一度嫌いになったら無理!どんな心理でそうなる?関係を修復するための対処法も - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

一度嫌いになったら無理!どんな心理でそうなる?関係を修復するための対処法も

人間関係
この記事は約5分で読めます。

 

友だちや恋人を一度嫌いになった…という経験はありませんか?

特に親しい異性に何か許せないことをされた時、もうこの人、無理!と、急に気持ちが冷めてしまう瞬間。

「一度嫌いになったら無理」とは、どんな心理からくるものなのでしょうか。

その心理には、共通する点がいくつかあります。

この記事では「一度嫌いになったら無理」はどんな心理なのか、関係を修復するにはどう心がけたら良いのか、などについてを掘り下げていきたいと思います。

スポンサードリンク

一度嫌いになったら無理!どんな心理でそうなる?

では、「一度嫌いになったら無理」な心理について、見てみましょう。

 

思い込みが強い

「この人、無理!」ってなる人は、実は結構、思い込みが強いタイプです。

一度何かでガッカリしちゃうと、「この人はこういう人なんだ」と決めつけてしまいがち。

そして、その人との関わりを一切断ちたいと思うことも。

恋愛だと、最初はその人のいいとこばかり見てるから、ちょっとしたギャップにも敏感になってしまう。

でも、思い込みは案外、ポジティブに作用することもあります。

「絶対うまくいく!」と信じて行動することができるのは強みです。

ただ、裏切られたり失望したりすると、その思い込みが頑固になって、自分を苦しめることもあります。

切り替えが早い

恋愛で傷ついてもすぐに気持ちを切り替えられる人も、一度嫌いになったら無理な心理を持ちやすいものです。

大好きな人との別れを引きずることなく、「もう会うことはない」とすぐに心を決めます。

別れた後は、仕事に打ち込んだり、新しい恋愛に目を向けたりします。

冷たいと思われることもあるかもしれませんが、新しい出会いを求めて積極的に行動できるのは、再スタートのチャンスをつかむための大きなメリットです。

スポンサードリンク

白黒をつけたい

一度嫌いになったら無理な人は、何事にも白黒をつけたがるタイプです。

極端にポジティブかネガティブ思考なことが多く、少しでも相手に不信感を抱くと、一気に嫌いになってしまいます。

好きな人のちょっとした行動が気になりだすと、「この人はダメだ」と決めつけてしまいがち。

長所と短所を含めてその人を受け入れることができないと、恋愛は長続きしません。

一度嫌いになったら無理な心理になる人は、愛想を尽かすのがとても早いといえるでしょう。

 

ストレスが溜まっている

日常のストレスが溜まっていると、普段よりも許容範囲が狭くなってしまいます。

些細なことが気になりやすく、相手が謝っても許せないことも。

例えば、仕事や友人関係がうまくいかない時に恋愛相手に嫌なことをされると、小さなことでも大きな問題に感じてしまいます。

そうなると、相手に対して好意的な感情を持つことは難しくなり、怒りの対象となってしまうのです。

 

同族嫌悪が起こっている

自分と似ている人を無意識に避けたり、嫌ったりする心理のことを「同族嫌悪」といいますが、意外と多いのがその「同族嫌悪」。

最初はすごく気が合うと思っても、時間が経つにつれて「あれ、なんか違うかも」と感じることが出てきて、気づいたら自分の嫌なところを見ているようで「もう、嫌」となってしまうんです。

恋愛の場合だと常に順調に仲良く進んでいる実感があり、相手を嫌いになることなんて想像もつかないかも知れません。

でも、何かのきっかけで起きた喧嘩によって「もう話したくない」という感情が生まれてしまう場合があります。

スポンサードリンク

「一度嫌いになったら無理」関係を修復するための対処法

「一度嫌いになったら無理」と受け入れてくれない人との関係を修復するための対処法は、かなりデリケートなアプローチが求められます。

以下、効果的な対処法をいくつか挙げてみますね。

 

相手と話をする

まず、相手としっかり話をしましょう。

なぜ嫌いになったのか、その理由を聞くことが大事です。

相手の気持ちを理解しようとすることで、誤解が解けるかもしれません。

 

相手と距離をおく

相手と話をするのとは相反しますが、相手が「無理」と感じている場合、無理に距離を縮めようとすると逆効果になることがあります。

一時的に距離を置くことで、お互いに冷静になる時間を確保しましょう。

その間、相手が考えを変える余地を与えることが重要です。

 

自分を振り返る

もしかすると、自分の行動が原因かもしれません。

自分の言動を振り返って、悪いところがあれば直すようにしましょう。

もし何か誤解があったり、相手を傷つけたことが原因であれば、素直に謝罪することも大切です。

自分が変わる姿勢を見せると、相手も受け入れてくれるかもしれません。

 

時間をかける

嫌いな気持ちはすぐには変わりません。

相手に時間をあげて、気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

焦らずに、ゆっくりと関係を修復することが大事です。

 

良いところを見つける

相手の良いところを探してみましょう。

過去の良い思い出や相手の長所を思い出して、それを共有することで、良い感情を取り戻すことができます。

 

信頼できる人に相談する

共通の友人や信頼できる人に相談してみましょう。

第三者の意見を聞くことで、新しい視点やアドバイスを得ることができます。

 

相手の気持ちを尊重する

最終的には、相手が自分に対して「無理」と感じた気持ちを変えることができないかもしれません。

その場合は、相手の気持ちを尊重し、それを受け入れることも必要です。

どんな関係も変化するもので、時には離れることが最善の選択かもしれません。

 

専門家に相談してみる

どうしても解決できない場合は、カウンセラーや心理療法士などの専門家に相談するのも一つの方法です。

専門家のアドバイスを受けることで、感情の整理や対処法を学ぶことができます。

 

まとめ

「一度嫌いになったら無理」な心理には、色々な要因が絡み合っています。

人間関係は単純ではないですし、好きになるまでのプロセスも人それぞれです。

また、「一度嫌いになったら無理」と感じる人との関係を修復するには、相手の気持ちを理解し、話し合うことが大切です。

また、自分自身の行動を見直し、時間をかけることも大切です。

無理をせず、ゆっくりと関係を見直すことで、再び良い関係を築けるかもしれません。

コメント