「スーパームーン」ってわかりやすく言うと何?2022年はいつ見られる? - わくわく情報.com
本ページはプロモーションが含まれています

「スーパームーン」ってわかりやすく言うと何?2022年はいつ見られる?

雑学

テレビや新聞、ネットで度々話題となる「スーパームーン」

一体普段の月とどのように違うのでしょうか?

今回は、そんなスーパームーンの特徴をわかりやすくご紹介!

周期や2022年はいつ見ることができるかという時期についても解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

「スーパームーン」ってわかりやすくいうと何?

5009467_s

 

スーパームーンをひと言でわかりやすく解説すると、「その年の中で特に大きく見える満月」です。

 

月が大きく見えるだけではなく、普段より一層美しく見えるのが、スーパームーンなのです。

 

そんなスーパームーンのような現象がなぜ起こるのか、疑問に思われている方も多いかと思います。

 

スーパームーンがなぜ起こるのかわかりやすく解説すると、「月の公転」が関係しています。

公転とは、地球の周りを月が楕円形に回る現象のこと。

楕円形に公転しているので、月と地球は離れる時と近づく時があります。

 

月は地球との距離に応じて見える大きさが変わりますが、スーパームーンの時はこの距離が特別近くなっている状態です。

 

具体的にいうと、一般的に月と地球の距離は約38万㎞離れていますが、スーパームーンの時、月と地球の距離は約36万㎞前後と近くなります。

 

NASAによると、スーパームーンの時の月は、遠く離れた地点にある月の時と比べると、約14%大きく、約30%明るく見えるといいます。

 

大きいだけではなく、より明るく、美しく見えるのがスーパームーンというわけです。

2022年はいつスーパームーンが見られる?

moon-3955913_640

見える時はいつもテレビやネットで大きな話題となるスーパームーン。

天気が良ければ、誰でも見ることは可能です。

 

そこで気になるのは、2022年はいつスーパームーンが見られるのか、という点ですよね?

 

2022年、スーパームーンが見られる時期は

7月14日(木)

だとされています。

 

また、7月14日の中で最も綺麗にスーパームーンを見られるタイミングは、夜の3時38分です。

このタイミングの月は、地球と約35万7000㎞とかなり近くなります。

 

天気が良ければ肉眼で綺麗に見られるもちろん、カメラや天体望遠鏡で撮影するには絶好の機会!

 

月が好きという方は、ぜひ写真撮影にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

2022年以降に見られるスーパームーンはいつ?周期は?

AME_evesupermoon_TP_V4

2022年現在、2022年以降のスーパームーンがいつ見られるのか?という点も明らかになっています。

いつ見られるのか、気になる時期は次の通りです。

 

  • 2023年… 8月31日(木)
  • 2024年…10月17日 (木)
  • 2025年…12月5日(金)

 

どのスーパームーンも年に1回のチャンス!

ぜひ、綺麗な月を直接見てみてくださいね。

 

スーパームーンは1年に1回見られるような印象がありますよね?

そんなスーパームーンの周期はどのくらいなのかというと、大体400日前後だといわれています。

 

1年に1回見られるのは嬉しいですが、当日曇っていると、1年に1回では少し物足りない感じもしますね。

 

2022年は7月14日で、夜の3時38分が最も綺麗な満月になるとご紹介しましたが、目の錯覚により、月が現れ始める18時頃も月が大きく綺麗に見えるといわれています。

 

夜中の3時過ぎだと起きているのが大変ですが、18時頃なら時間的にも見やすいですよね。

 

気になる方はぜひこの時間帯に月をチェックしてみてくださいね。

まとめ

スーパームーンをわかりやすく解説すると「とにかく大きい満月」です。

「2022年はいつ見られるのか?」と気になる方も多いかと思いますが、今年は7月14日となっています。

400日前後の周期で見られるスーパームーン。

満月は時期によって「ストロベリームーン」や「コールドムーン」など様々な呼び名で呼ばれますが、スーパームーンは特別大きくて美しいので、ぜひ今年の7月14日、天気が良ければスーパームーンをじっくり観察してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント