鶴見緑地の桜花見 2022の見頃は?桜の種類や最寄り駅・アクセス・駐車場について | わくわく情報.com

鶴見緑地の桜花見 2022の見頃は?桜の種類や最寄り駅・アクセス・駐車場について

90d3a8bbf548f39c4cba44562a15292b_s お花見

たくさんの花々と緑に囲まれた花博記念公園鶴見緑地。

花博記念公園鶴見緑地は大阪府内でも人気の高いお花見スポットです。

春にはソメイヨシノ、ヨウコウザクラなどのたくさんの花が咲きます。

ココでは鶴見緑地2022年の桜花見の見ごろ、アクセスや駐車場などの情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

鶴見緑地の桜花見2022はいつが見頃?桜の種類は?

緑地公園には広大な敷地の中に桜が点在しています。
そのため、品種により開花時期が異なります。

 

見頃は例年

3月下旬~4月上旬まで

となっています。

 

開催期間:2022年3月上旬~4月中旬
※品種により開花時期が異なります。

鶴見緑地の桜の早咲きは?

河津桜

 

2月末にはカワヅザクラ数輪が咲き始めた状態になっています。

鶴見緑地の桜の中では、最も早咲きです。

 

また「オカメザクラ」は3月上旬から中旬にかけてが見ごろです。

 


鶴見緑地は桜だけでなく、四季折々の季節の花も鑑賞でき、たくさんの遊具や噴水、砂場などがあるので、お子さま連れのファミリーにも人気のスポットです。

 

春は花が咲き誇り、夏はバーベキューも楽しめ、秋冬はゆったりした気分で散歩できます。

とても広いので、大阪城公園ほど混み合うことはありません。

 

鶴見緑地公園内MAP

 

鶴見緑地の桜の種類とオススメの場所は?

鶴見緑地には早咲きから遅咲きまで約10品種、約1400本の桜が植えられています。

種類としてはソメイヨシノ・八重桜・河津桜・陽光桜など。

 

鶴見緑地では場所によって桜の種類や咲き具合が違ってきます。

 

桜を楽しむ場所としては、
パークゴルフ場Cコース沿い、バーベキュー場の南側、大池や日本庭園にある「四季の池」の周辺など。

 

早咲きの「カワヅザクラ」と「オカメザクラ」が鑑賞できるのは、パークゴルフ場のCコース西側あたりとなります。

スポンサードリンク

鶴見緑地までの最寄り駅と交通アクセス

電車の最寄り駅

地下鉄長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」すぐ

最寄りのバス停

鶴見緑地(京阪バス)
鶴見緑地公園前(大阪シティバス)

車で行くには?

阪神高速守口線森小路ランプから国道163号経由で花博通へ。

①近畿自動車道「門真IC」から約12分
②近畿自動車道「大東鶴見IC」から約13分
③第二京阪道「第二京阪門真IC」から約15分

鶴見緑地公園の地図

 

鶴見緑地内に駐車場はある?駐車料金は?

園内に5か所の広い有料駐車場があります。

24時間営業しているので車でのアクセスもとても便利です。

料金は普通車昼間(7~19時)60分300円です。

24時間最大料金は平日700円、休日1,000円です。

駐車場の場所と収納台数

・中央第1駐車場  317台
・中央第2駐車場  239台
・南第1駐車場   303台
・北西駐車場    156台
・西駐車場       69台

 

 

鶴見緑地駐車場

~花博記念公園鶴見緑地HPより

 

駐車料金

■昼間(7時~19時)
・60分300円

■夜間(19時~翌7時)
・120分100円

■24時間最大料金
・平日700円
・休日1,000円

スポンサードリンク

緑地公園内で自転車はどこに止める?

園内に駐輪場があるので、空いている駐輪場を利用しましょう。

ただし、山のエリアと花の谷には自転車の乗り入れができないのでご注意下さいね。

鶴見緑地 開園時間と休園日・入園料は?

開園時間(山のエリア)は4月~10月までは9時~17時30分。

11月~3月までは9時~16時30分となっています。

※山のエリア以外は24時間入園できます。

休園日はありません。

 

また、入園料は無料です。

※一部の有料施設を除きます。

鶴見緑地はペット同伴でもOK?

有料施設内は禁止になっているところもありますが、その他はOKです。

公園内での犬の散歩はリードを使って、マナーを守りましょう。

鶴見緑地に屋台や売店はある?

緑地公園の中で屋台が出ているのを見たことはありません。

レストランや軽食を販売しているお店、自販機もあります。

また、鶴見緑地駅東、花博通り南側にはコンビニがあります。

やはり、お弁当を広げてお花見を楽しんでいる方が多いですね。

鶴見緑地内の人気スポット「咲くやこの花館」

咲くや
鶴見緑地内にあり、ひときわ目立つ総ガラス張りの建物『咲くやこの花館』。

『咲くやこの花館』は地球上の様々な気候に生育する植物約5,500種、約15,000株が展示されている、国内最大級の大温室です。

 

営業時間/10:00~17:00(入館は16:30まで)
休日/月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/28~1/4)
料金/大人500円、中学生以下無料

鶴見緑地について

69fe485259633f6e7ee1ee9025f0a026_s

 

最後に緑地公園について。

鶴見緑地は大阪を代表する広大な敷地の公園で、1990年に開催された「花博」の会場の跡地にあります。

花博が開催される以前からある風車はこの公園のシンボルとして有名です。

この風車の丘にある花壇は春にはチューリップ、夏はひまわりやサルビア、秋にはコスモスや紅葉など、1年を通じて四季を感じられるスポットです。

鶴見緑地の桜は約1,400本。

その過半数以上がソメイヨシノで大きな樹形に、淡いピンク色の花が見事に咲き乱れます。

去年、4月の中旬に行った時は、やや散りぎみでしたが、まだまだ、きれいに残っている木もたくさんありました。

そんなに混んでいるということもなく、でも、お花見を満喫されてる方、写真撮影をする方々でまだまだ賑わっていました。

とにかく広いので、お花見をする場所には困らないです。

広いので自転車で回る方も結構います。

小さなお子さま連れだと自転車が楽で、便利です。

また、お花見だけではなく「咲くやこの花館」で世界各国の植物を楽しんだり、バーベキュー専用場もあるので、家族や友人と楽しく過ごすにはおすすめの場所です。

まとめ

鶴見緑地には桜のお花見はもちろん、四季折々の植物が随所に植えられ、広々した芝生や遊具も配置されていて1日のんびり、楽しく過ごせます。

桜はみごとな絶景で心から癒されます。

ご家族やカップル、お友達と存分にお花見を楽しんで下さいね。

コメント