淀川花火大会 2019 開催日はいつ?場所取り時間と打ち上げ場所・屋台の場所と時間など | わくわく情報.com

淀川花火大会 2019 開催日はいつ?場所取り時間と打ち上げ場所・屋台の場所と時間など

ba21eaa92c299401fcdf8d72d3582b0f_s イベント

大阪府内で一番の人気を誇る、淀川花火大会。
2019年の開催日が気になります。
ここでは花火大会の開催日と打ち上げ場所、場所取りの時間や穴場スポットなどをご紹介しています。

スポンサードリンク

淀川花火大会2019年の開催日と場所・時間

「なにわの夏の風物詩」として恒例の「なにわ淀川花火大会」。
水都大阪を流れる淀川を中心として、毎年開催されている「なにわ淀川花火大会」。

水中花火やキャラクター花火など独特の花火を楽しめるイベントとして、地元の人や観光客から人気を集めている大イベントです。

そんな「なにわ淀川花火大会」の2019年開催日が8月10日(土)に決定しました。
場所と時間、アクセスなどは以下の通りです。

 

なにわ淀川花火大会2019年

〔開催日〕2019年8月10日(土) ※雨天決行 順延はありません
〔場所〕大阪市淀川区新北野 淀川河川敷 新御堂筋淀川鉄橋~国道2号
〔時間〕19:40~20:40頃
〔アクセス〕十三会場側(右岸⇒JR塚本駅・阪急十三駅より徒歩15分
梅田会場側(左岸⇒阪急梅田駅・JR大阪駅・地下鉄梅田駅より徒歩25分

 ※駐車場・駐輪場はありませんのでご注意下さい。

ゆっくり観覧したいなら有料観覧席

淀川花火大会は有料観覧席が淀川河川敷、十三会場、梅田会場にあります。

ゆっくりと花火を楽しみたいのなら、協賛前売席で見るのがおすすめです。
事前販売されているチケットを購入する事で予約できます。

チケットの販売日と予約方法

なにわ淀川花火大会事務所・ローソンチケット・チケットぴあ・イープラス・ウォーカープラス・近畿日本ツーリス・十三信金などで予約販売が開始される予定です。

2019年のチケット販売は6月1日から受付開始予定なので、良い場所を確保したい場合は早めにチケットを購入しましょう。

 

なにわ淀川花火大会公式HP➡http://www.yodohanabi.com/

 

淀川花火大会の場所取りの時間

淀川花火大会の場所取りの時間は決まっています。

できることなら、なるべくいい場所で花火を見たいと誰もが思うことでしょう。

でも、ご注意下さい。

場所取りは
「当日の12時まで禁止」
となってるんです。

それより早く行って場所を取る行為をすると、撤去される可能性大です。

また、「18時半」を過ぎてしまうと入場制限がかかる場合もあります。

 ルールは守るようにしましょう。

淀川花火大会の打ち上げ場所と地図

淀川花火大会の打ち上げ場所は国道176号線・十三大橋からJR神戸線高架の真ん中あたりです。

打ち上げ会場の周辺は基本的に協賛観覧席が中心となっていますが、メイン会場の上流・下流、河川敷や土手は誰でも自由に観ることが出来る、観覧スポットです。

16時頃までに行くと、比較的良い場所で観ることができますが、17時を過ぎると段々と混雑してきますのでご注意を。

打ち上げ場所は下記の地図を参照してみて下さい。

 

なお、花火大会当日には周辺道路に通行規制がかかります。

イベント専用の駐車場・駐輪場はないので、お車でのご来場は避けたほうが無難です。

淀川花火大会で場所取りをする時の注意点

淀川花火大会は毎年、相当な数の人が訪れます。

なので、なるべく時間には余裕を持って行動するようにしましょう。

また、とにかく暑いです。

飲み物などは必ず事前に用意して、水分補給などは忘れないようにしましょう。

熱中症などで倒れてしまわないように、体調管理には充分気をつけて下さい。

あと、とくかくシートを敷くだけ敷いて、そのまま放置されてる方もいらっしゃいます。

場所を取った、取られたなどという苦情は、主催者側に言っても受け付けてくれません。

 

また、いつも見る光景ですが、周辺道路や近くの商業施設などで花火を観る方も多いです。

一般道路はもちろん駐車禁止です。

せっかくの楽しい花火大会です。

商業施設などで観る場合も、トラブルが起きないよう、他の人の迷惑にならないよう、大人としてモラルのある行動を心掛けましょう。

スポンサードリンク

淀川花火大会2019の屋台の場所と開店時間

花火屋台
夏のイベントで楽しみなのは屋台。
淀川花火大会でも屋台は出店します。

淀川花火大会の屋台の場所

梅田側にも屋台は出ますが、メインとなるのは十三会場側です。

梅田側は梅田会場・ダイナミックシートの横に3店舗ほど出店されます。

十三側はかなり多く、河川敷にずらりと屋台が並びます。

十三バイパスの下・十三大橋の横に約50店舗くらいが出店されます。

淀川花火大会の屋台の開店時間

当日15時頃から営業を始めるお店もチラホラ見受けます。

全店舗ほぼ開店するのは、16時頃でしょうか。

もっとも混雑するのは花火大会開始直前の19時頃です。

人気のお店はやはり、花火が始まる直前まで長い行列ができます。

早い目に場所取りを済ませて、ゆっくりと屋台を回るのがおすすめです。

淀川花火大会の屋台のメニュー

500店ほどの屋台が出店するので、メニューは定番からちょっと変わったものまで出揃います。

食べ物以外にもヨーヨー釣り、スマートボールすくい、射的など、夏のイベント定番の遊んで楽しむ屋台も多く出店しています。

 

■屋台定番メニュー

焼きそば、お好み焼き、たこ焼き、明石焼き、焼きとうもろこし、イカ焼き、牛串、きゅうりの一本漬け、唐揚げ、フランクフルト、フライドポテトなど。

 

■屋台変わり種メニュー

タイラーメン、鮎の塩焼き、棒もんじゃ、鶏皮餃子、焼きたけの、など。

 

■屋台ドリンクメニュー

ビール、お茶、清涼飲料水、炭酸飲料水、など。

 

■屋台デザートメニュー

かき氷、アイスクリーム、タピオカジュース、チョコバナナ、マンゴープリン、など。

 

花火観覧はもちろん、屋台も同時に楽しみたい方は、なるべく早めに出かけましょう。 

今年はどんな屋台が出るのでしょうか、今から楽しみです。

淀川花火大会2019の穴場スポット

「なにわ淀川花火大会」は基本的に観客席が有料となっているので早めにチケットを確保する必要があります。

ただし、特にチケットを購入しなくても、タダで花火がよく見える穴場スポットがいくつもあります。

例えば中津の少し先にある本庄公園付近日本ペイントビル前などは花火を見上げる形で眺める事ができる絶好のスポットとして知られており、比較的ゆったり花火を楽しめると言う事で人気を集めています。

 

 

海老江グランド付近も当日は比較的空いている事が多いのでゆっくり鑑賞する事ができます。

 

 

また、日本で三番目に高い展望台として知られている大阪府咲洲庁舎コスモタワーは花火大会当日は屋外展望スペースが開放されているので人数制限はありますが、穴場スポットとして人気です。

 

 

私は比較的近くに住んでいるので、自転車で淀川河川敷まで行き、そこから観ています。
若干遠目ですが、ゆっくり観られて、充分花火を堪能できます。
自転車で行ける距離なら自転車で行くのもオススメです。
自宅マンションの屋上やベランダなどから楽しんでいる方もたくさんいます。

特にお金をかけて席を確保しなくても充分楽しめますよ^^

淀川花火大会のトイレ事情について

お祭りの中で気になるのがトイレ事情です。

 

淀川花火大会の当日に利用できるトイレを挙げてみました。

■会場内に設置された仮設トイレ

■会場近辺の公園の公衆トイレ

■最寄り駅構内のトイレ

■会場近辺のコンビニや商業施設などのトイレ

 

協賛観覧席にもたくさんトイレを設置しているので、そちらでもご利用も可能です。

トイレが気になる方やお子さま連れの場合、有料席だと安心して花火が観覧出来ます。

 

仮設トイレは河川敷に数ヵ所点在していますが、イベントとなると、やはりとても混雑します。

長い行列ができるのは覚悟したほうがいいかもです。

コンビニや商業施設は場所によっては使用できない場合もありますし、公衆トイレや駅構内のトイレはあくまで公共のものです。

花火大会当日は特に混雑します。

使える場合でも店舗や施設の迷惑にならないように、ルールやモラルを守るようにしましょう。

早めに行って場所取りをする方もいらっしゃると思いますので、どこにトイレがあるのかを事前に確認しておくことも大切ですね。  

淀川花火大会が始まるまでのデートプラン

淀川花火大会でカップルで出かける方。
花火が始まるまでの時間をどう過ごしたらいいか、デートプランを少し挙げて見ました。

「なにわ淀川花火大会」の打ち上げは20時前からとなっているのでそれまでは花火大会の会場の屋台ブースを楽しむ事ができます。

ただ、基本的に屋台ブースはどこも混雑しているのでデートで利用するのは少し難しいと言う部分があります。
そのため花火大会が始まるまでのデートプランとしておすすめされているのが、無料スポットを活用するというものです。

例えば本庄公園であれば早めにお弁当を持ってゆっくり食べながら花火大会までの時間を過ごすと言う事もできますし、梅田スカイビルの展望台もショッピングデートを楽しんでから最後に花火で占めると言うロマンティックな演出をする事ができます。

 

 

他にも花火大会の会場周辺でのんびり通常のデートを楽しんだ後に、花火がよく見えるホテルでの食事を楽しむと言うデートプランもおすすめです。

こちらは少し費用はかかりますがロマンティックな演出を楽しめますし、環境的にも気温に左右されない上に宿泊もすることができるのでお金に余裕があるという方はぜひ!

まとめ

花火大会はさすがに人が多くて混雑しますが、意外とゆっくり、キレイに見える穴場の場所も数多くあります。
毎年、花火を見終わったあとはなんだかとても幸せな気分になります。
今年も感動をもらいに、ぜひ皆さんで淀川花火大会に参戦しましょう♪

スポンサードリンク

コメント