下手な人の特徴がわかりましたね。

人付き合いが上手い人は、「意外と八方美人ではない」、「挨拶をきちんとする」、「感情的になりすぎない」などの特徴があります。

逆に人付き合いが下手な人は「自分は人付き合いが下手だと思っている」「挨拶をおろそかにしがち」「感情的になりがち」などの特徴があります。

人付き合いが上手くなるには「怒る、悲しむなど、反応しない」「挨拶をきちんとする」「クッション言葉を使う」などを実践するといいでしょう。

スポンサードリンク

コメント