成人式で失敗しないメイクとヘアスタイル~イメージを伝えるためにするべきこと | わくわく情報.com

成人式で失敗しないメイクとヘアスタイル~イメージを伝えるためにするべきこと

kim150922437551-thumb-autox1600-19870 年間行事

一生に一度の「成人式」
この日のためには絶対失敗したくない、メイクとヘアスタイル。
どんなに素敵な振袖を着てもメイクが合ってなかったり、ヘアスタイルが浮いてたりするとせっかくの振袖も輝きません。
ここでは成人式で失敗しないメイクとヘアスタイルのコツを紹介しています。

スポンサードリンク

成人式で失敗しないメイク-自分でする場合

自分でメイクをする場合は、振袖のカラーに合わせることが重要となります。
振袖には赤・黒・青・白などの基本色があります。
振袖のカラーにアイシャドーや口紅などの色を合わせると失敗しにくくなります。
黒目の振袖であれば、ブラウンのシャドーに暗めの口紅などを合わせます。
赤基調の振袖であれば、目元やチーク、口紅なども赤めのものを使うとで可愛らしく仕上げられます。

成人式では、華やかさが大切になりますが、やりすぎは失敗の原因になりかねないため、ナチュラル寄りにしていたほうが失敗しないです。
派手なメイクは老け顔に見られがちです。

5e6a7049d9cd4272b1c993f887cd0dd7_s

振袖を着る場合はナチュラルメイクよりも少し濃いめに化粧しなければ顔が浮くと言われます。
でも、唇の色を濃い目にすることで目元は控えめでも問題はありません。
シンプルなメイクを目指す場合には、シャドーやアイラインは軽く、薄くして、その分ベースメイクはしっかりと行いましょう。

ベースメイクをしっかりと行うためには、事前準備として前々からスキンケアをしっかりしておく必要があります。
毎日洗顔後に保湿対策、ニキビ対策などに気をつけて、より良いコンディションへと近づけていきます。

一番失敗しない仕方としては、やはりメイクの練習を重ねることです。
振袖のカラーに合わせた化粧をいろいろと試してみましょう

成人式で失敗しないメイク-美容院でお願いする場合

成人式でメイクで失敗したくない、自分でするメイクに自信がない・・という方はやはり、美容室でプロの方に任せましょう。
ただ、アイプチやつけまつげを普段からしている人や自分でメイクするのが好きな人、得意な人は後から自分でした方が良かったかな~と後悔する場合があります。
なぜなら、アイプチを剥がされたり、いつもよりシンプルなつけまつげを使われたりすることがあるからです。

美容室でお願いする場合には、自分がイメージする参考画像となる雑誌の切り抜きなどを持って行ったりしてイメージを共有できるようにすることが大事です。

例えば普段、髪をカットしてもらう時、こんな髪型にして欲しいと口で伝えても、なかなか思ったとおりの出来上がりじゃなかったことは良くある話。
前髪切り過ぎてる~とか。

自分のイメージを伝えるのはやはり言葉ではなく視覚で伝えるのが一番。
ピッタリと合うイメージの芸能人の画像とか、雑誌の切り抜きなどを持っていくとほぼ伝わりますよね?
まして、大事な成人式。
取り返しのつかない失敗だけはして欲しくはありませんよね。

スポンサードリンク

成人式で失敗しないヘアスタイル

成人式でヘアスタイルを失敗しないためには、自分のイメージする希望のヘアスタイルが自分に似合うかどうかを美容師さんに相談することが一番です。
髪の状態によっては希望する髪型にはできないこともあります。
髪の細い人の場合は、編み込みやひねり、ロープ網などの質感は地肌が見えやすく貧弱になりやすいです。

セットをお願いする美容院を選ぶ際には、事前に打ち合わせを丁寧にしてくれるか、リハーサルはあるか、スタイリストのタイプや年齢などを基準に選ぶことになります。
事前の打ち合わせなしで、本番の成人式を迎えた場合、納得できない仕上がりになる可能性がありますので要注意。

当日は他のお客さんもいらっしゃるでしょうから、一人に対して多くの時間をかけることができない=修正などの時間が取りにくくなる。
となり、泣く泣く諦めてしまうことになってしまいます。
そういった状態を避けるためには事前にしっかり打ち合わせを行い、イメージに合わせたカットやカラー、ヘアケアなども行っておくとベストです。

振袖の色と合わせると綺麗にまとまって統一感が出るので、振袖の色を伝えておくのも大事です。

また、スタイリストさんの年齢が若い場合には、その時の流行りに仕上げてくれることが多いため、事前に要望を伝えておけば大丈夫なことが多いです。
でも、ある程度年齢を重ねているスタイリストさんの場合は、デザインが古くなることもあります。
もちろん、年齢を重ねた人であっても流行りの髪型に仕上げてくれることもありますが、可能性としては否定しきれないため、念頭において確認しておく必要があります。

行きつけの美容室があれば、自分の髪質などについても良く知っている美容師さんに依頼することが一番です。
そうでない場合は、客層が自分と同じくらいの年齢の美容室を選ぶようにすると失敗しにくくなります。

失敗しないためには、しっかりとイメージを伝えて、打ち合わせを行うことが大事なポイントになります。
打ち合わせの時にはメイクと同様、イメージを伝えるために振袖や小物の写真、希望の髪型などの画像や雑誌の切り抜きなども持って行くと共有しやすくなります。

併せて、普段からケアを行いコンディションを維持することが失敗しないために大事なことです。

まとめ

大事な成人式には自分にピッタリ合った、ステキなメイクと髪型で決めたいですよね。
あとで後悔しないためにも、しっかりと準備をしておきましょう。
美容院へ行く場合は余裕をもって早めの予約をして、当日は早めに行くことも大事ですね。
思い出に残る、最高の成人式になりますように!

スポンサードリンク

コメント