大雨警報で学校が休みにならない理由は?休みになる警報ってナニ? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

大雨警報で学校が休みにならない理由は?休みになる警報ってナニ?

暮らしの疑問

外に出るのも億劫になる大雨。

あまりにも土砂降りだと「学校休みにならないかな?」とつい思ってしまいますが、大雨警報では学校は休みにならないのです。

 

そこで今回は、大雨警報で学校が休みにならない理由や休みになる警報はどのようなものがあるのか、詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

大雨警報で学校が休みにならない理由は?

2092040

大雨警報で学校が休みにならないのは、たとえ土砂降りでも交通機関が動かなくなることはあまりなく、台風などと比べると危険ではないからだといわれています。

 

ですが、例えば川が氾濫する可能性があって、通学路を歩くのが危険になると学校側が判断した場合は、休みになることもあります。

 

地域や学校によって判断基準が異なるので、気になる場合は、学校に直接問い合わせてみるのも良いでしょう。

 

また、休校の連絡は来ていないけれど登校させるのが心配な場合は、休ませたり、遅れて向かわせることもできます。

 

天候が心配な場合はそのように対応してみてくださいね。

スポンサードリンク

学校が休みになる警報ってナニ?

大雨警報が休みにならないのはご紹介した通りですが、逆に休みになる警報はどのようなものがあるでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

暴風警報

499290

暴風警報は風が強く、物が飛んできたり転倒する恐れがあるとして、学校が休みになる可能性が高いです。

 

暴風警報が出ている時は、ひどい状況だと建物が壊れたり、道路が塞がれたりなど外に出ること自体が非常に危険なことも。

 

学校への登校だけにとどまらず、このような時はなるべく家の外には出ず、警報が解除されるまで待つようにしましょう。

 

大雪警報

2358464
大雪警報が出ている影響で交通機関が止まっていたり、視界が悪く通学路の安全が保証できない場合は、学校が休みになる可能性があります。

 

地域によっては雪が多いのが日常茶飯事で、ひどい状況でも通学することもあるかもしれませんが、道が極端に悪かったり、大雪で落雪の恐れが高い時などは休校になることが多いです。

 

もし休校にならなかった場合でも、雪道は道が悪くて滑りやすいため、十分に気を付けて登校するようにしてくださいね。

 

暴風雪警報

22442050

こちらの警報は、その名の通り風が強いだけではなく大雪で視界や道が大変悪い状態。

 

2つの危険な要素が合わさっているため、警報が出た場合は休校になる可能性が高いでしょう。

 

暴風雪警報の時は、風が強い分歩きにくく、さらに雪の影響で道も悪いので転倒の恐れがあります。

 

警報が解除されるまで家にいた方が安全ですが、どうしても出かけなくてはいけない場合、滑りにくい長靴などを履くなどして転倒には注意してくださいね。

 

特別警報

1696163

これまでご紹介したどの警報よりも危険度が高い警報で、出された場合は必ず休みになります。

 

特別警報は対象地域の住民に最大限の警戒を呼び掛けるもので、これまでも大きな地震や台風、豪雨、火山の噴火時などに出されています。

 

特別警報が出た場合は、慌てずに市町村からの指示に従いましょう。

自宅に留まる場合は1階よりも安全な2階に避難するなどして、身の安全を確保しましょう。

 

安全な場所に避難できたとしても、状況が変わることもあるので、スマホやラジオで情報を把握するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

大雨警報で学校が休みにならないのは、登校時の安全が確保されていることが多いから。

ですが登校させるのが心配な場合は、休ませたり、遅れて登校させることもできるので、ぜひそのように対応してみてくださいね。

 

一方、高い確率で休校となるのは、「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」「特別警報」の4つ。

 

中には身の安全を直ちに確保しなければならない、危険度の高い警報もあるので、この機会にそれぞれの警報の特徴を押さえつつ、日頃から必要な備えもしていきましょう。

 

コメント